« 映画『天国からの奇跡』 | トップページ | ホットヨガ(五一六回目) »

2016.06.26

愛南町で、海の幸たっぷりの料理に舌鼓を打つ

映画『天国からの奇跡』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は梅雨の晴れ間でしたが、それほど暑くもなく、快適に過ごせました。昨日はまたお出掛けしていましたので、今日は自宅でのんびり過ごしました。しかし、疲れが溜まっていたのか、寝てばかりいました。まだ、いなかのオフィスに通い始めてからの生活のペースが確立していないようです。それでは、足摺岬めぐり(4)の続きをお届けしたいと思います。


 足摺海底館の周辺には、フナムシやカニなど、いろいろな生物たちがいた。また、駐車場の近くには、貝殻で作ったお土産品の無人販売所があった。良く、農作物をこのような形で販売しているところがあるが、お土産品の無料販売所を見たのは初めてである。

 その後、展望台で灯台を眺めながら一休みした。展望台には猫がいて、人間が与えた水などが置かれていた。観光客が良く訪れる場所ならば、野良猫であっても、何とか生き延びて行けるだろう。

 間もなく、私たちは足摺岬をあとにして、愛媛県の南予地方にある愛南町へと向かった。その日はその周辺の宿に泊まり、おいしい海の幸のお料理をたくさんいただいた。ホタテを焼いて食べて、ウチワエビという平べったいエビもいただいた。どれもおいしかった。

 いろいろな海の幸のお料理に舌鼓を打ったのだが、何と言っても、南予地方の鯛めしに驚いた。私は、愛媛県の東予地方の出身なのだが、東予地方の鯛めしは炊き込みご飯として出される。しかし、南予地方の鯛めしは、ご飯の上に鯛のお刺身が載っていて、しかも、卵かけご飯でいただくのである。これには驚いた。同じ愛媛県の鯛めしなのに、調理方法がまったく異なっているのである。私はもともと卵かけご飯が大好きなので、こちらの鯛めしもおいしくいただいた。

 とにかくたくさんの海の幸のお料理をいただき、またまたおいしい朝食をいただいたあと、私たちはチェックアウトしたのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、愛南町で、海の幸たっぷりの料理に舌鼓を打つをご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このときは、鯛めしの違いにとにかく驚きました。こうして写真を見ていると、また南予の鯛めしを食べたくなりました。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『天国からの奇跡』 | トップページ | ホットヨガ(五一六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63834699

この記事へのトラックバック一覧です: 愛南町で、海の幸たっぷりの料理に舌鼓を打つ:

« 映画『天国からの奇跡』 | トップページ | ホットヨガ(五一六回目) »