« ルーフバルコニーでテント生活 | トップページ | ホットヨガ(四六七回目) »

2015.10.16

天然ヘナと格闘する

ルーフバルコニーでテント生活の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は休暇を取って、ガンモと一緒に長野県にやって来ました。はい、そうです。長野県でテントを張っています。(苦笑)今、テントの中の温度は十五度くらいですが、暖かい寝袋と電気式のファンヒーターと電気敷毛布があるので、寒い朝も大丈夫だろうと思っています。

 先週の三連休に天然ヘナをしなかったので、今日からの三連休に備えて、ゆうべのうちに天然ヘナをした。まず、水曜日の定時退社日を利用して、髪の毛をカットしておいた。美容師さんから、またしても、
「いい色ですね」
と褒めていただいたのだが、やはり白髪が多いので、毛染めを薦められた。天然ヘナで染めると、美容師さんに受けがいいようである。

 昨日、仕事から帰宅したあと、月に一度のペースで天然ヘナをし続けるのが面倒だと思う気持ちは変わらなかったが、せっかく髪の毛もカットしたので、休暇前にとうとう重い腰を上げたというわけだ。

 まず、天然ヘナをぬるいお湯で溶き、ハニーポットに入れた。そして、髪の毛を洗い、タオルで拭き取ったあと、ハニーポットに入れた天然ヘナを頭のてっぺんから垂らして行った。ところが今回は、天然ヘナを溶くときの水分量が足りなかったのか、かなりの量の天然ヘナを溶いたはずなのに、ハニーポットからなかなか出て来なかった。私は、旅行の準備も控えていたので、白髪染めの作業がうまく行かないことにイライラしてしまった。

 そして、そもそも白髪染めに天然ヘナを利用しているのは、子宮を守りたいためではなかったのか、ということを思い出した。私にはもう、守るべき子宮はないのだから、もっと手っ取り早く染められる化学染料を使ってもいいのではないかと思い始めた。と同時に、化学染料を頭に塗ったときの、あの嫌な感じも思い出した。あれはまさしく、身体が抵抗している証拠だった。そう思うと、やはり天然ヘナを使って白髪染めを続けようと思い直した。

 しかし、先日の三連休のときも、なかなか重い腰が上がらなかったし、今回もしぶしぶ白髪染めを始めたので、天然ヘナに適した日ではなかったのかもしれない。天然ヘナを溶く水分量が少なかったことが原因で、天然ヘナがハニーポットからなかなか出て来なかったために、知らず知らずのうちに圧力が掛かってしまったのだろう。思わぬところで天然ヘナがハニーポットから飛び出して、私の顔やらそのとき着ていた服などの上に大げさに垂れてしまった。私は、天然ヘナと絶交したい気持ちだったが、残った天然ヘナを冷静に頭に塗り込み、日本てぬぐいとターバンを巻き、その上からシャワーキャップをかぶると、汚れた服を脱いで洗っておいた。

 そして、そのままテントで一夜を明かしたのだが、寝ている途中に天然ヘナを包む日本てぬぐいとターバン、そしてシャワーキャップが何度も外れてしまい、その度に頭に巻き直した。しかし、そんな努力もむなしく、今朝、目覚めてみると、やはり天然ヘナを包んでいたものは私の頭から外れてしまっていたのだった。おそらく、テントの中が寒くなっていたので、厚着をしたことが原因だろうと思う。夜中に何度も目が覚めたのも、暑かったからだろう。

 それでも、今朝、洗い流してみると、ちゃんときれいに染まっていた。これだから、やはり天然ヘナはやめられない。天然ヘナの牧草の匂いを、長野県に振り撒いて帰ろうと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 一緒にカングーに乗っているガンモに、天然ヘナが匂うかどうか聞いてみたのですが、匂わないと言っていました。私自身はその匂いを感じるのですが、余程近付かない限り、匂わないのかもしれません。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ルーフバルコニーでテント生活 | トップページ | ホットヨガ(四六七回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62482263

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ヘナと格闘する:

« ルーフバルコニーでテント生活 | トップページ | ホットヨガ(四六七回目) »