« ホットヨガ(四五一回目) | トップページ | 高速バスの中の出来事 »

2015.07.17

台風の日の通勤

ホットヨガ(四五一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 台風は日本海の方に向かっているようですが、今回は、台風の影響をもろに受けてしまいした。今回は、そのことについて書いてみたいと思います。皆さんのお住まいの地域では、大きな被害はありませんでしたでしょうか? 

 おとといあたりから風が強くなっていた。寝室の温度が三十度を越えるようになってからは、エアコンを使っていたのだが、おとといの夜とゆうべはエアコンが不要なほど涼しい風が吹いていた。台風が接近していたからである。

 ゆうべは雨と風が一段と強くなったので、窓を少しだけ開けて眠ったのだが、それでも涼しかった。ただ、涼しいだけならまだ良かったのだが、通勤にも影響が出た。

 来月に予定している母の三回忌の準備のため、私は今日の仕事を終えたあと、夜行高速バスで帰省することになっていた。そのため、昨日は仕事から帰宅すると、てきぱきと帰省の準備を整えた。

 そして、今朝は五時に起きて準備を整え、ガンモと抱擁してキスを交わすと、いつもよりも二十分早く家を出た。台風の影響で電車が遅れることを予想していたのと、帰省のための荷物を大阪駅のコインロッカーに預けておきたかったからだ。

 荷物は、登山用の大きなリュックと二つの大きな手提げバッグになってしまった。それらのうち、手提げバッグの一つは通勤用である。

 雨の中、ポンチョをかぶってせっせと自転車をこぎ、雨に濡れながら自宅の最寄駅に着いてみると、やはり電車は遅れていた。しかも、これからホームに入って来ようとしている電車が発車してしまと、しばらく大阪方面の電車は来ないというアナウンスがあった。私は、何が何でも次の電車に乗りたいと思っていた。その一方で、大阪方面に向かう電車がいつも混んでいることを知っていたので、大きな荷物を抱えて混雑した電車に乗ることが他の方たちに申し訳なくもあった。

 いよいよ大阪方面行きの電車がホームに入って来た。私は、大阪駅のコインロッカーに荷物を預けてから出勤するために、何が何でもこの電車に乗る意気込みでいた。ところが、もともと私が自宅の最寄駅に着いたときに、既に長い待ち行列ができていた上に、ホームに入って来た電車はひどく混んでいた。おそらく、快速列車や新快速列車が運行していないためだろう。私は大きな荷物を抱えながら、おろおろしていたが、私がどうしてもこの電車に乗りたいと思っていても、物理的に残されたスペースがそれを許さなかった。大きな荷物のあるなしに関わらず、もはや人一人でさえも乗り込めない状態だったのだ。

 旗を降りおろし、今にも発車の合図を出そうとしている駅員さんに、
「すみません、どうしてもこの電車に乗りたいんですけど」
と泣きついた。駅員さんは、
「もっと後ろのほうが空いてますよ」
と教えてくださった。しかし、後ろのほうへ移動してみても、電車はもはや誰も乗れないほどぎゅうぎゅう詰めだった。

 電車は無惨にも、私をホームに残して発車してしまった。私は悔しさの余り顔を歪めながら、大阪方面行きの電車を見送った。

 数分後に、今度は大阪方面ではなく、四條畷(しじょうなわて)行きの電車がホームに入って来た。大阪方面には行かない電車ではあるものの、大阪駅まで歩いて行ける距離にある北新地(きたしんち)駅に停まる電車である。私は、意を決してその電車に乗り込んだ。大阪駅に近い北新地駅で降りて、コインロッカーに荷物を預けようと思ったのだ。

 有り難いことに、四條畷行きの電車は、さきほど発車した大阪方面の電車よりも空いていた。私は大きな荷物を抱えて電車に乗り込むことができたのだが、電車が動き出すと、重い荷物が身体に食い込んで来て、高血圧の私の血管を圧迫しているかのようだった。そのため、気分が悪くなりそうだったが、何とか踏ん張った。良く、電車の中で気分が悪くなった人がいたために、救護活動を行っていたというアナウンスを聞くが、その方たちも満員電車の中で重い荷物を背負っていたのかもしれないと思った。

 電車が途中の尼崎駅に停車したとき、私は再び大阪方面に向かう電車に乗り換えるチャンスに恵まれた。先に発車してしまった電車にはもはや乗れないのだが、宝塚方面からやって来た大阪方面に向かう電車に乗り換えることができるのである。しかし、宝塚方面からやって来る大阪方面に向かう電車は、なかなかホームに入って来そうになかった。

 大阪方面に向かう電車は、きっとまたひどく混んでいるのだろうし、必ず乗れる保証もないので、私は尼崎でいったん降りてみたものの、そのまま四條畷行きの電車に再び乗り込んだのである。

 今、考えれば、それですべて正解だった。何故なら、北新地駅は、利用する高速バスの乗り場から思ったよりも近かったことと、時間は掛かったものの、北新地で降りてコインロッカーに荷物を預けてホームに戻ってみると、再び四條畷方面の電車がホームに入って来たからだ。しかも、その電車は空いていた。おそらく、尼崎始発の電車だったのだろう。疲れていた私は、もちろんシートに腰を下ろした。何はともあれ、コインロッカー荷物を預けることができてやれやれである。

 オフィスに着いたのは、いつもよりも二十分ほど遅い時間だったが、私はいつも始業の三十分前に出勤しているので、遅刻せずに済んだ。しかし、出勤している人の数は圧倒的に少なかった。いなかのオフィスに近いところから通っている人たちも多いため、通勤に影響が出ているようだった。

 結局、電車が動いていないために休暇を取られる方がいたり、体調不良の方がいたり、電車が遅れているために休暇を取りたいと申し出る方たちがいたのだが、そのうち、電車が遅れているために休暇を取りたいという方たちは遅れて出勤されることになった。

 遅れて出勤された方たちは、通勤だけでぐったり疲れていたようだった。JR線がこのような状況だったので、いつもの通勤ルートではない私鉄線に切り替えて出勤された方もいらっしゃった。振り替え輸送が行われる前に、機転を効かせたそうだ。

 もうみんな、「台風の日の通勤なんてこりごりだ」といった感じった。案の定、帰りの電車にも影響が出て、一部不通の地域まであるという。私は私で、高速バスがちゃんと発車してくれるのかどうか、不安だったのだが、さきほど無事に発車してくれたので、今、高速バスの中でこの記事を書いているというわけである。高速道路や四国に繋がる橋などにも一部不通の地域もあり、これまでにない形の帰省になるかもしれないが、有り難いことに、私が今夜高速バスに乗ることを知っている友人たちがいろいろな情報をくれて、メールで励ましてもくれた。というわけで、今の流れに身を任せてみようと思っているのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 神戸市内の一部の高速道路と鳴門大橋が通行止めとのことですので、おそらく到着までに時間が掛かるでしょう。高速バスがサービスエリアに停まったら、食べ物や飲み物を買っておこうと思います。どうか皆さんも、有意義な三連休をお過ごしくださいね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四五一回目) | トップページ | 高速バスの中の出来事 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61900912

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の日の通勤:

« ホットヨガ(四五一回目) | トップページ | 高速バスの中の出来事 »