« 初めての車中泊 | トップページ | 映画『イントゥ・ザ・ワイルド』 »

2015.12.31

癒しの猫カフェ

初めての車中泊の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ガンモは元日から仕事の当番の予定が入っているため、私の実家に一泊したあと、一足先にカングーに乗って帰宅しました。無事に着いたと連絡があったので、安心しています。さて、今日は大晦日ですね。今頃、テレビを観て過ごされている方が多いのではないでしょうか。今年も一年、「ガンまる日記」をご愛顧くださいまして、本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。どうか皆さんも、良いお年をお迎えくださいね。

 今月のとある週末に、ガンモとキャンプに出掛けた帰りに、友人宅に寄らせてもらった。同じ県内に住んでいるというのに、片道百キロ以上離れているためか、お互いに気合を入れなければ、ほとんど会うことができない。今回は、彼女の住んでいる市にキャンプという用事を作って、ガンモと一緒に出掛けたのだった。

 彼女は、家の中で五匹の猫を飼っている。どの猫も、彼女が保護した猫で、彼女と深い縁がある猫たちばかりである。彼女はそれらの猫に避妊手術を施して、それぞれに愛情を傾けている。猫たちはみんな毛並みがきれいだった。

 私たちが家の中に入ると、猫たちは驚いた様子で、あっという間に持ち場から散り、少し離れたところから私たちを観察していた。それでも、こたつの中に入ってくつろいでいる猫もいた。ベッドの下にいた大きな猫は、百音(もね)だった。百音は、彼女の家に来たときは子猫だったようだが、どんどん大きくなり、今では怪傑ライオン丸のように首周りの毛がふさふさしている。

Nekocafe0

Nekocafe2

百音(もね)

怪傑ライオン丸 オープニング

 百音は、とても存在感のある猫で、間近で見るとびっくりするくらい大きい。私たちがこたつに入り、しばらく友人と話し込んでいると、ベッドの下からのそのそと出て来て、私たちに見向きもせずに私たちの横を素通りして行った。マイペースな猫なのである。

 そんな百音が、とうとう私たちの存在を認めてくれたのか、何時間か話しているうちに私たちの近くまでやって来て、身体を触らせてくれるようになった。こうした変化はとてもうれしい。

 また、最初から、それほど警戒心が強くない猫もいた。真っ白な琥珀(こはく)である。琥珀は私たちに、とても友好的に接してくれた。

Nekocafe1

琥珀(こはく)

 こたつの中に入っていたのは、子音(しおん)である。トラ猫の子音は、猫のキャラクターとして描かれる絵にそっくりの猫だった。

Nekocafe3

子音(しおん)

Nekocafe4

百音(もね)(左)と子音(しおん)(右)

 黒猫の風太は、最後まで私たちに気を許してはくれなかった。いったん、私たちの前に姿を現したかと思うと、部屋のどこかに隠れてしまい、しばらく姿を現さなかった。ガンモは、
「黒猫が、この部屋のどこかに居たはずだ。絶対、部屋の中から出てないと思う」
と言って、部屋の中にいるはずの風太を探し回っていたのだが、なかなか見付からなかった。ときどき、開いている押し入れが動くので、きっと押し入れの中にいるのだろうと思っていたものの、探してもなかなか見付からなかった。

 ところが、友人が押し入れの中を探してくれたところ、押し入れの中の籠の中に風太が身を潜めていたことがわかった。ガンモは、その籠の中も確認しようとしたらしいのだが、そこに風太がいることがわからなかったようだ。風太が籠の中にいることがわかったので、しきりに外に出て来るように呼び掛けたのだが、私たちが帰る頃になっても、とうとう風太は出て来なかった。

Nekocafe5

風太(ふうた)

 そして、もう一匹、ののという比較的小さめの猫がいた。その猫も、私たちのことを警戒していて、押し入れの中に逃げ込んだまま出て来なかった。

Nekocafe6

のの

 とまあ、このような猫カフェ状態で、彼女といろいろな話をしたのだが、人間が動物に癒されることの意味を知ったような気がする。彼らは人間のことをずっと気に掛けてくれるわけではなく(いわゆる、「面」の付き合いではない)、自分たちのペースで傍に寄り添ってくれているのだ(「点」の付き合い)。ただ彼らが存在するだけで癒しになっているのである。

 それと、友人と、人間としての相性の良さを実感した。多くのことを説明しなければわかってもらえない場合もあるが、それは、前提条件が異なっている場合のことである。しかし、彼女とは、前提条件が近いので、多くのことを説明しなくても、感覚でわかり合える部分が多いのである。それがまた癒しにもなった。

 ガンモも私も、猫カフェでずいぶん癒された。また用事を作って、彼女の街まで出掛けて行こうと思っている。とても楽しいひとときをありがとう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 風太は、私たちが帰ったあと、すぐに押し入れから出て来たそうです。(苦笑)もともと友人と私は同じアーチストのファン仲間なのですが、三十年ほど前に、出会ったその日に同じホテルのツインルームに泊まった仲なのでした。おそらく直感で引き合ったのだと思いますが、その直感は決してぶれてはいなかったと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 初めての車中泊 | トップページ | 映画『イントゥ・ザ・ワイルド』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62977747

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しの猫カフェ:

« 初めての車中泊 | トップページ | 映画『イントゥ・ザ・ワイルド』 »