« ホットヨガ(五二四回目) | トップページ | ホットヨガ(五二五回目) »

2016.08.03

メッセージ

ホットヨガ(五二四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 八月に入りましたね。旅疲れが出たのか、ゆうべは記事の更新もせずに、二十一時過ぎには就寝してしまいました。おかげで、たっぷり睡眠をとることができました。ところで、今日、通勤電車の中でショッキングな出来事がありましたのでご報告させていただきたいと思います。それは、スマートフォンを使っている男性が、画面に表示されている写真をダブルクリックすると、写真に白いハートマークが付くというものでした。男性はその作業を機械的に行い、写真をダブルクリックしては画面をスクロールさせて次の写真に移り、同じことを何度も何度も繰り返していました。男性が見ていたサイトが何なのかは良くわかりませんが、ガラケー使いの私でも、それが何らかのSNSサイトであろうことは想像が付きました。ダブルクリックした結果、写真に白いハートマークが付くということは、男性が行っていたのは、「いいね!」に相当する行為なのだろうと思いました。私は、スマートフォンユーザの最も嫌な一面を垣間見た気がしました。そこに何が書かれているかを読みもせずに、感情を込めずに機械的に大量にダブルクリックしていたからです。きっとその男性は、誰のためにもならない行為を繰り返しているのでしょうね。


 英語学習のために、ロンドンに住む男性とSkypeを使ったコミュニケーションを取っている話を書いて来た。しかし、ここ数日、その男性と連絡が取れなくなってしまった。私の見る限り、彼はSkypeにログインしていないように見えた。彼に何かあったのだろうか。それとも、私との交流を断ちたくて、SkypeのIDを捨ててしまったのかとも思った。

 実は、東京に出掛ける前日の昼間に彼からのメッセージが入っていたのだが、私はスマートフォンユーザではないため、そのメッセージをリアルタイムで確認することができなかった。仕事帰りにタブレットを開いてようやく気が付いたのだ。彼が何か話したい様子だったので、「二時間後くらいに話せる」というメッセージを残しておいたのだが、そのあと急にガンモと一緒に食事をすることになったため、「やっぱり三時間半後に変更したい」とメッセージを残しておいた。

 ところが、その日は、彼から何の連絡もなかった。いつもオンラインになっている時間帯になっても、彼はオンラインにならなかった。一体何があったのだろうと思ったが、私はそのまま東京に出掛けた。

 私が東京に滞在している間は、私自身もあまりSkypeにログインすることができなかったため、彼がログインしているのかどうかさえも把握できなかった。

 東京から帰る日の朝、私は彼に新たなメッセージを送った。しかし、それに対しても返信がなかった。一体どうしたのだろう。何か悪いことでもしでかしてしまったのだろうかとも思った。直前のやりとりを思い出してみたが、思い当たることはなかった。

 彼との交流が途絶えたために、私の英語学習はすっかり停滞してしまった。私から見れば、彼は正確な英語を使う貴重な存在である。そういう人と、もはや交流できないのかと思うと残念でならなかった。心にぽっかり穴が空いてしまったかのようだった。それでも、やはり英語学習は続けたいと思っていたので、あまり気乗りはしなかったが、仕方なく別のパートナーを探すことにした。と言っても、積極的に探すわけではなく、言語交換サイトにアクセスして、誰かが私を見付けてくれるのをこっそり待った。ところが、いつもならばすぐに誰かが見付けて声を掛けてくれるというのに、誰も声を掛けてくれなかった。これは一体どういうことなのだろうと私は思った。「待てよ、これは、『今は他のパートナーを探すな』というメッセージなのではないか」と思えたのだ。

 そして今日、仕事帰りに薬局に寄った。その薬局で、大きなエコバッグを抱えている女性がいた。そのエコバッグには、ロンドンを象徴する赤いダブルデッカーバスと赤い公衆電話が描かれていた。私は、「ああ、ロンドンだ。これはひょっとして、ロンドンからメッセージが届くのではないだろうか」と思った。

 薬局で買い物をしたあと、電車に乗り、タブレットを開いた。すると、彼からのメッセージが届いていた。そこに書かれていたのは、驚くべき内容だった。涙が出そうになった。私はすぐにメッセージを送った。こういうとき、どんなふうに声を掛けたらいいのか、日本語ではわかっていても、英語ではなかなか出て来なかった。それでも、自分で思う通りのことを書いて送った。あとは祈るしかない。

 今回のことで、私は彼の中にある愛を見た気がした。今、彼がSkypeを控えているのは、彼の愛からの行為なのだ。そのことがわかったとき、彼とは、これまでよりも進化した関係を築けそうな気がした。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今回のことで、私たちは、日々、いろいろなメッセージを受け取りながら生きているのではないかと感じました。しかし、そのメッセージに気付かずに過ごしてしまっているのかもしれませんね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(五二四回目) | トップページ | ホットヨガ(五二五回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64004879

この記事へのトラックバック一覧です: メッセージ:

« ホットヨガ(五二四回目) | トップページ | ホットヨガ(五二五回目) »