« 東京スカイツリーを盗撮する | トップページ | ネコノミー症候群 »

2015.07.28

ホットヨガ(四五三回目)

東京スカイツリーを盗撮するの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ゆうべ遅くに、羽田空港から神戸空港まで飛行機で移動し、神戸空港の駐車場からはカングーに乗って無事に帰宅しました。やはり、小型機の墜落事故があった直後だったので、いつもよりも飛行機に乗る恐怖心は強かったですね。小型機の墜落に関して、いろいろなことがわかって来ているようですが、もしかすると、墜落事故を未然に防ぐことができたかもしれないと思うと、何ともやり切れないですね。

 六月十七日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、九十分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 水素水の飲み放題を示すゴム製のリングは、どうやら毎回、受付に返却しなくても良かったようだ。梅田店でレッスンを受けるときは、「(飲み放題を示すリングは)南森町店のものを持っています」と宣言して良いとのことだった。

 私は、旧水素水のポイントをすべて飲み放題の代金に変換していただいて、九月末まで水素水が飲み放題の設定になっている。しかし、例えば八月はお盆休みに帰省することになっているため、レッスンに通える回数も少なくなってしまう。そのような月も飲み放題にするのはちょっともったいないような気もしていた。そこで、受付のスタッフに尋ねてみると、
「飛び飛びで飲み放題にできるかどうかですね。確認しておきます」
と約束してくださった。

 レッスンの参加者は五名で、レッスンを担当してくださったのは、いつもパワフルなレッスンを展開してくださる人気のインストラクターである。声が声優さんみたいにかわいらしいインストラクターなのだ。

 やはり最初のうちは良かったのだが、だんだん暑さと疲れが顕著になって来て、とうとう私はレッスンについて行けなくなり、レッスン中に二回ほどスタジオの外に出て休んだ。しかし、スタジオの外に出て休んでしまうと、スタジオに戻ったときになおさら暑さを感じてしまうのだった。

 どうも私の足はひどくむくんでしまっているようで、そのために足を上に挙げたりするポーズがうまく行かない。身体が硬い原因も、そういうところにあるのかもしれないと思った。身体が硬くて特に困ったと感じたのが、後ろ手に組んだ手を背中に向かって上に挙げることができないことである。

 お世話になっている漢方医も、私の身体には余分な水分が溜まっているために、身体が熱を持っているのではないかということで、身体の中から余分な水分を排出する漢方薬を処方してくださっている。とは言え、もともとトイレに行く回数は人よりも多いくらいなので、どうしてこんなに下半身がむくんでいるのかが不思議なくらいだった。(最近、わかったことだが、どうやら高血圧のために服用している薬の副作用らしい。高血圧のための薬の量を半分に変えていただいたところ、むくみが緩和された)

 九十分のレッスンは、途中で一人だけ退出された。もちろん、途中退出したのは私ではない。私はというと、休みながらも、最後までレッスンを受けた。

 レッスンを終えてシャワーを浴びようとしたとき、そう言えば、家を出るときにバスタオルを忘れてしまったことを思い出した。気が付いてはいたのだが、戻ってバスタオルを用意していると遅くなってしまうので、そのまま自宅の最寄駅に向かってしまったのだ。そのため、勤務先に持参しているフェイスタオルの予備を三枚まとめて持参したのだが、土壇場になって、やはりフェイスタオル三枚よりも、足拭きマットを拝借することにしたのだった。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて受付に行くと、先程のレッスンを担当してくださったインストラクターが応対してくださった。インストラクターには、私の回数券の残数が百回に満たないためか、
「少ないですね」
と言われてしまった。私は、五十回回数券を一枚だけ購入して涼しい顔をしていたのだが、聞くところによると、五百回分の回数券を購入されている方もいらしゃるそうだ。強者(つわもの)である。

 私が追加の回数券を購入したときには良くわかっていなかったのだが、月会費制に移行した場合(月会費制に移行するかどうかは、回数券を持っている会員が任意に決められる)一枚の回数券を三千円として計算してくださるのだそうだ(これは、「回数券の組み込み」と呼ばれている)。最近になって、その説明を受けたのだが、私にはまだピンと来ていなかった。インストラクターは、私が月会費制について不安を感じている素振りを見せたからか、丁寧に説明してくださった。

 インストラクター曰く、回数券をたくさん持っているほうが月会費制に移行したときに絶対にお得なのだそうだ。というのも、回数券が一枚三千円に換算されるからである。しかも、月会費制に移行して回数券を充当する場合は、回数券の有効期限がないので、できるだけ多くの回数券を持っているほうが断然お得だということだ。

 ああ、私はそんなことをまったく考えずに、これまでと同じ感覚で五十回回数券を一枚だけ購入した。それならば、百回回数券を買っておいたほうが良かったというわけだ。もちろん、百回回数券のほうが五十回回数券よりもずっと高いのだが・・・・・・。(五十回回数券が十万円弱なので、百回回数券はその約二倍)

 そんな説明を、私は顔から汗をタラタラ流しながら聞いていた。インストラクターはというと、レッスンを終えてシャワーを浴びたばかりだというのに、私と違って、顔からタラタラ汗を流したりしていなかった。私は、
「どうしてそんなにさわやかなんですか?」
と言った。私は更年期障害なので仕方がないのだが・・・・・・。

 というわけで、回数券を購入できるのが六月いっぱいまでなので、回数券の購入を強く勧められて、南森町店のスタジオをあとにしたのだった。

 しかし、帰宅してからも、顔が熱くて熱くてたまらず、しばらくの間、扇風機で顔を冷やしていた。南森町店のロッカールームにも扇風機があればいいのにと思った。そして、顔のほてりは、その翌日も続いたのだった。確かに、南森町店のスタジオには、扇風機を置くことのできるスペースはないのだが、九十分のベーシックコースのレッスンを受けたあと、扇風機の風で顔も冷やさずに帰宅するのはかなり無謀だということが良くわかったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 顔からダラダラ汗が出て来るのも、実は高血圧のためのお薬の副作用も入っていることがわかりました。こちらも、高血圧のためのお薬の量を半分にしたところ、だいぶ収まりました。この歳でいろいろ薬を飲んでいると、更年期障害なのか、それともお薬の副作用なのか、判断しかねますね。(苦笑)でも、これまでにない不調を感じたら、お薬の副作用を調べた上で、量を半分にしてみるのもいいですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 東京スカイツリーを盗撮する | トップページ | ネコノミー症候群 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61756689

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四五三回目):

« 東京スカイツリーを盗撮する | トップページ | ネコノミー症候群 »