« 富士芝桜まつり2014(後編) | トップページ | 映画『ミッシング・デイ』 »

2015.06.08

ホットヨガ(四四四回目)

富士芝桜まつり2014(後編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。二泊三日の旅行を終えて、昨夜、無事に帰宅しました。今回の旅行記を書きたくてずうずしているのですが、まだ書いていない旅行記がかなり貯まっていますので、良く吟味してから新たな旅行記を書き始めたいと思います。

 四月八日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの梅田店のスタジオで、六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。

 十九時半からのレッスンだったので、UMEGLEには乗らずに、大阪駅から歩いてみた。先にどこかで晩御飯を食べておきたいと思ったからだ。しかし、なかなかいいお店が見つからなかったので、結局、梅田店のスタジオの近くにある、いつも利用しているお気に入りのお店に入って晩御飯を食べた。

 ほどよい時間にお気に入りのお店を出て、梅田店のスタジオに向かった。四月だというのにとても寒い日だったので、私は冬物のコートに身を包み、首にはマフラーを巻いていた。

 受付で受け取ったロッカーの鍵は、何と一番端っこのロッカーの鍵だった。端っこにあるために、ロッカーの左側が壁なので、いつもよりも更に荷物を入れにくかった。ただ、別のブロックのロッカーとの間に空きスペースがあり、そこで荷物を広げることができた。

 私がたくさんの荷物を抱えているので、受付のスタッフが、
「ロッカーに入らないようでしたら、こちらでお預かりしますので、おっしゃってください」
と声を掛けてくださったのだが、そう言われると、何だか意地になってしまい、梅田店の細い細い縦長のロッカーに何とか収まるようにと、一生懸命、荷物を整理して押し込んだのだった。ただ、着替えとシャワーセットだけはレッスンを終えたあとすぐに使うので、レッスン用のバッグに詰めて、ロッカーの上に乗せておいた。

 有り難いことに、今回も無料で水素水を利用できた。ただ、前回よりも給水口の高さが増していた。前回は、不要な水を捨てて欲しくなかったのか、排水溝を塞ぐためにいくらか底上げしていたようだった。そのために、容器を入れるにも高さが足りなかったのだ。

 レッスンの参加者は女性ばかりの十名だった。リラックスコースのレッスンでいつもお見掛けする常連の男性会員さんはいらっしゃらなかった。

 レッスンを担当してくださったのは、今回、初めてレッスンを担当してくださったインストラクターである。導き方が上手だったので、すべてをインストラクターに任せ切って、気持ち良くレッスンを受けることができた。

 レッスンの参加者の中には、初めてレッスンを受けるトライアルレッスンの方がいらっしゃったようで、インストラクターがヨガマットの上にバスタオルを敷いて用意されていた。

 トライアルレッスンの方は、スタジオへの入り方がわからなかったらしく、最初のうち、スタジオの取っ手を引いていた。少し試行錯誤されたのち、今度は取っ手を押して、無事にスタジオに入って来られた。

 トライアルレッスンを受ける方たちは、初めての経験なので、様子を見れば一目でわかる。ただ、レッスンは初めてでも、私よりは身体が柔らかそうだった。

 今回のレッスンでは、それほどたくさんの汗を掻くことができなかった。寒い日だったので、なかなか身体が温まらなかったのだろうか。

 レッスンを終えたあと、シャワーを浴びて、着替えを済ませて受付に行くと、いつもお話をさせていただくインストラクターが受付にいらっしゃった。梅田店で最も古株のインストラクターである。珍しくスーツを着ていらっしゃったので、どうしたのかと尋ねてみると、上司の方がいらっしゃっているのだそうだ。なるほど、なるほど。

 そして、今回も新たな回数券の購入を勧められた。
「三枚購入されましたか?」
と聞かれたので、
「いえ、一枚ですよ。クレジットカードが使えるなら、考えてもいいんですけど・・・・・・」
と答えた。すると、インストラクターは、
「使えますよ」
とおっしゃり、受付の一角に貼られているクレジットカード取り扱いを示すシールを指差してくださった。私は、
「えええええええええ?」
と、ホットヨガのレッスンに通い初めて以来、初めてと思えるくらいに驚いた。いやはや、そんな話は聞いていなかった。以前は確かにクレジットカードが使えていたのだが、ある時期から使えなくなってしまった。回数券を購入するときも、常に現金を用意しなければならず、クレジットカードで購入すれば、かなりの陸マイル(私がメインで使用しているのは、飛行機会社との提携のクレジットカード)が貯まるのにと残念に思っていたものだった。

 そのクレジットカードが再び使えるようになったという。それは、会社としての信頼を取り戻したに等しいことだと思い、私はインストラクターに、
「良かったですね」
と言った。

 クレジットカードが使えるなら、回数券をもう一枚購入してもいいというような素振りを見せておきながら、実際にクレジットカードが使えることがわかると、再び及び腰になってしまうものだと思った。

 そんな話をしながら、古株のインストラクターが、
「(インストラクターとして)あと三十三年頑張ります」
とおっしゃったので、何故、三十三年なのか尋ねてみた。すると、それが節目の年齢だからなのだそうだ。(その歳をここに書くと、インストラクターの今の歳がばれてしまうので書かないでおく)

 私は、
「そう言えば、若かったですもんねえ」
と言った。私が梅田店のスタジオに通い始めた頃は、インストラクターは今よりも若かったと思う。それがいつの間にか、ずいぶん出世されていた。私は、
「(梅田店で)すぐ下の人って、○○さんですか?」
と尋ねてみた。インストラクターは、そうだとおっしゃった。○○さんもまた、エグゼクティヴインストラクターなのである。

 ちなみに、古株のインストラクターにも、ホットヨガのスタジオ全体で三人の先輩がいらっしゃるそうだ。三宮店に一人、南森町店に一人、京都店に一人(厳密に言えば、京都店に二人となる)だそうだ。それぞれのお名前をうかがってみると、全部お話させていただいたことのある方たちばかりだった。私は、
「全員、知ってますよ」
と言った。そんな雑談をしながら、またまた新しい回数券を勧められたのだが、結局、すたすたと逃げてしまった。どうしてだろう。回数券を購入しておくことで、二年先まで割安でレッスンを受けられるにしても、今は、二年先の予定までは立てられない気がしている。それだけ私自身が歳を重ねてしまったからかもしれない。しかし、回数券は確かにお買い得なので、購入しておいたほうがいいのはわかっているのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m まだ今月はレッスンを受けていないのでわかりませんが、六月になったので、月会費制の新しいシステムが始まったはずです。回数券を購入できるのも、確か今月いっぱいのはずです。二枚目の回数券を購入しておくかどうかは、わかりません。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 富士芝桜まつり2014(後編) | トップページ | 映画『ミッシング・デイ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61410421

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四四四回目):

« 富士芝桜まつり2014(後編) | トップページ | 映画『ミッシング・デイ』 »