« 映画『追憶と,踊りながら』 | トップページ | 平日を天王寺で過ごす »

2015.07.11

デンマーク鉄道博物館を訪ねて(2)

映画『追憶と,踊りながら』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今日は暑かったですね。九州ではかなり気温が上がったようでしたが、九州にお住まいの皆さん、体調を崩したりしていませんでしょうか? 私も、暑い日はできるだけ帽子をかぶるようにしていますが、どうか皆さんも熱中症などにはくれぐれも気を付けてくださいね。それでは、週末になりましたので、デンマーク鉄道博物館を訪ねて(1)の続きを書かせていただきます。

 引き続き私たちは、広い館内を見て回った。

 デンマーク国鉄(Danske Statsbaner)の車や軍用の列車のほか、王室向けの豪華な車両も展示されていた。王室向けの車両には、豪華な客室やキッチンなどが備え付けられていた。窓越しにしか見ることができなかったが、目の保養になって良かったと思う。

 さて、屋内の展示物はほぼ見学し終えたので、私たちは外に出た。と言っても、すべて見学し終えてデンマーク鉄道博物館をあとにしたわけではなく、今度は屋外を見学するために外に出たのである。

 屋外には、ミニ列車に乗っている人たちがいた。だいたい、どこの鉄道博物館に足を運んでも、何らかの列車に乗ることができるものだが、その中でもミニ列車に乗るのは特別楽しい。何故なら、それらは普段、乗ることのできない列車であり、また童心に返ることもできるからだ。

 私たちは、運よく進行方向の先頭に座ることができた。前に人がいないので、写真も撮り放題である。ミニ列車が発車すると、構内に敷かれたレールの上を走り始めた。これは楽しい。構内を歩くのとは違う楽しさがある。私たちは大はしゃぎしながら、ミニ列車の乗車を楽しんだ。やはり、鉄道博物館は、こうでなければならない。途中、トンネルもあり、実に楽しいひとときを過ごすことができた。

 やがて、私たちの乗っていたミニ列車は、出発地点に戻った。童心に返ることができた、楽しいひとときだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、デンマーク鉄道博物館を訪ねて(2)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ミニ列車に乗車したときの様子を動画に納めておけば良かったと思いましたが、残念ながら、動画には納めていません。(苦笑)それにしても、ミニ列車に乗るのはとても楽しいですね。やはり非日常を感じさせてくれるからでしょうか。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『追憶と,踊りながら』 | トップページ | 平日を天王寺で過ごす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61874348

この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク鉄道博物館を訪ねて(2):

« 映画『追憶と,踊りながら』 | トップページ | 平日を天王寺で過ごす »