« 映画『国際市場で逢いましょう』 | トップページ | 本『痴人の愛/谷崎潤一郎』 »

2015.06.16

ホットヨガ(四四六回目)

映画『国際市場で逢いましょう』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今日は私たちの十九回目の結婚記念日であり、義父の命日でもありました。義父の魂に語り掛け、私たちの結婚記念日をささやかにお祝いしました。それでは、ホットヨガ(四四五回目)の続きを書かせていただきます。

 トイレを済ませて少し休んだあと、二本目のレッスンとなるスタンダードコースのレッスンが行われるスタジオへと向かった。しかし、スタジオに足を一歩踏み入れた途端、その暑さにたじろいだ。先ほどリラックスコースのレッスンを受けたばかりで身体はしっかりと温まっていた。そのため、スタジオの暑さがまるで拷問のようにも思えた。

 私は水素水を補給するためにスタジオの外に出た。そして、水素水のサーバから水素水を補給したあと、いったんスタジオに戻って水素水をクーラーバッグの中に仕舞うと、再びスタジオの外に出て、水素水のサーバのすぐ近くにあるベンチに座ってしばらく休んだ。

 すると、女優さんのようなインストラクターが次のレッスンの準備をされているのが見えた。次のレッスンと言っても、私がこれから受けるスタンダードコースではなく、そのあとの脂肪燃焼コースのレッスンの準備である。女優さんのようなインストラクターは、私が脂肪燃焼コースのレッスンの準備が整うのを待っていると思ってくださったのか、
「お待たせしました。脂肪燃焼コースのレッスンの準備が整いました」
と私に向かって声を掛けてくださった。私は、
「あ、すみません。スタンダードコースなんです」
と言って、スタンダードコースのレッスンが行われるスタジオを指差した。

 南森町店のスタジオでは、私のように「休んでいる」人は少なく、「次のレッスンが始まるのを待っている」人が多いのだろう。

 さて、スタンダードコースのレッスンの参加者は八名で、レッスンを担当してくださったのは、いつもいろいろなお話をさせていただくインストラクターである。レッスンに参加されている方たちの中には、先ほどのリラックスコースのレッスンに参加されていた方もいらっしゃった。

 南森町店のスタジオで何度かお目に掛かったことのあるフリーパス会員さんで、まちのオフィスの食堂やエレベータで良くお見掛けする女性にそっくりな方がいらっしゃった。しかし、どうやら髪の毛の長さも年齢も異なっているようなので、「もしかすると、まちのオフィスに勤務している女性の妹さんかもしれない」などと思いながら、鏡に映ったその方をチラチラ見ていた。

 インストラクターは、CDプレイヤーでCDを再生してくださったのだが、あろうことか、CDの音が飛んでしまった。インストラクターはCDの再生を止めると、別のタイミングのときにCDを入れ換え、音楽を流してくださった。

 そう言えば、最近、作業をするときに、BGMが欲しいと感じることが多い。集中したいときは、YouTubeにアクセスして小川のせせらぎや鳥の鳴き声などの自然音を流しているが、音楽を聴きながら集中するのもいいのではないかと思った。

 スタジオ内の暑さは、レッスン中も継続したままだった。ああ、暑い、暑い。私は我慢し切れなくなり、スタジオの外に出て休んだ。水素水サーバの近くにある椅子に座ったあと、ロッカールームのほうが涼しいかもしれないと思い、ロッカールームに体重を計りに行ったりした。

 そして、再びスタジオに戻ったのだが、とうとう暑さに負けて、途中退出させていただくことになってしまった。もう、それ以上は我慢ができなかったのだ。

 途中退出して、皆さんよりも一足お先にシャワーを浴びた。ちょうどシャワーを浴び終わった頃にバタバタと足音がしたので、スタンダードコースのレッスンを終えた方たちがシャワールームに来られたのだと思った。

 私は、あとからシャワーを浴びる方たちのためにシャワールームを開け渡そうと思い、急いで服を着ようとした。しかし、シャワールームが暑いために汗が出て来ているのか、服が身体にピチピチとくっついてしまい、思うように服を着ることができなかった。

 それでも何とか服を着て、帰り支度を整えて受付に足を運んだ。すると、先ほどのレッスンを担当してくださったインストラクターが受付にいらっしゃったので、
「途中で出てしまってすみません。暑かったんです」
と謝った。インストラクターもスタジオが暑くなっていたことを認識されていたようだった。

 インストラクターに、水素水のカードについて質問してみた。これまで利用していた水素水のポイントは、一ポイント百六十円として計算され、新しい水素水を購入するときに値引きしていただけるのだそうだ。なるほど、と思った。

 帰り道、電車の中で顔から汗がタラタラと流れ出て来た。そして、その翌日も顔がほてっていた。ホットヨガは、上半身のほてりを助長するように思えた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガのレッスンを受けると、確かに汗をたくさん掻くので、デトックス効果も期待できるのですが、たまにはホットではないヨガを習ってみたくなります。きっともっと静かで、インストラクター(あるいは先生)との関係も、師匠と弟子のような感じになるのではないかと勝手に想像しています。お試しでもいいから、一度、そういう静かなヨガを体験してみたいですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『国際市場で逢いましょう』 | トップページ | 本『痴人の愛/谷崎潤一郎』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61508753

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四四六回目):

« 映画『国際市場で逢いましょう』 | トップページ | 本『痴人の愛/谷崎潤一郎』 »