« 牧草を干すかのごとく | トップページ | 映画『追憶と,踊りながら』 »

2015.07.07

ホットヨガ(四五〇回目)

牧草を干すかのごとくの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。最近、モンスターエナジーというエナジードリンクを飲んでいるのですが、カフェインの含有量が多いからか、夜、目が冴えてしまって眠れないことがありました。こういうエナジードリンクはほどほどにしないといけないみたいですね。しかし、ついつい頼ってしまいがちなこの頃です。

 五月二十日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、九十分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 南森町店のスタジオで水曜日の仕事帰りに参加するレッスンは、これまでスタンダードコースのレッスンが定番だったのだが、少し前からレッスンスケジュールが変わり、これまで六十分のスタンダードコースのレッスンが行われていた時間帯に、九十分のベーシックコースのレッスンが行われるようになったのだ。

 九十分のベーシックコースのレッスンというと、何年か前までは受けていたものの、最近はすっかりご無沙汰してしまっている。というのも、やはり九十分もの間、室温三十八度のスタジオでレッスンを受け続けるのはかなりきついと感じるからだ。とは言え、最近は一日に二レッスン受けることも多いので、一回分の回数券で九十分のレッスンを受けられるのはもしかするとお得なのではないかと思い、予約を入れておいたのだ。

 南森町店のスタジオの最寄駅で電車を降りて、南森町店のスタジオに向かって歩いていると、南森町店のスタジオの近くでスタッフに出会った。スタッフは私と目が合うと、
「これから九十分のベーシックコースですか? 頑張ってください」
と声を掛けてくださった。これから休憩されるのかもしれない。

 南森町店のスタジオに着くと、受付で水素水を二杯分飲むことを告げて、旧水素水プリペイドカードのポイントとの差額となる四十円を現金で支払った。その後、着替えを済ませてスタジオに入った。

 レッスンの参加者は六名だけで、レッスンを担当してくださったのは、先程、受付で顔を合わせたインストラクターだった。これまでにも何度かレッスンを担当してくださったことのあるインストラクターである。

 最初のうちは、それほど疲れを感じることもなかった。インストラクターは、南森町店のスタジオの別のインストラクターとレッスン時の口調がとても良く似ていた。私は、そのインストラクターの名前を思い出そうと必死に記憶を辿っていたのだが、なかなか思い出すことができなかった。

 人の名前を思い出せないのは気持ちが悪いので、いつものように、あいうえお、かきくけこと頭の中で順番にとなえながら、口調が似ているインストラクターの名前を思い出そうとしていた。しかし、やはり思い出せなかった。しかも、先程、南森町店のスタジオの近くで出会ったスタッフの名前も思い出せなかった。年のせいか、すっかり忘れっぽくなってしまっているのだった。確か南森町店のスタジオの近くで出会ったスタッフは、私が追加で購入した回数券の手続きをしてくださったスタッフのはずである。

 私はレッスン中も、スタッフの名前を思いだそうと懸命だった。しかし、口調が似ているインストラクターの名前も、先程スタジオまでの移動中にお目に掛かったスタッフの名前も思い出せなかった。それなら、南森町店の他のスタッフはどうだろうと思い、いつもビギナーコースのレッスンを担当してくださっているインストラクターの名前を思い出そうとしたが、それもまた思い出せなかった。ああ、年にはかなわない。最近、物忘れがひどい。私は身体を動かしながらも、頭を働かせようと必死だった。

 レッスン中に暑くなったので、スタジオの外に出て休んだ。私は、スタッフのプロフィール写真を見て名前を確認すればいいのではないかと閃いた。南森町店のスタジオは、一階に受付があり、二階にレッスンを受けるスタジオがある。階段を上がって行く踊り場のところに、スタッフの名前付きのプロフィール写真が貼り出されているのだ。

 私は、口調が似ているインストラクターの名前をどうしても知りたいと思ったので、休んでいる間に階段を降りて行った。そして、スタッフのプロフィールを拝見する直前になって、ようやく思い出した。実際にプロフィールを拝見してみると、直前に思い出した通りのお名前だった。そして、先程、南森町店の外で会ったスタッフの名前も、ビギナーコースのレッスンを担当してくださるインストラクターの名前もしっかり確認した。思い出してすっきりした私はスタジオに戻り、引き続きレッスンを受けた。

 しかし、一時間を過ぎた頃から、だんだん身体が言うことをきかなくなってしまった。私は、敢えて老体に鞭を打つことはせず、素直にポーズを休んだ。

 情けないことに、バランスのポーズを取っても身体がぐらぐらした。レッスンの時間が長いために、中だるみしているのだろうか。

 とにかく、休めそうなポーズはできるだけ休んで、最後まで何とかレッスンを受けたのだが、最後のうつ伏せのポーズのときに不覚にも寝てしまった。慌てて起きたのが幸いだった。

 シャワーを浴びて着替えを済ませて受付に行くと、先程のレッスンを担当してくださったインストラクターがいらっしゃったのでお話させていただいた。
「二〇〇六年からレッスンに通ってくださっているんですね」
と話し掛けてくださった。
「長いですね」
と言ってくださったので、
「いえいえ、ホットヨガの十年の歴史にはかないません」
と私は言った。

 そして、
「最近は一日に二レッスン受けることも多いんですけど、何年か振りに九十分のベーシックを受けてみたらきつかったです。レッスンについて行けなくてすみませんでした」
と謝った。インストラクターは、
「いえいえ、でも、インストラクターも、久し振りに九十分のベーシックコースを担当するときついと言っていますよ。二レッスン受けられる方も、九十分のベーシックコースより二レッスン受けるほうが楽だとおっしゃいます」
と聞かせてくださった。なるほど、インストラクターでさえ、久し振りに九十分のベーシックコースを担当されるときついのだから、私がこれほどダメージを受けていてもおかしくないわけだ。やはり、連続して九十分のレッスンを受けるのと、六十分と六十分で気持ちの切り替えをしながら二つのレッスンを受けるのとでは違うようである。他の人にとってもきついレッスンだったとわかり、ちょっぴり安心したのだった。

 インストラクターにお礼を言ってスタジオの外に出てみると、雨が降っていた。そして、雨宿りがてら、お気に入りのお店で晩御飯を食べてから帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今、これを書きながら、スタッフの名前を思い浮かべています。どのスタッフの名前もちゃんと言えます。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 牧草を干すかのごとく | トップページ | 映画『追憶と,踊りながら』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61620384

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四五〇回目):

« 牧草を干すかのごとく | トップページ | 映画『追憶と,踊りながら』 »