« Let's go to LEGOLAND!(4) | トップページ | 映画『テッド2』 »

2015.09.07

ホットヨガ(四五九回目)

Let's go to LEGOLAND!(4)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 最近の若い世代の方たちは、LINEのお友達登録数が数百人~千人以上というのが当たり前なのだそうですね。学校で同じクラスになったお友達を一気に登録するからだそうで、お友達の数がいつの間にか何百人~千人以上に膨らんでしまうそうです。私はその話を聞いて、とにかく驚きました。それほどの人数の方たちと個別に交流できるわけがありません。多数の人たちと関わって行くのは、ストレスにつながって行くような気がしますね。

 七月二十五日土曜日、ホットヨガの上野店のスタジオで、六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。初めて利用する支店だったので、地図を見て場所を確認しておいた。OIOI(丸井)に近いところにあることがわかっていたので、JR上野駅の不忍口の改札で、
「OIOIに一番近い改札はどこですか?」
と駅員さんに尋ねたところ、
「この改札を出てまっすぐ行って、横断歩道を渡って左にあります」
と教えてくださった。たまたま向かった改札口で正解だったようだ。

 ひとまず、OIOIを見付けたものの、携帯電話に表示されている地図を見ると大きな通り沿いにあることがわかった。そこで、OIOIの裏手の筋ではなく、OIOIの向こう側にある大きな通り沿いに出てみると、すぐに見付かった。

上野店のスタジオの看板

 上野店のスタジオは、私が関西地方で通っているホットヨガスタジオと同じグループ会社に属するスタジオである。かつて、溝口店や川崎店でもレッスンを受けたことがあるが、どちらかと言うと、そちらのグループに属するスタジオの支店である。ちなみに、去年の夏にレッスンを受けた銀座店は、私が関西で通っているスタジオに属する支店である。ややこしいのだが、銀座店と上野店は、関西にあるスタジオから見ると、兄妹(銀座店)と従兄弟(上野店)ほどの差があるかもしれない。とは言え、同じグループ会社のスタジオなので、相互にレッスンを受けることができるのだ。

 従兄弟のお店は、兄弟のお店よりもややこぢんまりしている。店内にあるスタジオも、一つしかないことが多い。ちなみに、スタジオの数で言うと、兄妹店である梅田店は四つ、京都店は三つ、三宮店と南森町は二つある。

 初めて利用した上野店は、入口を入ってすぐ左手にロッカールームが見えたので、私はいつも利用している振りをして、ロッカーの鍵とフェイスタオル、バスタオルを受け取った。ロッカーは、縦長タイプか横に広いタイプを選べると言われたので、
「横に広いタイプがいいです」
と即答した。

横に広いタイプのロッカー
右側に見えているのが、従兄弟店で見られる御椀型の洗面台

縦に長いタイプのロッカー
左側に見えているのが、従兄弟店で見られるシャワールームへの入口にあるカーテン

 ロッカールームを入ってすぐのところにトイレがあり、奥に行くと洗面台、その奥にロッカーが並んでいた。そして、ロッカーの裏側にはメイク台があった。洗面台は、従兄弟のお店特有の御椀型のものだった。確か、溝口店の洗面台も同じようなタイプだったと思う。

メイク台

 私がロッカールームでごそごそしていると、先ほど受け付けにいらっしゃったスタッフが飛んで来られて、
「申し訳ありません。上野店のご利用、初めてでしたね。何かわからないことがあればおっしゃってください」
とわざわざ声を掛けてくださった。私は、勝手知ったるというか、わからないことがあるために大きく戸惑うようなことはなかったので、
「ありがとうございます。大丈夫です」
と答えた。しかし、思い出したように、
「水素水は飲み放題にしているんですけど、これでいいですか?」
と南森町店のゴムのリングの付いた水素水専用ボトルを見せた。すると、受付のスタッフは、
「はい、それで大丈夫です」
と答えてくださった。

水素水飲み放題の専用ボトル

 見ると、水素水の飲み放題の会員さんたちは、梅田店や南森町店で見かける会員さんたちと同じ専用ボトルを持っていた。前期型(薄いピンク色)のものもあれば、後期型(私が使用している青いかっこいい専用ボトル)もあった。

