« 自家製ソーセージのお店で腹ごしらえをして、お風呂に入る | トップページ | ホットヨガ(五三二回目) »

2016.09.14

映画『Lovers Again/ラヴァーズ・アゲイン』

自家製ソーセージのお店で腹ごしらえをして、お風呂に入るの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。九月に入ったかと思えば、早くも中旬を迎えてしまいました。カレンダー通りに働いている人たちにとっては、今月は休みが多いのがうれしいですね。


It_begins_with_the_end

 本作を鑑賞したのは、帰省中だった九月四日のことである。本作もまた、U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドで鑑賞した。

 情熱的に愛し合ったものの、別れてしまった男女が再会し、過去を振り返るシーンで構成されている。

 スクリーンに映し出されているのは、受け取るだけで、決して与えることができない女性ガブリエルと、彼女に与え続けている男性ジャンの情熱的な恋人関係である。あれほどジャンに愛されているというのに、ガブリエルはいつも不安定で、ジャンを振り回してしまう。そんなガブリエルに対し、ジャンは常に安定を与え続ける。

 ガブリエルが安定しさえすれば、とにかく情熱的に惹かれ合っているいい恋人同士だと思うのだが、何しろガブリエルはジャンに与えることができないので、はたから見ているとジャンがかわいそうになってしまう。それでもジャンにとっては、ガブリエルと一緒に過ごすことのほうが幸せで、別れを選択することは不幸なのだ。

 私自身が女性なので、女性の立場から見てしまうのだが、ここまで愛されれば本望だと思う。それなのに、常に不安定なガブリエルが私には良くわからない。一体、何が足りなくてあれほど不安定なのだろう。ガブリエルを演じている女優さんは、よくもまあ、あんな不安定な女性を演じ切ったものだと思う。

 とにかく本作は、究極的な愛の物語だと言っても過言ではない。ここまで激しく愛し合ったなら、もう他の恋愛はできなくなってしまうのではないだろうか。そんなふうに感じてしまうほど強烈な男女の愛を見せつけられた気がした。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 一見すると、ジャンの片思いであるかのように見えてしまうのですが、実はそうではないのですね。こんな愛もあるのかと驚きましたが、納得もしました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 自家製ソーセージのお店で腹ごしらえをして、お風呂に入る | トップページ | ホットヨガ(五三二回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64196990

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『Lovers Again/ラヴァーズ・アゲイン』:

« 自家製ソーセージのお店で腹ごしらえをして、お風呂に入る | トップページ | ホットヨガ(五三二回目) »