« なめてはいけない冬の北海道(2) | トップページ | 「イブ持ってませんか?」 »

2016.01.25

ホットヨガ(四八七回目)

なめてはいけない冬の北海道(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は寒かったですが、交通機関の乱れもほとんどなく通勤することができました。実家のほうも、かなり寒かったようですが、大きな混乱もなく無事に過ごせたようです。あさってあたりから暖かくなるそうなので、寒暖の差に気を付けたいですね。

 一月四日月曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。定時退社日以外は、いつも少しだけ残業をしてレッスンに通っているので、最近は、この曜日のこの時間のレッスンを受けることが多い。ちなみに、私にとっては仕事始めの日でもあり、ホットヨガ始めの日でもあった。

 この時間にレッスンを受けると、シャワーを浴びて南森町店のスタジオを出るのは二十一時半頃になってしまうので、レッスン前に晩御飯を食べてからレッスンに臨んだ。また、月始めのレッスンなので、受付で水素水飲み放題を指定しておいた。

 着替えを済ませて水素水を補給し、スタジオに駆け込むと、既にレッスンは始まっていた。少しだけ残業をしてからレッスンが始まるまでわずか一時間ほどしかないので、晩御飯を食べるとなると、レッスンが行われるスタジオまで滑り込むことになる。

 出入口に近いヨガマットが空いていたので、そこに腰を下ろそうとしたものの、ヨガマットの周りがひどく濡れていて、ツルツルと滑ってしまいそうだった。その濡れ方は半端ではなかったが、出入口に近い方が換気が行われたときに涼しく感じられるので、無理にそのヨガマットにヨガタオル ヨガマット 速乾 吸水性 抜群 ホットヨガ ヨガ タオル マット ヨガラグ ダイエ…を敷いた。ヨガタオル ヨガマット 速乾 吸水性 抜群 ホットヨガ ヨガ タオル マット ヨガラグ ダイエ…は、ヨガマットの全面に敷くことができるすべり止め付きのヨガ専用タオルである。

 レッスンの参加者は六名で、レッスンを担当してくださったのは、この曜日のこの時間にいつもレッスンを担当してくださっているインストラクターである。

 むくみのせいか、今回はなかなかうまくポーズを取ることができなかった。おまけに呼吸も浅くなっていた。

 一つ気付いたのだが、私の身体が丸太のように硬いのは、背骨が柔軟でないことが原因のようだ。というのも、インストラクターの取っている猫のポーズを観察していたのだが、私は背骨が下向きには少し反るものの、山の形にはなかなかできないのである。しかし、インストラクターの猫のポーズはきれいな山の形をしていた。そのことに気が付いたとき、私は少なからずショックを受けた。おそらく、頑固な肩凝りも、背骨が柔軟でないことが原因なのだろうと悟った。

 実は少し前に、肩甲骨を柔軟にする体操をインターネットで検索して、印刷までしてあるのだが、まだ実践はしていない。そのあたりに何かヒントがありそうなのは間違いない。

 身体にむくみがあるときは、汗もあまり掻かない。満月に近いのだろうか。そう思い、月齢カレンダーで確認してみたが、決して満月に近いわけではなかった。

 シャワーを浴びようとしていると、私が取った足拭きマットが最後の一枚であることがわかった。これは受付のスタッフに知らせておくべきだろう。受付は一階なので、二階にあるロッカールームに内線電話でもあればすぐに伝えられるのにと思った。帰りに受付でそのことを伝えようと思い、ロッカールームを出ようとすると、レッスンを終えた方たちが何人かロッカールームに入って来られた。「ああ、この方たちの足拭きマットがない」と思った私は、できるだけ早く受付に行こうと思った。すると、スタッフ専用のドアが開いていて、そこにスタッフがいらっしゃるのが見えたので、
「足拭きマットがもうないですよ。さっき、レッスンを終えられた方たちが入って行かれたので、その方たちの分がないかもしれません」
と言った。スタッフは、
「ああ、ありがとうございます」
と言って、急いでロッカールームに足拭きマットの補充に行かれた。

 しかし、これを書きながら思うのだが、南森町店のスタジオにレッスンに通っていらっしゃる方たちは、勝手知ったる何とかで、予備の足拭きマットの場所をご存じなのかもしれない。かくいう私も、梅田店のスタジオの足拭きマットの予備がどこにあるのかを知っているからだ。

 受付に行くと、店長さんがいらっしゃったので、新年のごあいさつをさせていただいた。最近、南森町店に足繁く通っている理由として、
「自分の好きなレッスンに通おうと思い、少しだけ残業してからレッスンに通っているので、駅から近いほうが通い易いんです」
と言うと、店長さんは私を歓迎してくださった。そう言えば、最近、まったくと言っていいほど、梅田店のスタジオに足を運んでいない。店長さんも、梅田店のスタジオについて、
「JRだと駅から遠いですよね。やっと着いたと思っても、まだ階段がありますしね」
などとおっしゃっていた。私は、
「そうです! そうです! その通りです!」
と言って、大いに同意したのだが、身体を動かすことを厭わない店長さんでさえそのように思っていらっしゃるのだから、身体を動かすことを億劫に感じている私がそう思っていても不思議ではないのだと安心したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 肩凝り解消のためにインターネットで検索して印刷しているのは、「肩甲骨はがし」という体操です。「肩甲骨はがし」なんていう言葉を初めて知りましたが、インターネットを検索すると、いろいろ出て来るのですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« なめてはいけない冬の北海道(2) | トップページ | 「イブ持ってませんか?」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63004315

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四八七回目):

« なめてはいけない冬の北海道(2) | トップページ | 「イブ持ってませんか?」 »