« 四国出身夫婦の初めての小豆島旅行(4) | トップページ | YouTubeで英語三昧 »

2016.05.02

ホットヨガ(五〇四回目)

四国出身夫婦の初めての小豆島旅行(4)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 南阿蘇村で行方不明になっている大学生の捜索活動が打ち切られてしまったとインターネットのニュース記事で読みました。雨や余震による二次災害が発生する恐れがあるため、知事が捜索打ち切りを決断したようです。大学生のご家族の想い、そして、捜索活動に関わる人たちの想いが一つにはならなかったことになりますが、どちらの立場であったとしても、納得の行く選択ではなかっただろうと思います。想いが一つにならない場合は、それぞれの取る立場を理解するチャンスが遅れてやって来るのだろうと思っています。それでは、ホットヨガ(五〇三回目)の続きをお届けしたいと思います。


 一時間休憩したのち、今度は六十分のベーシックコースのレッスンを受けた。レッスンの参加者は十名で、レッスンを担当してくださったのは、初めてお目に掛かるインストラクターである。

 私にとっては、久し振りの六十分のベーシックコースのレッスンだった。最初に受けたレッスンとこのレッスンの間に七十五分のパワーアクティヴコースのレッスンが開催されていたのだが、ホットヨガのレッスンの中では最もきついレッスンなので見送ることにして、その次に行われる六十分のベーシックコースのレッスンを選んだのだ。もともと私は、インドで行われているヨガを学びたい気持ちがあるために、どうしても動きの激しいレッスンは避けたくなってしまうのである。

 一時間前に六十分のライトコースのレッスンを受けて身体が温まっていたからか、レッスン開始後、すぐに汗が出て来た。しかし、暑苦しい感じではなく、むしろ心地よい感じだった。

 三角のポーズのときに、以前、店長さんからうかがったポーズの取り方を意識した。三角のポーズが一体何のためにあるのかを考え、身体の側面を伸ばすことを目的としていることを思い出した。私はポーズを取るときに、骨盤が前に傾いて前屈みの状態になりやすいので、骨盤が前に傾かないように意識した。多分、うまくできたと思う。

 レッスンが終わって、スタジオから出て行こうとすると、インストラクターに名指しで呼び止められたので、「ええっ?」と思った。おそらく、初めてお話させていただくインストラクターのはずなので、何故、私の名前をご存じなのだろうかと驚いた。のちに、「ああ、なるほど、会員証に顔写真を添えているからわかったのだろう」と気が付いた。

 インストラクターは、私に呼吸法を伝授してくださった。これまでよりも長い呼吸をすることで、私の身体は全体的に変わって来るそうだ。お腹回りも痩せて来るらしい。梅田店に通っていらっしゃる会員さんで、呼吸法を変えただけでウエスト周りが十四センチも細くなった方がいらっしゃるそうだ。インストラクターは、「まるみさん(実際に呼ばれたのは、私の苗字)は絶対変わります!」と真剣な顔つきでおっしゃった。そして、「まるみさんは意識が高いので驚きました」とも言ってくださった。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて受付に行くと、新たなカウンセリング付き回数券を勧められた。またまた格安で販売されているのだ。ある会員さんは、その回数券を向こう一年分も購入されているらしい。なるほど、確かにその魅力はわかる。しかも、そのセール期間は三月いっぱいまでだという。しかも、南森町店では二十名限定の販売らしく、そろそろ定員に達するようだ。私は少し考えたが、十一枚綴りの回数券を一セットだけ購入した。ああ、月に十回のレッスンのペースがこれからも続くことになってしまう。

 私は、
「ヨガだけに通っているわけじゃないので、このペースでレッスンに通うのはきついですよ」
とぼやいた。すると、
「やはり身体が変わって来ると、通うのも楽しみになって来ますよ」
とインストラクターに言われた。確かにそうかもしれない。しかし、ホットヨガに通う時間をどのようにして捻出すればいいのだろう。
「他に何をされているんですか?」
とレッスンを担当してくださったインストラクターが聞いてくださったので、
「英会話です」
と答えた。そのとき私は、以前、フリーのカナダ人のインストラクターがいらっしゃったことを思い出した。
「以前、フリーのカナダ人のインストラクターがいらっしゃいましたよね。あの方がレッスンをしてくださったら一石二鳥なんですけど」
と言った。店長さん曰く、フリーのカナダ人のインストラクターは、最近は来られていないそうだ。

 月に何度もレッスンに通いたくない気持ちから、
「痩せたら服を買い替えなきゃいけないですね」
と私が言うと、
「それはいいことなんですよ」
と言われてしまった。

 インストラクター曰く、とにかく私は変わるそうだ。本当に変わるのであれば、これからの変化が楽しみではあるのだが、ホットヨガのレッスンのためだけに時間を費やせないジレンマも感じ始めていたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 月五回のレッスンに通っていた頃も時間のやりくりが必要だったというのに、今はその二倍の時間をホットヨガに費やしてしまっています。身体が変わると言われても、特にこの頃は残業続きでしたので、レッスンの時間を捻出するのがなかなか大変でした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 四国出身夫婦の初めての小豆島旅行(4) | トップページ | YouTubeで英語三昧 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63395403

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五〇四回目):

« 四国出身夫婦の初めての小豆島旅行(4) | トップページ | YouTubeで英語三昧 »