« キタキツネに遭遇 | トップページ | ガンモ、大きなハチに刺される »

2016.08.11

侵入者たち

キタキツネに遭遇の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m キタキツネの記事を書いてからも、何匹かのキタキツネに遭遇しました。今、私たちは阿寒湖(あかんこ)の近くにあるキャンプ場にいます。昨日は阿寒湖でクルージングを楽しみ、まりもを観察しました。まりもは、阿寒湖に生息している植物だったのですね。さて今回は、キャンプ場でテントの中に入って来た生き物たちをご紹介したいと思います。


 夏のキャンプ場には、様々な生き物が出現する。最初に利用した小樽のキャンプ場では、蚊や蜂など、様々なな虫たちに遭遇した。もともと彼らが住んでいるところに私たちがやって来たのだから仕方がない。私たちは彼らを追い払おうとしてしまうが、本当に追い払われるべきは、新参者の私たちのほうだ。こういうときは、殺虫剤や蚊取り線香をできるだけ使いたくない。だから私たちは、虫よけスプレーを身体に吹き付ける。

 私は市販の虫よけスプレーを持参し、ガンモはハッカ油で作った虫よけスプレーを持参した。とは言え、これで完全に虫たちが寄って来なくなるかと言うと必ずしもそうではない。それでも、吹き付けないよりはずっとマシである。

 虫よけスプレーを身体に吹き付けていても、虫たちは光に誘われて、テントの中にわらわらと集まって来る。キャンプは、そんな虫たちとの共存生活になる。腕や足など、露出させている部分には、虫にさされたあとがくっきりついてしまう。

 私たちを刺すのは、蚊だけではない。上富良野のキャンプ場には、蚊はほとんどいなかったのだが、私の手や足にはいくつもの虫に刺されたあとが見られた。大きな蟻(あり)がたくさんいたので、彼らに噛まれたのだろうと思っている。

 その上富良野のキャンプ場で、インナーテント(テントの中に吊るす蚊帳のようなテント)に木の切れ端のような小さな棒がくっついていた。私は最初、それは木の切れ端だろうと思い、そのままにしていたのだが、ひょっとすると、棒のような恰好をしたナナフシかもしれないと思った。しかし、インターネットで画像検索してみると、ナナフシとは違っていた。そこで、木のような虫を画像検索してみると、出て来た。何と、シャクトリムシだった。

 木の端に気付いたガンモも、
「こいつ、振り落とされないように踏ん張ってるよ」
と言っていた。そうか、この木の切れ端のようなものはやはり木の切れ端ではなく、シャクトリムシだったのかと思った。試しにちょっかいを出してみると、シャクトリムシが身体を丸くして踏ん張ったので、やはり間違いないと思った。

 シャクトリムシは、ずいぶん大人しかった。私たちはそのキャンプ場に二泊したのだが、二日目は観光したかったので、テントに必要なものを仕舞って出掛けた。ところが、夕方、テントに戻ってみると、シャクトリムシがいなかった。昼間のテント内の温度は四十度を超えるはずなので、きっと暑くなってどこかに避難したのだろうと思っていた。ところが、朝になって、マットの上にシャクトリムシが変わり果てた姿で横たわっているのに気が付いた。テントの中が暑くなってもどこかに逃げることをせず、踏ん張り続けてついに力尽きたのかもしれない。短い命だった。もし私たちがそのキャンプ場に足を運ばなければ、シャクトリムシは普段と変わらない生活を続けることができただろうに。私たちの存在が彼らの生命に影響を与えてしまったのだった。

 阿寒湖のキャンプ場は、夜になるとテント内の最低気温が十四度まで下がった。関西地方で言えば、十一月くらいの気温ではないだろうか。不思議なことに、昼間はたくさんの虫がテントの周辺を舞っていたというのに、気温が下がると虫の姿が見えなくなった。虫の活動が気温に影響されるのは間違いなさそうだ。

 テントの中に入って来たわけではないので、写真には掲載していないが、北海道のキャンプ場にはカラスも多い。特に上富良野のキャンプ場ではそれが顕著で、「蚊は少ないがカァ(カラスのこと)はいる」とガンモは言っていた。

 いずれにしても、彼らが住んでいるところに私たちが押し掛けているのだから、シャクトリムシのような犠牲者を出さないようにするためにも、彼らの生活に影響を与えない程度で残りのキャンプを楽しみたいと思っている。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、侵入者たちをご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これまでにも北海道には何度となく足を運んでいますが、毎回、飛行機で来ていたので、カングーで回るのとは見る世界も違っています。レンタカーで回っている人たちも多いようですが、公共の交通機関を使って回るのと、車で回るのとでは、見える世界が違って来ますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« キタキツネに遭遇 | トップページ | ガンモ、大きなハチに刺される »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64042108

この記事へのトラックバック一覧です: 侵入者たち:

« キタキツネに遭遇 | トップページ | ガンモ、大きなハチに刺される »