« 映画『メイジーの瞳』 | トップページ | ホットヨガ(四九三回目) »

2016.02.24

日帰り琵琶湖クルーズ(3)

映画『メイジーの瞳』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。もう二月も終わろうとしているのに、今日はとても寒かったですね。自宅の最寄駅の駐輪場のおじさん曰く、今週いっぱいまでは寒さが続くのだとか。冬の始まりの頃に暖冬だったので、もう少し寒い冬を味わっていたいような、早く暖かくなって欲しいような、不思議な気持ちです。さて、今日は定時退社日だったので、休日ではありませんが、旅行記をまとめてみました。というわけで、日帰り琵琶湖クルーズ(2)の続きをお届けしたいと思います。


 竹生島(ちくぶしま)の竹生島・宝厳寺 ~西国第三十番札所~を堪能した私たちは、船着き場から、長浜行きの観光船に乗った。行きは、今津から竹生島までの観光船に乗船したのだが、竹生島からは長浜行の観光船も出ているので、帰りはそちらを利用することにしたのだ。面白いことに、今津から竹生島までの所要時間が二十五分であるのに対し、竹生島から長浜までの所要時間は三十分と、五分しか変わらなかった。

 長浜に着いた私たちは、旧長浜駅舎を再利用した現存する日本最古の鉄道駅舎 長浜鉄道スクエアへと向かった。その途中で、野生の猫たちに遭遇し、パシャパシャと写真に収めた。しかし、人に慣れていない彼らは、カメラ目線をサービスしてはくれなかった。

 現存する日本最古の鉄道駅舎 長浜鉄道スクエアへは、まだ新婚の頃に、やはりガンモと一緒に一度訪れたことがある。長浜で、カメラ仲間の皆さんがオフ会をしていることがわかったので、ガンモと一緒に乗り込んだのだった。

 その頃の現存する日本最古の鉄道駅舎 長浜鉄道スクエアには、古い列車のヘッドマークがいくつも展示されていたのを覚えている。当時の私はヘッドマークという言葉をまだ知らず、カメラ仲間の鉄道博士にヘッドマークのことを教えていただいたのだった。

 そして、現存する日本最古の鉄道駅舎 長浜鉄道スクエアを一通り見学した私たちは、雪の舞う外に出て、長浜の街を散策し始めたのだった。 

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、日帰り琵琶湖クルーズ(3)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m もう少し暖かい時期であれば、野生の猫たちもサービスしてくれたのかもしれませんが、完全に無視されてしまいました。彼らは本当にマイペースで生きていますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『メイジーの瞳』 | トップページ | ホットヨガ(四九三回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63259859

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り琵琶湖クルーズ(3):

« 映画『メイジーの瞳』 | トップページ | ホットヨガ(四九三回目) »