« ホットヨガ(四七一回目) | トップページ | 直感に従えば »

2015.11.10

海外ドラマ『ドクター・フー シーズン2』

ホットヨガ(四七一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ここのところ、ずいぶん暖かいと思って油断していたら、今夜あたりから冷え込みが厳しくなりましたね。明日は、半袖で出勤するのは難しいかもしれません。(笑)

Doctorwhoseason2

 BBCのテレビドラマ、"DOCTOR WHO"にどっぷりはまっている。少し前に、海外ドラマ『ドクター・フー シーズン1』の記事を書いたばかりだが、あれから順調に鑑賞が進み、今はシーズン3を鑑賞している。U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドで鑑賞することもあれば、FC2動画で鑑賞することもある。U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドのほうは、字幕版に統一されているのだが、FC2動画のほうは、一般ユーザによって公開されている動画なので、吹き替え版だったり字幕版だったりと様々だ。

動画:ドクターフーS2-5

FC2動画:吹き替え版

 シーズン2には、デイヴィッド・テナント演じる十代目ドクターが登場する。シーズン1のクリストファー・エクルストン演じる九代目ドクターに慣れてしまっていたので、最初はやはり戸惑いがあったものの、今ではもうすっかり馴染んでいる。現在、私が鑑賞しているシーズン3において、デイヴィッド・テナントがドクターを演じ続けている。

デイヴィッド・テナントがが演じる十代目ドクター

 シーズン2になると、ドクターと一緒に時空を旅する人間の女性ローズ・タイラーとの関係も密になり、ローズの母ジャッキー・タイラーやローズのかつての恋人ミッキー・スミスまでドクターと親しくなって行く。私は、ローズのお母さんのジャッキー・タイラーが好きだ。彼女には、本当にロンドンの下町のお母さんという雰囲気が漂っている。イギリスにはドクターが実在していて、ローズやジャッキー、それからミッキーまでもが、本当にドクターを取り囲んでいる人たちのように見えて来る。ドクターとローズが時空を超えて旅をする物語もいいのだが、現代に戻り、ジャッキーやミッキーたちと会話をするシーンも庶民的で実にいい。

 とは言え、ドクターとの旅は、命の危険にさらされることも多く、単に好奇心だけでは済まされないものがある。しかし、どんなに危機的な状況に陥ったとしても、必ず生還できるところが面白さの秘密だろう。そんなドキドキハラハラの連続だからこそ、現代に生還できた喜びも大きいはずだ。

 ドクターが九代目から十代目に再生したように(ドクターは長生きするために、時々再生する。その度に、顔は変わっても、中身は同じであるという設定である)、パートナーの女性との別れも描かれている。シーズン2の最終話は、涙なしにはとても鑑賞できなかった。一緒に過ごす時間が濃厚であればあるほど、別れは辛いものになる。しかも、それが愛のための選択だったからこそ、余計に涙を誘う。現実的には、同じ登場人物で長期に渡り、ドラマを作り続けて行くのが困難であることが原因なのだろうが、それでも物語として、あまりにも素晴らし過ぎる。

 "DOCTOR WHO"のタイトルしか知らなかった頃は、何故、五十年以上も放送され続けている人気番組なのかまったくわからなかった。しかし、今ならその人気の秘密がはっきりとわかる。五十年以上も続いているというのに、内容がマンネリではなく、毎回、面白いのだ。以前、登場したキャラクターを再登場させるのも良い。だから、続きがあれば、いつまでも観てしまう。もし、この放送をリアルタイムで観るのだとしたら、私は次の放送まで待ち切れないかもしれない。そういう意味で、インターネットで海外のテレビドラマが見られるようになった今の時代に深く感謝しているのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 海外ドラマは、映画と違って上映時間が短いので、無料の動画サイトで鑑賞するには最適です。平日でも鑑賞できるので、どんどん鑑賞が進んでいるというわけです。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四七一回目) | トップページ | 直感に従えば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62654005

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン2』:

« ホットヨガ(四七一回目) | トップページ | 直感に従えば »