« 本『天使と悪魔/ダン・ブラウン』 | トップページ | ハムレットの舞台になったクロンボー城(後編) »

2015.06.12

ホットヨガ(四四五回目)

本『天使と悪魔/ダン・ブラウン』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いつもはご飯とスープだけを持参して、勤務先の食堂でおかずを買い足してお昼ご飯を食べているのですが、今日はご飯を持参しなかったので、珍しく外でお昼ご飯を食べました。まちのオフィスに勤務し始めてから一年余り経過しているというのに、外でお昼ご飯を食べたのは初めてのことでした。いつもは殺風景な朝か、仕事帰りの夕方か夜にしか通らない飲食店街が、たくさんの人たちで賑わっていることに驚きました。私の勤務先の近くには様々な会社が集まっているので、他の会社の方たちがIDカードを首からぶら下げたまま出歩いていました。同じビルに勤務する人たちが一度にお昼休みを取ると、食堂が混雑するためか、私の勤務先でも時間差でお昼休みを取ることになっているのですが、私が外に出たのがまだ十二時前だったにもかかわらず、既にお目当てのお店はほぼ満席状態でした。他の会社でも、やはり時間差で昼休みの時間を調整しているようですね。余裕でランチにありつくことができたのですが、夜のメニューとは違い、ドリンクバーもついていたのでお得な気分を味わうことができました。食堂でおかずだけを足して食べるときの値段(三百円ちょっと)よりも三倍近い金額になってしまいましたが、たまにはこういうお昼ご飯もいいですね。

 四月二十八日火曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。

 いつもは火曜日にレッスンを受けてはいないのだが、この日はゴールデンウィーク前の最終出勤日だったため、帰りが遅くなっても良かったので、思い切って二レッスン受けることにしたのだ。

 二レッスン受ける上に、レッスンの開始時間が十九時からだったので、お気に入りのお店で晩御飯を食べておおくことにした。お店に入って注文すると、顔見知りの店員さんが、
「お久し振りです。いつもありがとうございます」
と声を掛けてくださった。そう言えば、最近はレッスン後に晩御飯を食べることが多かったためか、その店員さんにお目に掛かることが少なくなっていた。私は、その店員さんがお休みされていたのかと思っていたのだが、私が晩御飯を食べている間にその店員さんが仕事を上がって行くのを目にしたとき、なるほど、その店員さんの勤務時間の関係で、レッスン前に晩御飯を食べていたときだけお目に掛かっていたのだということがわかった。

 晩御飯を食べたあと、南森町店のスタジオに向かい、受付でバスタオルとフェイスタオルのセットを二セット受け取って、ロッカールームに入った。

 水素水のサーバの周辺には、新しい水素水の価格が貼り出されていた。ひと月飲み放題で千八百円、一回の利用で百八十円(いずれもVIP会員)だった。これまでの水素水は一回百六十円(こちらもVIP会員)だったので、少し割高になってしまうが、水素水としてはこちらのほうがおいしい。

 新しい水素水のサーバを利用するには、これまでのプリペイドカードから新しいプリペイドカードに移行していただくことが必要だと思い、これまでのプリペイドカードを持って受付に出向いた。

 すると、受付のスタッフが、
「水素水はまだ無料で利用できますよ」
と教えてくださった。水素水の新しい価格が掲げられていたので、てっきり新しいプリペイドカードでの運用が始まったのだと思い込んでいたのだが、四月いっぱいまでは無料でこの新しい水素水を利用することができるらしい。とても有り難いことである。

 無料の案内に甘えて、水素水を補給してスタジオに入った。レッスンの参加者は八名で、レッスンを担当してくださったのは、これまでにも何度かレッスンを担当してくださったことのあるインストラクターだった。

 思えば、南森町店でリラックスコースのレッスンを受けるのは珍しい。私自身のスケジュールとレッスンスケジュールの関係で、南森町店のスタジオではなかなかリラックスコースのレッスンを受けられないからだ。

 インストラクターはとても丁寧にウォーミングストレッチを実施してくださった。このウォーミングアップのストレッチは、梅田店のエグゼクティヴインストラクターが行っているものとほぼ同じだと思った。

 更に、レッスン中のインストラクターの口調は、南森町店の別のインストラクターの口調ととても良く似ていた。以前、インストラクターはDVDかCDを使って、インストラクターとしての練習を重ねていると聞いたことがあるのだが、その練習が複数で行われているのだとすれば、同じ支店の中でレッスン中の口調が似て来るのかもしれないと思った。

 立ちポーズに入ってしばらくすると、私はスタジオの外に出て休んだ。暑かったこともあるのだが、つるべ落としのポーズが前屈みの姿勢になるため、晩御飯に食べたものが逆流してしまいそうに思えたからだ。

 レッスンを終えると、次のレッスンまで十五分あった。この十五分は、ちょうど良い休憩時間だと思った。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今回も張り切って二レッスン受けました。この日は九連休のゴールデンウィークが始まる前日だったので、心もウキウキしていましたね。一ヶ月半前のことなのに、早くも懐かしいです。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 本『天使と悪魔/ダン・ブラウン』 | トップページ | ハムレットの舞台になったクロンボー城(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61508531

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四四五回目):

« 本『天使と悪魔/ダン・ブラウン』 | トップページ | ハムレットの舞台になったクロンボー城(後編) »