« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン6』 | トップページ | 春の七草粥を食べてみた »

2016.01.06

術後二年

海外ドラマ『ドクター・フー シーズン6』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 一月だというのに、とても暖かいですね。この冬は暖冬になるとは聞いていましたが、ここまで暖かいとは思いませんでした。寒い冬が懐かしいような気もしてしまいます。

 そろそろ、巨大な子宮筋腫を取り出すために、子宮全摘手術を受けてから丸二年になる。二年前の今頃は、年末年始の休暇明けに二日ほど出勤して、手術の前日に入院した

 当時のことを思い返してみると、心に深く残っていることがいくつかある。まずは手術のあと、三連休を挟んでいたために、担当医がわざわざ休日出勤をして、私の様子を毎日、診に来てくださったことだ。今日、仕事をしながら、そのことをふと思い出して、つくづく有り難いことだと思った。当時、そのことについて担当医にお礼を言うと、私のほうが手術をしていただいているにもかかわらず、担当医は、
「いえいえ、手術をさせてもらっているので、三連休でも診させてもらいますよ」
などとおっしゃった。当時の私は、三連休を挟むほうが、仕事を休む日数が少なくなるので有り難いと考えていた。しかし、私がその選択をしたことにより、私の選択をカバーしてくださる方が必要になったのだとわかった。

 同じ病室に入院していた方たちは、深刻な病気を抱えていらっしゃる方も何人かいらっしゃった。私の隣のベッドに入院されていた方は、おそらく子宮肉腫だったのだと思う。夜に、心の奥底から沸き上がって来る辛さをこらえ切れずに、声をあげて泣いている声が隣のベッドから聞こえて来た。その声を聞いたとき、私は、肺がんだった母の辛さなど何一つわかってはいなかったのだと思い知った。

 その方は、手術されたあと、かなり痛がっていらっしゃった。単に子宮を全摘するのと、がん細胞を取り除きながら子宮を全摘するのとでは違うのだと、私のかつての主治医であったI医師がおっしゃっていたことを思い出した。

 その方が手術をされた夜、その方のお母さまが一晩中、付き添っていらっしゃった。そのことを思うと、今でも目に涙がにじんで来る。母親から娘への献身的な愛情を感じるからだ。

 私自身が深刻な病気で入院していたわけではなかったために、その方たちとは対等な関係を築くことができず、病室で顔を合わすことがあればあいさつを交わすくらいのことしかできなかった。それでも、大きな病院での入院という経験は、私にとってはいろいろなことを考えさせてくれる貴重な時間であったとは思う。

 ガンモのリフレッシュ休暇に合わせて手術を受けたので、ガンモが毎日、お見舞いに来てくれたこともうれしかった。仕事の面でも、派遣社員でありながら、三週間もの休暇をいただけたことが有り難かった。私の手術は、ガンモのリフレッシュ休暇や仕事のタイミングなど、いろいろな条件が重なった上で実現できたのだと思っている。

 ちなみに、手術後はやはり体重が増え続けている。もともと食べるのが好きだから仕方がないのだが、そのことに関してだけは、子宮全摘手術を受けてから、喜べないことの一つである。

 手術を受けても、相変わらずお腹が冷たいので、サウナベルトを巻いてみたり、お腹にカイロを貼ったりしてお腹を温めている。お腹が冷たいために、新陳代謝にも影響が出て、大きな子宮筋腫が育ってしまったと分析しているのだが、結局、今でも私のお腹は冷たいままなのだ。

 食べる量に気を付けることができれば、私のように巨大な子宮筋腫を抱えている人たちにとっては、貧血の心配もなく、旅行に行くのも、動くのも快適であることには間違いない。だからと言って、子宮全摘手術を強く勧めるわけではない。一番いいのは、何らかの形で、一度できてしまった子宮筋腫を小さくできることだが、今のところ、その方法が見つかっていないのがとても残念なところである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m お腹が冷たいのは、姿勢によるものかもしれないと思い始めています。そして、その姿勢は、逆流性食道炎とも関係がありそうな気がしています。ちなみに、手術創は、少しずつ色が薄くなって来ました。この先も、もっと薄くなって行くのでしょうね。温泉に入るときは、お腹をタオルで隠しています。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン6』 | トップページ | 春の七草粥を食べてみた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63017246

この記事へのトラックバック一覧です: 術後二年:

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン6』 | トップページ | 春の七草粥を食べてみた »