« フレンチブルーミーティング2014(2) | トップページ | ホットヨガ(四七一回目) »

2015.11.08

フレンチブルーミーティング2014(3)

フレンチブルーミーティング2014(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はあいにくの雨でしたが、ずいぶん暖かい一日でしたね。まだ薄着で過ごせるのでとても過ごしやすいですが、また急に寒くなったりしないか、冷や冷やしています。(苦笑)それでは、フレンチブルーミーティング2014(2)の続きを書かせていただきます。

 前夜祭から一夜明けて、朝食の前に、ロッケリーと呼ばれるペンションの離れに足を運んでみた。もともとここは、外の植物を観察するために造られた部屋のようだったが、仲間たちや家族と一緒に楽しめるスペースになっていた。

 朝食は、おいしいフレンチトーストをいただいた。フレンチトーストがあまりにもおいしかったので、遠慮なくおかわりをいただいた。ペンションは、フレンチブルーミーティングでほぼ満室の状態だったが、若いご夫婦だけで切り盛りされていた。

 朝食のあとは部屋に戻り、荷物をまとめてペンションをチェックアウトした。とは言え、実は、宿泊料金に五百円を加算すれば、ペンションで昼食を食べられることになっていたので、昼食もお願いしておいた。そのため、ペンションをチェックアウトしてすぐにフレンチブルーミーティングの会場に向かったものの、お昼ご飯を食べるためにもう一度、ペンションに戻ることになった。

 前夜祭はお酒を飲むので、ペンションの近辺から無料送迎バスが発着していたのだが、この日はお酒を飲むようなイベントもなかったので、フレンチブルーミーティングの会場へは、カングーで出掛けた。フレンチブルーミーティングの広い駐車場にカングーを停めると、会場内にあるショップやフリーマーケットを見て回った。中には、普段よりもかなりお得な価格で商品を販売しているショップもあったので、喜んで利用した。例えば、シトロエンのショップでは、パリの地図入りサンシェード(フロントガラス用)がわずか二百円だったのですかさず購入した。また、サンダルも一足二百円で売られていたので、ガンモとおそろいで二足購入した。

 十時からは、世界の医療団とのコラボトートバッグが一つ二千円で販売されるというので、長い待ち行列に並んで無事にゲットした。このコラボトートバッグは、毎年人気の商品で、すぐに売り切れてしまうのだ。

 屋外に設置されたステージでは、前夜祭と同じく、ヴァイオリンのReina Kitadaさん、タップダンスのレオナさん、アコーディオンの田ノ岡三郎さんらが演奏と踊りで楽しませてくれた。

 近場の会場内をひととおり楽しんだ私たちは、昼食をとるためにペンションに戻った。いったんチェックアウトしたペンションに戻るのは、何となく気恥ずかしいものだが、他の利用客もいらっしゃったので大丈夫だった。昼食は、サラダ付きのカレーだった。飲み物も付いた昼食を五百円で食べられるのだから、ずいぶん割安だと思う。

 フレンチブルーミーティングは、そのあとも続く予定だったが、次の日は仕事の予定だったので、私たちはペンションでの昼食のあと、途中で寄り道をしながら帰路についたのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、フレンチブルーミーティング2014(3)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m フレンチブルーミーティングは、当日よりも、前夜祭のほうが盛り上がります。(苦笑)当日は、十五時からビンゴゲームが開催されるのですが、ビンゴゲームが終わってから帰ろうとすると、深夜の帰宅になってしまうので、昼食を食べてから帰路につくようにしています。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« フレンチブルーミーティング2014(2) | トップページ | ホットヨガ(四七一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62640969

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチブルーミーティング2014(3):

« フレンチブルーミーティング2014(2) | トップページ | ホットヨガ(四七一回目) »