« ホットヨガ(四九九回目) | トップページ | 宮崎~熊本~福岡の旅(7) »

2016.03.31

映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』

ホットヨガ(四九九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 急に暖かくなりましたね。おとといでしたか、これまで着ていたキルティングのジャケットを羽織って出勤したところ、少し暑く感じられました。そのため、昨日からは普通のジャケットのみで出勤するようになりました。ちょうどいい感じです。しかし、今日は早くも半袖で出勤しています。(笑)関西地方の桜も開花しているようです。


Nationaltreasure2

 本作を鑑賞したのは、三月二十一日のことである。本作もまた、U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドで鑑賞した。言うまでもなく、映画『ナショナル・トレジャー』の続編である。

 前作でめでたくカップルとなった歴史学者かつ冒険家のベンとアビゲイルが、どういうわけか、破局寸前の状態にまで追い込まれている。それでも、再び秘宝探しが始まると、共通の目的が二人を結び付けるのか、再び惹き合うようになる。もともと秘宝探しがきっかけで結び付いたためか、二人には常に秘宝探しという共通の目的が必要なのだろうか。

 同じような構図が、ベンの両親の間にも見られるのが面白い。秘宝探しの連帯感は男女を結び付けることもあるが、その熱中度に温度差が出て来ると、結び付いた男女を引き離してしまうのかもしれない。ベンの母親を演じているのはヘレン・ミレンで、とても個性的な女優さんである。

 今回のテーマは、「アメリカ大統領」と言ってしまってもいいだろう。ベンは、ラシュモア山にあるアメリカの四人の歴代大統領の彫刻の下に秘宝が眠るという手掛かりを掴む。前作同様、またまたベンと同じように秘宝探しをする悪役がいて、ベンと対立している。それでも、今回は完全な対立ではなく、悪役との人間的な繋がりも感じられる。

 本作でのベンは、アメリカ大統領まで味方につけて、秘宝探しをする。前作の映画『ナショナル・トレジャー』同様、アメリカ国民にとって、身近な場所に秘宝が眠っているかもしれないとなると、わくわくする作品であるに違いない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m どういうわけか、YouTubeで日本語の予告編が見付からなかったので、英語の予告編を貼り付けました。DVD化されたときに"ナショナル・トレジャー"のあとに"2"が付加されたようですね。確かにそのほうがわかりやすいです。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四九九回目) | トップページ | 宮崎~熊本~福岡の旅(7) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63414529

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』:

« ホットヨガ(四九九回目) | トップページ | 宮崎~熊本~福岡の旅(7) »