« JR岡山駅の複雑な事情 | トップページ | 足摺岬めぐり(1) »

2016.05.28

ホットヨガ(五一〇回目)

JR岡山駅の複雑な事情の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は健康診断を受けて来ました。いつも同じクリニックでj受診しているのですが、一年振りに訪れて驚いたのは、測定機器のIT化が進んでいるということでした。そのせいか、以前は検査技師の方たちがたくさんいらっしゃったはずなのに、人数が減ってしまっているような気がしました。IT化が進んだことにより、かつてそのクリニックで働いていたはずの検査技師の方たちがそのクリニックで働けなくなってしまったのだとしたら、分野は違っていても、IT化を促進する製品を世の中に送り出している私としては胸が痛みます。それでは、ホットヨガ(五〇九回目)の続きをお届けしたいと思います。


 二本目に受けたのは、その日の最終レッスンとなる六十分の骨盤コースのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは、またまた店長さんで、レッスンの参加者は十五名だった。何と、そのうち男性会員は五名もいらっしゃった。その中にはNさんもいらっしゃった。

 リラックスコースのレッスンのあと、扇風機の風に当たることなく骨盤コースのレッスンに参加したものの、やはりレッスンの途中で暑くなってしまった。とは言え、前回、二レッスン受けたときのような救いようのない暑さではなかった。スタジオの外で二回ほど涼むと落ち着いた。

 久し振りにお目に掛かる店長さんに、
「声が低くなりましたね」
と言うと、まさかそんなことを言われるとは思っていらっしゃらなかったようで、ひどく驚かれていた。

 店長さんのレッスンに参加されている方たちは、真剣そのものだった。おそらく、店長さんへの深い信頼があるのだろう。一人一人の意識が高いというのは、このようなレッスンのことを言うのではないだろうか。

 リラックスコースのレッスンよりもたくさん汗を掻くことができたものの、相変わらず、賢者のポーズや割り座のポーズから後ろに倒れ込んで行くポーズが取れなかった。果たして、これらのポーズが取れる日が来るのだろうか。

 暑くなってスタジオの外に出たとき、カウンセリング付き回数券を購入された方たちのコメントが張り出されていたのでしばらく見入っていた。それで気付いたのだが、私は自分自身の目標を決めてはいないということだった。他の方たちは、しっかりと目標を定めてレッスンに取り組んでいたのだ。目標を決めなければ、何も始まらないではないか。しかし、目標を人に言うのは恥ずかしい。困ったものだ。

 帰りに再び事故のあった場所の前を通った。今度は行きに取ったときよりも更に近寄ってみた。そこに添えられているのはお花だけだと思っていたのだが、たくさんのペットボトルの水が並べられていた。みんなの想いが届くといいのに、と思いながら、静かに手を合わせた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今日は土曜日ですので、旅行記をお届けしたかったのですが、新しい旅行記の準備が整っていないため、ホットヨガの記事をお届けしました。四月と五月はレッスンをたくさん受けているので、できるだけリアルタイムに追い付けるように頑張りたいと思っています。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« JR岡山駅の複雑な事情 | トップページ | 足摺岬めぐり(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63473300

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五一〇回目):

« JR岡山駅の複雑な事情 | トップページ | 足摺岬めぐり(1) »