« 映画『マイ・インターン』 | トップページ | フレンチブルーミーティング2014(3) »

2015.11.07

フレンチブルーミーティング2014(2)

映画『マイ・インターン』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日、欧米人の方たちとお話をする機会があり、趣味は何かと聞かれ、旅行することと写真を撮ることとキャンプだと答えました。彼らは子供の頃から度々キャンプに行っているようでした。キャンプのときに見上げる星がとてもきれいだともおっしゃっていました。本当にその通りで、自然の多い地域に出掛けると、星がとてもきれいです。これからは、欧米人の方たちとお話するときには、キャンプの話題を持ち出すことにします。(笑)それでは、去年のフレンチブルーミーティングの記事を書かせていただきますが、その前に、フレンチブルーミーティング2014(1)の記事に続く過去の記事、車山の山頂に登ると連動した旅行記を作成しました。これからお届けする記事は、車山の山頂に登るの続きになりますが、先日もお伝えしたように、ガンまるコムサーバがダウンしたままですので、記事の中に埋め込んでいる画像は表示されていません。ガンまるコムサーバの復旧までもうしばらくお待ちください。

 車山の山頂に登ったあと、私たちはフレンチブルーミーティングの受付を済ませて、フレンチシネマ上映会の会場へと移動した。フレンチシネマ上映会では、それほど広くはない会場に黒幕が張られ、毎年フランス映画が上映されている。このとき上映されたのは、ブリジット・バルドー主演の映画『素直な悪女』である。若くて美しかったブリジット・バルドーが、男たちをふにゃふにゃにして行く作品と言っても過言ではない。

 映画『素直な悪女』を鑑賞したあとは、抽選会が行われた。スタッフが箱の中から引いたくじに、フレンチシネマ上映会の入場券に印刷された整理番号が書かれていれば当選という仕組みだった。何とその抽選会で、ガンモはアウトドア用の椅子を当てた。このときはまだキャンプを始めていなかったのだが、あたかも一年後の私たちを予想していたかのような当選だった。

 フレンチシネマ上映会の会場を出て、私たちはその日に宿泊するペンションに移動した。前日に泊まったペンションは、フレンチブルーミーティングとは何の関係もなかったのだが、この日に泊まったペンションは、フレンチブルーミーティングと連携している車山高原のペンションで、ペンションの宿泊費の中に、フレンチブルーミーティングの前夜祭の参加費が含まれているのである。ちなみに、フレンチブルーミーティングの前夜祭は、十九時半頃から行われるため、宿泊しているペンションでは、少し早めの十七時半から夕食をいただくことになっていた。ちなみに、私たちが宿泊したペンションは、全体が幼稚園のようなペンションだった。

 夕食のあと、私たちは支度を整えて、ペンションの近くから発着している前夜祭の会場行きの無料送迎バスに乗り込んで、前夜祭の会場まで移動した。まずは、茅野市の副市長が乾杯の音頭を取ってくださった。やはり、御嶽山の噴火のことなどを話題にされ、天災の多い年だとおっしゃっていた。前夜祭の会場では、おつまみや軽食類が食べ放題、アルコール類やソフトドリンク類も飲み放題なので、ペンションで出される夕食も軽めのもので良かったのだが、ペンションとしてはきちんとした夕食を出したいようだった。実は、前夜祭の会場で楽しみにしているのは、信州そばである。量はそれほど多くはないのだが、食べている瞬間に、信州を味わうことができるのだ。

 私たちは、おつまみをつまみながら、アルコール類もたしなみ、ステージで行われる演奏も楽しんだ。ステージでは、レオナさんのタップダンスや田ノ岡三郎さんのアコーディオン、Reina Kitadaさんのヴァイオリン、プリン体ちゃん(毎回、名前が変わっている)の歌などを聴くことができた。

 ちなみに、プリンタ体ちゃんは、かつてバゲット・バルドーとして活躍していたトースティーという女性アーチストだと思う。

 そのトースティーは、二〇一二年のフレンチブルーミーティングでは、蚊取りドヌーブとして出演していた。

 前夜祭の会場でも、入口で配られた入場券に印刷されている整理番号を対象に、抽選会が行われたのだが、今回はさすがに何も当たらなかった。それでも私たちは、とても満足して、帰りの無料送迎バスに乗り込んだのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、フレンチブルーミーティング2014(2)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ブリジット・バルドーは、現在八十一歳です。私自身を振り返ってみても、若い時期はほんの一瞬だったなあと感じます。今は若くても、いつかはみんな年を重ねて行くものです。だからこそ、今しかできないことを大切にして行きたいものですよね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『マイ・インターン』 | トップページ | フレンチブルーミーティング2014(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62630467

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチブルーミーティング2014(2):

« 映画『マイ・インターン』 | トップページ | フレンチブルーミーティング2014(3) »