« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン7』 | トップページ | なめてはいけない冬の北海道(4) »

2016.01.30

なめてはいけない冬の北海道(3)

海外ドラマ『ドクター・フー シーズン7』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今日はガンモと一緒に買い物に出掛けました。すると、キャンプ用品を扱うお店で、提携カードを使って買い物をすると、通常価格よりも十五パーセント引きで購入できることがわかり、店内をくまなく見て回りました。しかし、欲しいものは既にインターネットで購入してしまっているため、購入すべきものがなくて悔しい想いをしました。(笑)私はというと、別のお店の百円ショップで老眼鏡を購入し、自宅で掛けている近視用の眼鏡の上からかぶせてこの記事を書いています。やはり、この年になると老眼鏡は手放せませんね。これで、誤字や脱字も少なくなることでしょう。(苦笑)それでは、なめてはいけない冬の北海道(2)の続きをお届けしたいと思います。

 二日目の朝、ホテルの窓から外の景色を確認してみると、やはり雪が積もったままだった。雪が降ってもすぐに解けてしまう西日本とは大違いである。

 ホテルで朝食をとり、荷物をまとめてホテルをチェックアウトした私たちは、JR釧路駅へと向かった。この日は、「SL冬の湿原号」に乗車することになっていたからである。

 ところが、JR釧路駅に着いて、列車の運行状況を確認してみたところ、何と何と、私たちが乗車する予定の「SL冬の湿原号」に「運休」の表示が出ているではないか。何ということだろう。のちに、運休になってしまったのは、前日までに除雪が間に合わなかったためだということがわかった。

 仕方がないので、せっかく購入しておいた切符を払い戻していただいた。いやはや、冬の北海道をなめてはいけなかった。

 とは言え、「SL冬の湿原号」には乗車できないにしても、私たちはその日、網走に宿を取っていた。そのため、釧路から網走まで何とかして移動しなければならない。果たして、列車は動くのだろうか。不安に思いながらも、釧路の街を少し散策したあと、前日の夜に晩御飯を食べた釧路 港の屋台 | 釧路フィッシャーマンズワーフMOOのあるEGG "エッグ"(Ever Green Garden)と呼ばれる建物にやって来た。ここは、釧路 港の屋台 | 釧路フィッシャーマンズワーフMOOの反対側にある建物で、ガラス張りになっていた。そこからお土産売り場まで歩いて行き、しばらく店内を散策した。

 その後、再びJR釧路駅まで雪道を歩いて戻ったのだが、その途中の雪道に鳩がいた。雪の上を鳩が歩いているのを初めて見た気がする。私たちは鳩と仲良しなので、しばらく鳩と戯れていた。いつも何らかのお菓子を持ち歩いているガンモは、お菓子の中から鳩が喜びそうなものをちぎって鳩に与えていた。鳩は豆菓子が好きなので、おそらくガンモが鳩に与えたのも豆菓子だったのだろう。

 そして、JRの運行状況をガンモのスマートフォンで確認しながら、釧路駅前にあるお土産売り場をしばらく散策してから、再びJR釧路駅へと向かったのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、なめてはいけない冬の北海道(3)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 記事を書きながら、「SL冬の湿原号」に乗車できなかった悔しさが蘇って来ました。(苦笑)体験しようとしていたことが体験できなかったので、私たちにはそのときの記憶がありません。もし、あのとき「SL冬の湿原号」に乗車できていたら、今の私たちは、「SL冬の湿原号」に乗車したことのある私たちなのです。(苦笑)悔しいですが、自然にはかなわないということであります。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン7』 | トップページ | なめてはいけない冬の北海道(4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63143697

この記事へのトラックバック一覧です: なめてはいけない冬の北海道(3):

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン7』 | トップページ | なめてはいけない冬の北海道(4) »