« ホットヨガ(四六二回目) | トップページ | 映画『ムカデ人間3』 »

2015.09.23

白鹿(はくしか)酒蔵(さかぐら)館と西宮市貝殻館

ホットヨガ(四六二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。ゆうべは、渋滞のために高速バスの到着が一時間ほど遅れてしまいました。それでも、交通量の多い中、無事に移動することができて良かったと思います。今日はシルバーウィークの最終日でした。皆さんのシルバーウィークはいかがでしたでしょうか。今日は、日中は暑かったようですが、今はとても涼しい風が吹いています。朝晩の気温差が激しくなって来ましたね。季節の変わり目ですので、体調管理に気を配りたいものですね。さて、せっかくのシルバーウィークですので、できるだけ過去に撮影した写真の整理をしておきたいと思います。今日も、旅行アルバムと連携させた記事を書かせてください。今から一年前の出来事になります。

 去年の九月二十七日土曜日、何となく思い立って、ガンモと二人で兵庫県西宮市にある白鹿(はくしか)酒蔵(さかぐら)館西宮市貝類館を訪れた。今回は、そのときのことを書かせていただこうと思う。

 白鹿酒蔵館は、西宮市で造られている「白鹿(はくしか)」というお酒メーカーの酒造りの工程を展示した博物館である。こうした博物館を見学すると、入館記念にお酒をいただけるものだが、私たちは飲兵衛ではないので、決してお酒目当てで訪れたわけではない。あくまで社会見学のためである。ちなみに、このときにいただいた日本酒は、ガンモの分も合わせて二本とも父にあげた。

 白鹿酒蔵館では、酒造りの工程の展示物のほか、酒造りに使われていた道具なども展示されている。普段、あまり意識したことのないプロセスを見学することができて、とても有意義な見学となった。

 続いて、同じ市内にある西宮市貝類館へとカングーを走らせた。西宮市貝類館は、白鹿酒蔵館よりもやや海寄りにある。ここには、いろいな貝殻が展示されているのだが、職員の手作りと思える万華鏡がいくつもあり、貝殻の模様を万華鏡を通して楽しむことができるのが特徴である。入場料を支払って入場すると、記念にと、貝殻をいただいた。

 西宮市貝類館には、ほら貝の体験コーナーもあり、ほら貝を吹くことができた。ただ、他の来館者も同じほら貝を吹いているので、除菌用のアルコールで口元をきれいに拭いてから吹くことになる。他の来館者も吹いているということで、私たちも最初は抵抗があったのだが、ほら貝を吹くチャンスなど滅多にないと思い、思い切って口元を除菌用のアルコールで丁寧に拭き取り、息を吹き掛けてみたのだった。しかし、これがなかなか難しく、映画のようには音が出なかった。

 いくつもの手作りの万華鏡からもわかるように、西宮市貝類館は、全体的に手作りの技が光る博物館だった。貝に関して世の中に伝えたいことが伝わって来て、貝への深い愛情を感じたのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、白鹿(はくしか)酒蔵(さかぐら)館と西宮市貝殻館をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m たまにこうして博物館巡りをするのもいいですね。お酒や貝に触れるときに意識するようになり、これまでとは違う形で向き合えるようになると思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四六二回目) | トップページ | 映画『ムカデ人間3』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/62340311

この記事へのトラックバック一覧です: 白鹿(はくしか)酒蔵(さかぐら)館と西宮市貝殻館:

« ホットヨガ(四六二回目) | トップページ | 映画『ムカデ人間3』 »