« 宮崎~熊本~福岡の旅(8) | トップページ | 赤い広島(2) »

2016.04.09

赤い広島(1)

宮崎~熊本~福岡の旅(8)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本格的なお花見がまだでしたので、今日はガンモと二人でお花見も兼ねて、京都のとあるキャンプ場に来ています。本来ならば、奈良のキャンプ場に行く予定だったのですが、予約の電話が繋がらなかったため、予約をせずに近くまで来てしまいました。今朝、たまたま私が電話を掛けたところ、電話が繋がり、今日は利用可能かどうか尋ねてみましたが、「今日は満タンです」と言われてしまいました。そこで予備のためにリストアップしておいた京都のキャンプ場に移動して来たというわけです。桜は、一番いい時期を過ぎてしまっていますが、それでも私たちを楽しませてくれています。さて、今回から、先週末に出掛けた広島の旅行記をお届けしたいと思います。


 先日も触れたように、「広島でお花見キャンプをしよう」と言い出したのはガンモだったが、ガンモは仕事が入ってしまい、私はお花見キャンプをするために入れた広島での予定をこなすために、一人で広島に出掛けた。いつもならば、西方面に向かう新幹線に乗車するときは新神戸駅を利用するのだが、大阪までの通勤定期券があることと、五十歳以上の人たちが利用できるおとなび会員の特権で格安の新幹線切符を購入できたので、新大阪から乗車することにした。

 "It's a long story."の記事に書いたように、四月から別の会社で働くことになり、先月半ばあたりから残業続きだったこともあって、ひどくバタバタと過ごしていた。広島に出かける前日は、別の会社への初出勤日でもあり、しかも、その日だけ自宅から近い「まちのオフィス」ではなく、自宅から少し遠い「いなかのオフィス」に出勤することになっていたため、いつもよりも早起きすることになった。それに加え、夜は懇親会に参加したため、帰りが少しだけ遅くなってしまった。懇親会から帰宅した私は、てきぱきと広島行きの準備を整え、翌日の出発に備えたものの、準備はまだ万全ではなかった。

 広島に出掛ける直前に、漢方医の診察の予約を入れていたので、大きな荷物を抱えて漢方医の診察を受けるかどうかで迷った。迷った挙句、大きな荷物は自宅に残しておいて、漢方医の診察を受けたあとに帰宅して、すべての荷物をまとめてから広島に向けて出発することにした。こういうこともあるかもしれないと思い、新幹線の予約を遅めの時間に設定しておいたので、時間的に少し余裕があったのだ。

 新大阪駅から新幹線のぞみ号に乗車すると、広島まではおよそ一時間半しか掛からなかった。足元にコンセントがあったので、そのコンセントにノートパソコンの電源ケーブルを差し込んでノートパソコンをいじっているうちに広島に着いてしまった。

 広島は、私にとって、高校を卒業したあと、一年間だけ過ごした街である。当時、いったん広島の大学に進学したものの、他に行きたい大学があったので思い切ってその大学を休学し、予備校に通った。そして、翌年に神奈川県にある別の大学に合格したので、広島の大学を退学して上京した。思えば、両親にもずいぶん心配を掛けてしまったし、余分なお金も使わせてしまった。当時はひと悶着あったものの、最終的には私の選択を受け入れてくれた両親に感謝している。

 広島駅に到着した私は、まっすぐ市内電車の乗り場へと向かった。そして、宿泊するホテルの最寄駅で降りて、繁華街を歩き始めた。ホテルへの行き方が書かれた印刷物を持参していたので、それを見ながら歩いてみたのだが、どうやら見方が間違っていたようで、道に迷ってしまった。そこで、ガラケー用の地図アプリを使いながら歩いてみたものの、ガラケーでは、現在地が地図上に反映されるまでに時間が掛かってしまうため、かえって迷うことになってしまった。それでも、ようやくホテルにたどり着いて、チェックインを済ませた。そこは何と、私が浪人時代に住んでいた場所からそれほど離れていない場所だった。今思えば、そこは市内電車の電停からは遠かったので、広島駅からバスを利用すれば迷わずに済んだのかもしれない。

 ホテルの近くに、浪人時代にしばしば利用していた音戸(おんど)温泉という公衆浴場があったので、久し振りに利用した。その周辺にはいわゆる「夜の街」があるので、私が住んでいた頃は「夜の街」で働く女性たちがその公衆浴場を利用していて、独特の雰囲気が漂っていたのを覚えている。しかし、今回は特に何も変わったことはなかった。しかも、以前よりも営業時間が短縮されているような気がしたのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、>赤い広島(1)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 公衆浴場の利用料金は、四百三十円に値上がりしていました。東京だと、もっと高いのでしょうか。私が利用していた頃は二百円台だったような気がしています。一回利用するごとに四百三十円掛かるなら、お風呂付きの部屋に住んだほうがお得な気がしてしまいますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 宮崎~熊本~福岡の旅(8) | トップページ | 赤い広島(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63462886

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い広島(1):

« 宮崎~熊本~福岡の旅(8) | トップページ | 赤い広島(2) »