« 二〇一六年スケジュール帳 | トップページ | ホットヨガ(四八三回目) »

2016.01.03

2015秋キャンプ(1)

二〇一六年スケジュール帳の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日で年末年始の休暇もおしまいです。今日はどこにも出掛けずに、自宅でガンモとまったり過ごしました。年末年始の休暇が短かったので、何だか物足りない気がしていますが、明日からの仕事を頑張りたいと思います。さて、今回から二回に渡り、去年の十一月の初めに出掛けた秋キャンプの模様をお伝えしたいと思います。

 十一月の初めに、兵庫県丹波市にある丹波市のオートキャンプ、コテージ、バンガロー - 森のひととき -キャンプリゾート森のひととき-に秋キャンプに出掛けた。秋キャンプなので、テントで寝るのは寒いだろうと思い、300W/600Wのセラミックファンヒーターと電気敷毛布を持参した。

 途中の道の駅 丹波おばあちゃんの里 自然と歴史が織りなす心のふる里で休憩を取ったあと、丹波市のオートキャンプ、コテージ、バンガロー - 森のひととき -キャンプリゾート森のひととき-に入った。受付の横には、レストランがあり、何故かその横の敷地には、銀色のリヤカーが並べられていた。ガンモ曰く、河原でキャンプをする人たちは、ここに車を停めて、河原まで荷物を運ぶことになるらしい。そのために、リヤカーを貸し出しているのだという。ちなみに、キャンプ場の利用客が利用できるお風呂もこの受付の近くにあった。

 受付を済ませて、カングーに乗ってそのまま走って行くと、オートキャンプ場が見えた。オートキャンプ場には既に何組かの先客がいた。立派なテントを張っている人や、キャンピングカーで来ている人たちもいた。また、オートキャンプ場に面して、コテージがあった。犬と一緒に泊まれるドッグラン付きのコテージもあった。

 お昼過ぎだったので、お腹を空かせていた私たちは、腹ごしらえをしてから設営に取り掛かることにした。簡単に食べられるものとして、お湯を沸かしてチキンラーメンを作った。お惣菜も買っておいたので、それらも一緒に食べた。

 食後にコーヒーを飲んでまったりしたあと、いよいよテントの設営に取り掛かった。テントとタープを張ったあと、テントの中にマットも敷いた。マットの上に毛布を敷き、その上に電気敷毛布を敷いた。その上から寝袋にくるまって寝るのである。これだけでは寒いので、必要に応じて300W/600Wのセラミックファンヒーターも使うつもりである。

 ひとまずテントの設営も終わったので、先にお風呂に入っておくことにした。入浴の準備を整えて、先ほどの受付まで出向き、お風呂に入った。私が女子風呂に入ったとき、既にお湯から上がった方がいらっしゃったので、その後は貸し切り状態だった。室内だけでなく露天風呂もあり、とてもリラックスすることができた。私は、心ゆくまで温まって、お風呂から上がった。

 お風呂で温まったあとは、いよいよ夕食の準備に取り掛かるのだ。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、2015秋キャンプ(1)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m コテージのほうがテントよりも暖かいとは思うのですが、この日はコテージの利用客はゼロで、テントの利用客が私たちを入れて四組いました。キャンピングカーで来ていた家族は、私たちがお昼ご飯を食べたあとにはいなくなっていたので、どうやらデイキャンプの利用客だったようです。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 二〇一六年スケジュール帳 | トップページ | ホットヨガ(四八三回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62998082

この記事へのトラックバック一覧です: 2015秋キャンプ(1):

« 二〇一六年スケジュール帳 | トップページ | ホットヨガ(四八三回目) »