« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン3』 | トップページ | ようやくアウトプットにこぎつけた »

2015.11.18

ホットヨガ(四七三回目)

海外ドラマ『ドクター・フー シーズン3』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日も外国人の方たちとお話をする機会があり、たまたま、「"DOCTOR WHO"を知っているか?」と聞かれたので、私は興奮気味に、「知っています! 私、それが好きなんです!」と答えました。何代目のドクターが好きかとか、そういう話にもなり、何だかわくわくしました。私はまだシーズン4を鑑賞中ですが、リアルタイムではもっと先のシーズンまで進行中です。

 十月二十一日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの梅田店のスタジオで、六十分の脂肪燃焼コースのレッスンを受けた。月五回の月会費制会員だというのに、今回のレッスンで、十月はまだ二回目なのだ。というのも、十月は水曜日が四回しかないというのに、そのうちの一回に別の予定を入れてしまったためである。そこで、今回は二レッスン受けることにしたのだ。

 受付で二レッスン受けることを告げて、バスタオルとフェイスタオルのセットを二セット受け取った。

 二レッスン受けることにしていたため、すべてのレッスンを終えてから晩御飯を食べると夜遅くなると思い、レッスン前にコンビニでサンドイッチを買って、梅田店のスタジオ近くにある椅子に座って食べておいた。

 着替えを済ませ、水素水を補給して、バスタオルとフェイスタオルを二セット持参したまま脂肪燃焼コースのレッスンが行われるスタジオにっ入った。

 レッスンの参加者は女性ばかりの十六名で、レッスンを担当してくださったのは、先ほど受付でお目に掛かったインストラクターだった。

 レッスン前に食事をすると、逆流性食道炎のために、レッスン中に不快に感じることが多かったのだが、サンドイッチだけの夕食だといつもの不快な感じは起こらなかった。あまり食べ過ぎないようにすることが大切なのかもしれない。また、次にもう一レッスン控えていたので、できるだけ無理をしないようにレッスンを受けた。

 レッスン中に、これまで感じていた足のむくみがなくなっていることに気が付いた。先日まで、下半身のむくみがひどかったのだが、あることに気が付いて改善したところ、むくみが解消された。そのあることというのは、積極的に緑茶を飲むということである。

 私はかなりの緑茶好きなのだが、夏の間は粉末の緑茶に氷を入れて飲んでいた。秋になると、その粉末の緑茶を、自宅の冷蔵庫で作っている常温の水素水に溶かして飲むようになったのだが、何となく飲み心地が悪かったので、次第に緑茶自体を飲まなくなってしまったのだ。むくみが始まったのは、確かその頃からだと思う。緑茶を飲むと、身体の余分な水分がどんどん排出されていたのだが、緑茶を飲まなくなった途端、下半身がみるみるむくんで来たのだ。それで、再び緑茶を飲むようになったというわけだ。ただ、夏に飲んでいた粉末の緑茶ではなく、時にはティーバッグだったり、お茶の葉から入れたりしたものに切り替えた。

 脂肪燃焼コースのレッスン中、前にかがみ込むのと同時に、後ろで組んだ手を背中の上のほうに上げるポーズがあるのだが、このポーズが毎回、うまく行かない。身体が硬いのである。おそらく、首や肩の凝りがあるために、上半身が硬いからだと思う。首や肩の凝りを取るには、足腰を鍛えて、身体の重心を落とす必要があるようだ。

 脂肪燃焼コースのレッスンが終わったとき、「ああ、このままシャワーを浴びてのんびり着替えをしたいなあ」という欲望に駆られたのだが、十分後にもう一レッスン控えていたので、重い身体を引きずりながら、スタジオを出たのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 緑茶を飲むと、トイレに行く回数が多くなります。身体の余分な水分を排出してくれているのでしょうね。むくみがあるという方は、どうぞお試しください。免疫力を高めてくれる効果もあるようですので、身体にもいいみたいですよ。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン3』 | トップページ | ようやくアウトプットにこぎつけた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62523768

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四七三回目):

« 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン3』 | トップページ | ようやくアウトプットにこぎつけた »