« 大いなる勘違い | トップページ | みかん山のモノレール »

2016.07.17

南レクこども動物園を見学する

大いなる勘違いの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 蝉が鳴いていたと書きましたが、ところどころで蝉の死骸も見掛けます。先ほど、マンションの通路で蝉がひっくり返って足をバタバタさせていたので、起こしてやりました。そろそろ寿命が尽きてしまうのかもしれませんが、身体を起こした状態で天寿をまっとうするほうがいいと思ったからです。さて、三連休ですね。皆さんは、どこかにお出掛けでしょうか。ガンモが仕事なので、私はホットヨガのレッスンに通ったり、英語学習のために、ロンドン在住の男性とskypeでチャットをしたりしています。皆さんも普段、できないことを楽しんでくださいね。それでは、回転式の宇和海展望タワーから美しい景色を見下ろすの続きをお届けしたいと思います。


 回転式の宇和海展望タワーから美しい景色を見下ろしたあと、私たちは同じ敷地内の「南レクこども動物園」に足を運んだ。係員のいない入園料不要の動物園で、フラミンゴや鶏(チャボ?)、クジャクなどが放し飼いされていた。他にもリスザルがいたのだが、透明な建物の中に隔離されていた。

 私のこれまでの人生の中で、クジャクを間近で見るチャンスはそれほど多くはなかった。ここでは、クジャクも放し飼いされているので、クジャクが逃げさえしなければ、すぐ側で観察することができた。また、メスのクジャクもいた。

 オスのクジャクは、見た目は確かにきれいだが、彼自身は長い尾を持て余しているのではないかと思った。例えば、狭い場所に入り込んでしまったときに、長い尾が邪魔になって、方向転換できないのではないだろうか。また、長い尾を支えるには、腹筋(そんなものがクジャクにあるのかどうかは知らないが)も使うような気がした。何も言わないのに、顔は怒っているように見えてしまうクジャクの生き様は、人間が思っているほど華やかなものではないのかもしれないと思った。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、南レクこども動物園を見学するをご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m クジャクを見ていて、いろいろなことが頭に浮かびました。そのうち、「クジャクが人間社会に入ったら」という記事を書くかもしれません。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 大いなる勘違い | トップページ | みかん山のモノレール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63927203

この記事へのトラックバック一覧です: 南レクこども動物園を見学する:

« 大いなる勘違い | トップページ | みかん山のモノレール »