« 映画『ターミナル』 | トップページ | かにカニはまかぜで行く城崎温泉(後編) »

2016.02.11

かにカニはまかぜで行く城崎温泉(前編)

映画『ターミナル』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今日は祝日でしたね。明日、有給休暇を取って、四連休されている方もいらっしゃるかもしれませんね。かくいう私も、四連休にしたかったのですが、休みたい日が別にあるので、四連休は見送りました。それでは、今回から、新しい旅行記をお届けしたいと思います。時期的には、なめてはいけない冬の北海道(6)の直後の二〇一三年二月の旅行記になります。

 冬になると、おいしいカニを食べたくなる。そんな私たちがしばしば訪れているのが、城崎温泉である。野々村元県会議員も城崎温泉に何度も出張していたらしいが、果たして真実は明らかになるのだろうか。

 城崎温泉へは、ガンモの運転するカングーで出掛けることもあるのだが、今回は「かにカニはまかぜ」という特急列車を利用してみた。「かにカニはまかぜ」というのは、JR西日本が企画する「かにカニ日帰りエクスプレス」と呼ばれるツアーと連携している全席指定の特急列車である。とは言え、私たちは「かにカニ日帰りエクスプレス」のツアーに参加したわけではなく、個別に旅館を予約して、たまたま「かにカニはまかぜ」を利用することになったのだ。

 やはりカニシーズンということで、「かにカニはまかぜ」の利用客は多かった。少し前に雪が降ったからか、窓の外には雪景色が広がっていた。「かにカニはまかぜ」が城崎温泉に近付くと、降りるための準備を整える人たちがたくさん立ち上がって荷物を手にしていた。

 城崎温泉駅には、カニとコウノトリの顔抜きがあった。また、「玄さん」という名のキャラクターもいた。城崎温泉駅に着いたのがちょうどお昼どきだったのと、旅館のチェックイン可能時刻までまだ時間があったので、私たちはお昼ご飯を食べることにした。せっかく魚介類のおいしい城崎温泉に来たのだから、新鮮な海鮮丼でも食べたかったのだが、どのお店も混雑していてお値段も高めだったので、駅前にある庶民的な食堂に入って軽く済ませておいた。

 旅館のチェックイン可能時刻になると、私たちはすぐにチェックインした。そして、浴衣に着替えて丹前を羽織ると、温泉街に繰り出した。ご存じのように、城崎温泉には七つの外湯があり、旅館に宿泊すると、チェックアウト時間まで七つの外湯に入り放題なのである。これまでは、利用する外湯の数だけの入浴券を旅館のフロントで受け取ってから七つの外湯を利用していたのだが、最近になって、バーコードが埋め込まれた入浴券を提示するだけで利用できるようになった。個別の入浴券の場合、実際に利用する枚数よりも多めに取ってしまうことから、無駄が多かったように思う。しかし、バーコード付きの入浴券に変わってからは、無駄を省くことができたのではないだろうか。

 城崎温泉に来ると、毎回外湯を利用している私たちだが、利用する外湯はたいてい決まっている。私が一番好きな外湯は「まんだら湯」で、露天風呂の桶風呂が格別である。その次に好きなのが、外湯としては城崎温泉駅から最も遠い「鴻の湯(こうのゆ)」である。今から三年も前のことではっきりとは覚えていないのだが、おそらく今回も、この二つの外湯に入ったのではないだろうか。

 ちなみに、どの外湯を利用しても、外湯のスタッフは、利用客が身に着けている浴衣や下駄で、どの旅館に宿泊しているのかを確実に識別することができる。毎回、感心しているのだが、その識別能力は本当に素晴らしい。

 「鴻の湯」の露天風呂も気持ちがいい。お気に入りの「まんだら湯」も「鴻の湯」も城崎温泉駅から遠いおかげで、行きも帰りも、城崎温泉の街並みを堪能することができるのだ。

 カニシーズンというだけあって、温泉街はかなり混雑していた。私たちは夕食のカニを楽しみにしながら、湯冷めしないうちに旅館に戻ったのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、かにカニはまかぜで行く城崎温泉(前編)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 城崎温泉の七つの外湯巡りは楽しいです。すべての外湯がそれとなく離れているので、温泉街をくまなく歩くことができます。カニシーズンになると、多くの利用客で賑わっています。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『ターミナル』 | トップページ | かにカニはまかぜで行く城崎温泉(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63197361

この記事へのトラックバック一覧です: かにカニはまかぜで行く城崎温泉(前編):

« 映画『ターミナル』 | トップページ | かにカニはまかぜで行く城崎温泉(後編) »