 スタジオの数は、やはり一つだった。水素水のサーバは、受付のすぐ横にあった。受付のすぐ右奥がスタジオなので、スタジオに近いところに設置されているのだと思う。

 さて、レッスンの参加者は八名で、レッスンを担当してくださったのは、先ほど受付をしてくださったスタッフだった。私は、リラックスコースのレッスンは、関東地方のスタジオから関西地方のスタジオに伝わったレッスンであることを思い出した。その代わりと言っては何だが、関西地方は関東地方にアクティブコースのレッスンを伝えたと記憶している。私は、リラックスコースの本場である関東地方のスタジオでリラックスコースのレッスンを受けられることに喜びを感じていた。

 私自身が月会費制会員に移行してから、それほど日数を空けることなくレッスンを受けているためか、今回も汗が大量に出て来た。私は、水素水飲み放題に設定しているのをいいことに、何度も水素水を補給した。

 上野店では、レッスン中にスタジオの出入り口にあるカーテンが閉められる。そうすることで、スタジオの中が、スタジオの外の世界から隔離された空間に切り替わるのだ。

 かつては、リラックスコースのレッスンを受けると、関東地方でのレッスンと、関西地方のレッスンの違いをはっきりと感じたものだったが、今回のレッスンでは、それほど差を感じなかった。それだけ、関西地方と関東地方のインストラクターの交流が進んでいるということなのだろうか。

 左目のコンタクトレンズを紛失している状態だったので、今回も眼鏡でレッスンを受けたわけだが、イグアナのポーズのときに、片方のほっぺたをヨガマットにつけようとすると、眼鏡が邪魔になったので外した。眼鏡はホットヨガのレッスンには向かないことが多い。顔の汗をぬぐうにも、眼鏡を外してからでないときれいにぬぐえなかったりする。

 インストラクターがところどころ、ポーズを間違えてしまったのがかわいらしかった。例えば、踊るシバ神のポーズを行うときに、雷のポーズに入ろうとしたりした。踊るシバ神のポーズは、関西地方でも、インストラクターによっていろいろなバリエーションがある。例えば、右手と左手をいったんくるりと返す場合もあれば、呼吸に合わせて右手と左手を上下させる場合もある。今回の場合は、最もシンプルな踊るシバ神のポーズだった。

 汗をたっぷり掻いて、六十分のレッスンを終えた。スタジオの外に出て、しばらくぼーっとしていると、
「首を冷やすものをお持ちしましょうか?」
と声を掛けてくださった。あとでわかったことだが、声を掛けてくださったのは、上野店の店長さんだった。私は、
「ありがとうございます。大丈夫です」
と答えた。そして、そう言えば、私が通っている兄弟店でも、ずっと以前は、冷やしタオルを貸してくださっていたことがあったことを思い出した。このサービスは、いつしか終了してしまったのだが、従兄弟のお店ではこのサービスがまだ残っていたのかと驚いた。

 少し休んでからシャワーを浴びた。シャワールームの入口にカーテンがあるのも、従兄弟の店の特徴である。私が使用したシャワーは、どういうわけか、水圧が低かった。そう言えば、水素水サーバの水圧も低いような気がした。結婚前までの十一年間、東京に住んでいたが、水圧が低いと感じたことはなかった。

シャワールーム

 暑かったので、扇風機を探して座り込んだ。梅田店にあるような背の高い扇風機ではなく、背の低い、小さくても馬力のあるサーキュレーターだった。下から広範囲に風が来るので気持ちがいい。他に人がいなかったので、私は座り込んで靴下を履いた。そう言えば、上野店にはロッカールームにソファがないようだった。

小さくても馬力のあるサーキュレーター

 私は、ほとんどそのレッスンの最終退出者となった。受付にロッカーの鍵を返しに行くと、先ほど首を冷やすものを持って来てくださると声を掛けてくださった店長さんが話し掛けてくださった。その後、梅田店の店長さんの話になった。

 少しお話ししたあと、上野店の店長さんは、また来てくださいと言って送り出してくださった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 上野店の写真を勝手に撮って掲載してしまい、申し訳ありません。m(__)m でも、その分、しっかり宣伝させていただきます。(苦笑)上野店のスタジオは、上野駅から近くて、レッスンに通うには本当に便利だと思いました。だいたい、どの支店も駅から近いのですが、梅田店だけがひどく遠いのです。(苦笑)レッスン中にスタジオのカーテンを閉めるのも、何だか神秘的な感じがしました。駅から近い上に、関西地方からやって来た私に優しくしてくださいました。また訪問したいスタジオだと思いました。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« Let's go to LEGOLAND!(4) | トップページ | 映画『テッド2』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61956805

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四五九回目):

« Let's go to LEGOLAND!(4) | トップページ | 映画『テッド2』 »