« 湯原温泉でまったり(前編) | トップページ | 湯原温泉でまったり(後編) »

2016.03.07

ホットヨガ(四九五回目)

湯原温泉でまったり(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いやあ、今日はまた暖かかったですね。私はとうとう半袖で出勤してしまいました。もちろん、薄手のジャケットを片手に持参してはいたのですが、羽織ると暑かったので、行きも帰りもほとんど脱いだままで過ごしました。ちょっと、この暖かさは異常だと思います。着るものに困りますよね。


 二月二十日土曜日、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。今年はうるう年で、二月二十九日が月曜日なので、毎週月曜日の仕事帰りにレッスンを受けるだけでも月五回のレッスンを達成することができる。しかし、できれば二月二十九日は休暇を取りたいと思い、漢方医の診察を受けたあと、お昼ご飯を食べて、南森町店のスタジオに向かった。

 十六時からのレッスンだというのに、十五時過ぎにスタジオに着いた私は、ロッカールームでのんびりしようと思っていた。ところが、受付に店長さんがいらっしゃり、カウンセリング付回数券を強く勧めてくださり、その説明を受けることになった。カウンセリング付回数券は、以前、販売されたときに購入を見送ったものである。月会費制会員になってからは、毎月、決まった回数だけレッスンに通っているが、カウンセリング付き回数券は、二十回分の回数券とともに、合計五回のカウンセリング付きレッスンを受けられるというものである。とは言え、その回数券にも有効期限があるため、できるだけ有効期限に回数券を消費したい。ただ、私の場合、月五回の月会費制会員になり、月五回のレッスンに通うだけでもヒーヒー言っているので、例えば購入した回数券の有効期限を考慮しながら、月七回もレッスンに通うというのは、週に二回弱のペースでレッスンに通うことになり、かなりきついのだ。

 それでも、今回は、時間があったのでじっくりと説明をうかがった。実際にカウンセリング付の回数券を購入された方たちは、ヨガのレッスンがとても楽しくなり、インストラクターに積極的に質問をされて、取るポーズもどんどん改善されて、身体の変化を実感されている方たちも多いのだそうだ。

 そんな話をふむふむと聞いていると、何と、どのようなカウンセリングが行われるのか、今回のレッスン後にお試しで体験させてくださるという。そんなカウンセリングを受けてしまうと、カウンセリング付き回数券を購入しないとは言い辛くなってしまうのではないかとも思ったが、お試しということで、受けてみることにした。店長さんは、今回のレッスンを担当してくださる梅田店のエグゼクティヴインストラクターに伝言してくださったようだ。

 受付には、初々しいスタッフが二人もいらっしゃった。何と、そのうちの一人は、かつては会員さんでレッスンに通っていらっしゃったのだという。そう言えば、以前、銀座店のスタジオでレッスンを受けたときも、店長さんが会員さんをインストラクターに引き込んだとおっしゃっていた。きっと自身がインストラクターになってから見る世界は、レッスンを受けていたときとはまた違うものなのだろう。

 さて、今回のレッスンの参加者は十名だった。レッスンが始まってすぐに、私のすぐ隣のヨガマットに来られた方がいらっしゃったのだが、チラッと見てみると、何と何と、南森町店の店長さんだった。店長さんは、しばらくレッスンを受けていらっしゃったが、最後までレッスンは受けずに途中退出されていた。やはり、すぐ隣で拝見していても、圧倒されるくらい身体が柔らかかった。

 私は、骨盤を立てることを意識しながらレッスンを受けた。その結果、わかったことは、骨盤を立てようとすると、お尻の穴がぎゅうっと閉まるということである。ということは、骨盤が前傾しているときには、お尻の穴は閉まっていないのだろう。

 骨盤を立てることを意識していたからなのかどうかはわからないが、それほど息切れすることなく最後までレッスンを受けることができた。おそらく、呼吸が良くできていたのだと思う。

 レッスンを終えたあと、何食わぬ顔でスタジオを出ようとすると、レッスンを担当してくださった梅田店のインストラクターに呼び止められた。レッスン後にお試しカウンセリングを受けると約束したのがちゃんと伝わっていたのである。

 インストラクターは、三角のポーズの極意を教えてくださった。それを聞いて、私は自分の骨盤が固まってしまっていることを再認識した。以前から、パソコンを使い過ぎると骨盤が固まるという話を聞いたことがあったのだが、本当にそうかもしれないと思う。インストラクターの骨盤は自由自在に動いていた。私の骨盤は、動かしたくても動かなかった。そのため、三角のポーズを取るときも、骨盤の動きが不適切だったのである。

 私は、まずは骨盤をほぐすことから実践して行こうと思った。そう言えば、骨盤コースのレッスンが南森町で誕生した頃、骨盤コースのレッスンの発案者である当時の南森町店のIインストラクターは、骨盤を左右に動かしたあと、前後にも動かすように促していた。しかし、いつの頃からか、骨盤コースの中から、その動きが省略されてしまっていた。Iインストラクターは既に退職されてしまったので、オリジナルの骨盤コースのレッスンは、もはや受けられない。どこかにIインストラクターの残したメモが残っているといいのにと思う。

 私は、カウンセリングをしてくださった梅田店のインストラクターにお礼を言ってシャワーを浴びた。

 着替えを済ませて受付に行き、水素水飲み放題のわっかを忘れずに返却した。すると、三月から水素水飲み放題の代金も口座引き落としになるので、その印として、ストラップをいただいた。ストラップは受付に返却する必要がないので便利である。ストラップの色がいくつかあり、金色がきれいだとスタッフが勧めてくださったので金色のストラップをいただいた。

 その後、再びカウンセリング付き回数券の話になった。私は、少し考えてから、二日後の月曜日にお返事させていただくと答えた。実は、既に半分くらいは購入しようと決めているところだ。

 店長さんは、ホットヨガを始めても痩せない場合は、ちゃんと呼吸ができていないか、ポーズが取れていないかのどちらかだとおっしゃった。そう言えば、私はガンモに、ホットヨガのレッスンを受けてみないかと誘ったことがある。梅田店のスタジオは、男性会員もレッスンを受けられるからだ。しかしガンモは、私がホットヨガのレッスンを受けてもまったく変わらないのを見て、「ホットヨガを続けても何にも効果がない」と思い込んでいるようだった。

 帰宅してから、
「カウンセリング付き回数券というのがあって、それを勧められたので購入しようかと思ってるんだけど。かなり痩せるらしいよ」
とガンモに言うと、
「(カウンセリング付き回数券があることを)もっと早く教えてもらえ~。もう五百回目になろうとしているのに」
と言われたので、私は爆笑した。確かに、私のホットヨガの記事は、もうすぐ五百回目を迎えようとしている。

 ちなみに、インストラクターは、ホットヨガのレッスンを始めてから、別人のように痩せたそうだ。果たして、私も別人のように変わることができるのだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ガンモの「もっと早く教えてもらえ~」の一言には爆笑してしまいました。例えば百回目くらいのレッスンまでにその極意を個別に教えていただいていたら、もっと早く変身できたのでしょうね。とは言え、今はインストラクターが育っていると感じます。本当に素晴らしいインストラクターが多いです。ホットヨガのスタジオが長く続くことで、インストラクターも会員の皆さんと一緒に育って行ったのでしょうね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 湯原温泉でまったり(前編) | トップページ | 湯原温泉でまったり(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63239596

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四九五回目):

« 湯原温泉でまったり(前編) | トップページ | 湯原温泉でまったり(後編) »