« ホットヨガ(四四九回目) | トップページ | デンマーク鉄道博物館を訪ねて(1) »

2015.07.02

本『第十の予言』

ホットヨガ(四四九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 早いもので、 もう七月になりましたね。関西地方は昨日、まるで梅雨だったことを思い出したかのように雨がたくさん降りました。となると、週末のお天気はどうなのでしょう。週末は、またまたガンモと一緒にお出掛けしますので、週末のお天気が気になっています。

 何年も前に購入して、いったん読み始めたものの、書かれている内容が難しく感じてしまい、読むのをやめてしまった本『第十の予言』を再読している。ほぼ読み終えたので、おそらく明日中には読み切ってしまうことだろう。

 私の記憶では、本書は、本『聖なる予言』の続編として書かれた小説だったと思う。本『聖なる予言』がなかなか良かったので、その乗りで続編となる本書を手に取り、読み始めたところ、難しく感じてしまい、途中で投げ出してしまっていたというわけだ。

 しかし、こうして何年も経ってから再読してみると、今度は私自身がこの作品の世界とは異なる世界に足を踏み入れてしまっていることに気が付いた。ずばり、本書は、輪廻転生を前提とした考え方がベースになっている。そのため、同じ魂のグループで繋がりを持ちながら、個人あるいは魂のグループの「課題」をクリアしながら前に進んで行こうとする。「レベル」という考え方も根底にある。過去世から現世への時間の経過を思わせるところや、「レベル」が存在することから、何となくシーケンシャルにものごとが進んで行くという「縦の学び」をイメージしてしまう。

 何を隠そう、私は最近、阿部敏郎さんのリーラに惹き付けられることが多い。そのため、こうした「縦の学び」に違和感を感じてしまう。というのも、阿部敏郎さんのおっしゃる「いまここ」は、「レベル」も過去も未来もない「横の学び」だと思うからだ。

 私の場合、前世の記憶も少し残っていて、前世を思い出したときに尋常でない泣き方をしてしまったこともある。それでも今は、時間が過去から未来へと一方向だけに進んでいるようには思えなくなってしまった。実は、私たちは、ランダムに再生するCDプレイヤーのようなものではないかと思っているのだ。

 本書では、「次の段階」に進むために、「魂のグループ」たちが「前世の遣り残し」にチャレンジして行く。私たちの生き方も、本当にその通りなのだろうか。そうした生き方に疑問を持つようになると、本書の面白さは失われてしまうものの、主人公が森の中をさまよいながら、一つの方向に導かれて行く手法は良かったと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m リアルタイムで読んでいた頃は難解だったために、しばらく放置していたのですが、時を経て読み返してみたところ、私自身がすっかり変化してしまっていました。とにかく壮大な物語なのですが、映像で見たら、何か変わるかもしれません。本『聖なる予言』を面白いと感じた方も、今、読み返してみると、また違った感じ方ができるかもしれませんね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四四九回目) | トップページ | デンマーク鉄道博物館を訪ねて(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61828579

この記事へのトラックバック一覧です: 本『第十の予言』:

« ホットヨガ(四四九回目) | トップページ | デンマーク鉄道博物館を訪ねて(1) »