« 今年の英語初め | トップページ | ホットヨガ(四八六回目) »

2016.01.16

めんたいパーク見学

今年の英語初めの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。スキーツアー客を乗せた大型バスが転落して、十四人もの方たちが亡くなられてしまいました。ニュース記事のRSSをメーラーに取り込んで受信しているのですが、時間が経過するごとに亡くなられた人たちの数が増えて行き、胸が痛みました。亡くなられたほとんどの方たちが大学生だったようですね。事故の原因に繋がるような内容がニュースで流れていますが、何ともやり切れない気持ちです。おそらく私も、亡くなられた大学生のご両親と同世代だと思います。その悲しみを想像すると、言葉を失ってしまいます。これから何年も掛けて、否定し続けたい現実を受け入れて行かなければならないのでしょう。謹んでお悔やみ申し上げます。それでは、気を取り直して、高蔵寺で紅葉狩りの続きを書かせていただきます。

 2015秋キャンプ(2)を終えて、高蔵寺で紅葉狩りをしたあと、ガンモは、
「実は、もう一つ寄りたいところがあるんだけど」
と言って、カングーをある建物の駐車場に停めた。その建物の上には、何やら赤いものが載っていた。いや、その赤いのもが目に入るよりも先に、めんたいパークという名前が視界に入って来た。「めんこい」ではなく「めんたい」だ。ということは、あの赤いものは明太子なのだろうと思った。

 ガンモ曰く、めんたいパークは、神戸で人気のスポットになっているそうだ。実際、私たちが到着したあとも、大型バスが次々にめんたいパークの駐車場に入って来ていた。

 めんたいパークでは、明太子が製造される過程を工場見学することができる。そして、明太子のうれしいうれしい試食も体験できる。その後は、明太子や、明太子を使った食べ物を購入することができる。

 明太子の試食には、たくさんの人たちが並んでいたが、私たちも列に並んで、ひとつまみいただいた。しかし、明太子を食べると、おにぎりが食べたくなってしまう。と思いきや、何とすぐ隣で明太子のおにぎりが売られていた。試食の明太子につられて、明太子おにぎりがどんどん売れている。きっとあの試食は、作戦だったのだ。

 私たちもしっかりその作戦につられてしまい、高蔵寺で紅葉狩りをしたときに、前日のキャンプで作った焼き芋を食べたというのに、明太子おにぎりを買ってしまった。フードコーナーとともに、テーブルと椅子もあったので、私たちは適当な場所を見付けて椅子に座り、明太子おにぎりを食べた。

 明太子工場と直結しているので、明太子も売られていた。さすがにそこまでは必要なかったので、明太子は買わずに済んだのだが、やはり作戦につられて明太子を購入している人たちが多かった。

 休憩場所として提供されているエリアには、明太子の色と形をした椅子があった。なるほど、明太子を椅子にするとは考えたものだ。その椅子に座っているうちに、またまた明太子を食べたくなってしまってはいけないと思い、長居せずにめんたいパークをあとにして帰宅したのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、めんたいパーク見学をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 明太子の試食はいけません。すぐ傍で明太子おにぎりが売られていたら、ついつい買ってしまいます。実にうまい作戦だと思います。その作戦に、まんまと引っ掛かってしまった私たちでした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 今年の英語初め | トップページ | ホットヨガ(四八六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63077667

この記事へのトラックバック一覧です: めんたいパーク見学:

« 今年の英語初め | トップページ | ホットヨガ(四八六回目) »