« ホットヨガ(四七五回目) | トップページ | ホットヨガ(四七六回目) »

2015.12.01

養命酒 駒ヶ根工場 健康の森でランチを食べる

ホットヨガ(四七五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ゆうべ遅くに、熊本から無事に帰宅しました。我が家から伊丹空港までは、直線距離では近いのですが、交通の便が悪くて困ります。帰りは宅配便で荷物を送らなかったので、重い荷物を抱えて、乗り換えだけでヘトヘトになってしまいました。それでも、無事に帰宅することができて良かったと思います。さて、旅行の記事がたまっていますので、これからしばらく、先々月の十月に出掛けた長野県行きの旅行記をお届けしたいと思います。またいつものように、途中でいろいろな記事を織り交ぜて行きますので、気長にお付き合いくだされば幸いです。

 今年もフレンチブルーミーティングに出掛けるために、午前中のうちに家を出た私たちは、途中の養老サービスエリアでひとまず休憩を取った。少し前に、友ヶ島に出掛けたときに、ガンモの靴底が両方ともぺろりと剥がれてしまい、かなり苦労しながら友ヶ島を脱出した思い出があるのだが、今回、ガンモは、勇敢にも友ヶ島で履いていたのと同じタイプの靴を履いて来た。靴底が剥がれてしまった靴と同じ時期に購入したもので、同じような保管状態だったものだ。果たしてガンモは、この靴を、旅の終わりまで履いていられるのだろうか。

 まず、私たちが向かったのは、長野県の駒ヶ根市である。家を出たのは、フレンチブルーミーティングの開催前日だったが、駒ヶ根で一泊する予定だったのである。

 我が家から駒ヶ根市までの距離は、我が家から愛媛県の松山市くらいまでの距離とほぼ同じらしい。それならば、それほど遠くはなさそうだった。実際、午前中に家を出た私たちが駒ヶ根市に着いたのも、ちょうどお昼時だった。駒ヶ根市には、養命酒の駒ヶ根工場があり、その中にカフェがあるので、そこで昼食をとることになった。

 養命酒の駒ヶ根工場の駐車場にカングーを停めて歩き始めると、左手にお蔵のような建物があった。その中に入り、売店を通り過ぎると、カフェがあった。信州十四豚カレーかワンプレートランチを選べるようになっていたので、ガンモは信州十四豚カレーを、私はワンプレートランチを注文した。また、それぞれ追加でデザートも注文した。

 食事をするところはテラスになっていて、自然を感じながらとても気持ち良く食事をすることができた。森の中にあるカフェといった表現がぴったりだった。運ばれて来た食事も自然を意識したヘルシーなものだった。私が注文したワンプレートランチは、五品の旬の食材で構成されていた。

 カフェで昼食をとって満足した私たちは、いよいよ養命酒の駒ヶ根工場見学へと向かったのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、養命酒 駒ヶ根工場 健康の森でランチを食べるをご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 養命酒を製造している工場の中にあるカフェということで、食材へのこだわりが感じられました。身体にいいものを食材として選び、身体にいい形で提供してくださっているような、そんなカフェでした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四七五回目) | トップページ | ホットヨガ(四七六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62789512

この記事へのトラックバック一覧です: 養命酒 駒ヶ根工場 健康の森でランチを食べる:

« ホットヨガ(四七五回目) | トップページ | ホットヨガ(四七六回目) »