« ヘルシンゲル駅からエスターポート駅まで移動する | トップページ | 映画『ザ・トライブ』 »

2015.06.22

ホットヨガ(四四七回目)

ヘルシンゲル駅からエスターポート駅まで移動するの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これまでパンツ派だった私が、最近はロングスカートを穿いて出勤しています。しかし、ロングスカートを穿いて自転車に乗っていると、ごく稀に自転車の後輪にロングスカートを巻き込んでしまうことがあります。誰にも影響を与えずに、自分の中だけで閉じている出来事であるならばそれでいいのですが、あるときロングスカートが激しく自転車の後輪に絡まってしまい、ロングスカートのウェストのゴムがびよーんと伸びて、もう少しでお尻が見えそうになるまで引っ張ってしまいました。ちょうどその現場に犬を散歩させているおじいさんがいて、「巻き込んでるで」と言われてしまいました。私は慌てて自転車から降りて、ロングスカートを巻き込んだ方向とは反対の方向に自転車の後輪を戻して引っ掛かりを取りました。朝からおじいさんに出血大サービスをしてしまいました。(苦笑)

 ゴールデンウィーク休暇中の五月一日金曜日、ホットヨガの梅田店のスタジオで、六十分のフリースタイル ボディチューニングのレッスンを受けた。

 今回のレッスンは、過密なスケジュールの合間に受けることになってしまった。まず、十時半から梅田店のスタジオ近くのクリニックで健康診断を受けた。その後、お気に入りのお店でブランチを食べて、十二時三十分から、やはり梅田店のスタジオ近くのミニシアター系映画館で映画を鑑賞した。五月一日は映画を千百円で鑑賞できる日だったのだが、実はこのミニシアター系映画館は、毎週金曜日がシネマポイントカードの会員サービスデーになっていて、映画を千円で鑑賞できるのだ。そのため、十二時三十分から上映される作品と十七時五分から上映される作品の鑑賞チケットをオンラインで購入していた。

 とは言え、せっかく梅田店のスタジオのすぐ近くまで足を運ぶのだから、レッスンを受けないわけには行かないだろうと思いながらレッスンスケジュールを確認してみると、何と、鑑賞する二本の映画の上映時間のちょうど狭間にフリースタイルのレッスンが開催されていることがわかった。

 しかし、十二時半から上映される映画の終映画時間が十四時五十分で、フリースタイルのレッスンの開始時間が十五時からである。果たして、わずか十分のうちにトイレを済ませ、梅田店のスタジオまで掛け上がり、着替えを済ませてレッスンが行われるスタジオまで滑り込めるのだろうか。

 私は不安を感じながらも、いちかばちかの賭けに出た。そして、ミニシアター系の映画館ではタブーとされている、エンドロールが流れている間に席を立つという無礼行為を行ってしまったのである。

 観賞後すぐにトイレを済ませ、ミニシアター系映画館のすぐ近くにある梅田店のスタジオまで横断歩道を渡って慌ただしく移動し、三階まで階段を掛け上がった。入口の扉を開けて靴を脱いでいると、元三宮店のインストラクターがあいさつしてくださった。受付でロッカーの鍵を受け取ると、ロッカールームまで足早に歩いた。

 実は、フリースタイルのレッスンと言っても、携帯電話からアクセスしているレッスンの予約画面には、フリースタイルのレッスンの種類までは表示されていなかった。フリースタイルのレッスンにもいろいろ種類があるのである。私は、激しいレッスンは避けたかったので、できればこれまでに参加したことのあるボディチューニングのレッスンを受けたいと思っていた。

 すると、ロッカールームまで向かう途中にある新しい水素水サーバのところで、いつもボディチューニングのレッスンを担当してくださっているインストラクターにお目に掛かり、その場であいさつしてくださった。ああ、良かった。予約しておいたフリースタイルのレッスンは、ボディチューニングのレッスンだったとわかり、ほっと胸を撫で下ろしたのである。

 大急ぎで支度を整え、レッスンが行われるスタジオに入ると、インストラクターがCDプレイヤーに向かって操作されているところだった。まさしく滑り込みセーフである。

 レッスンの参加は女性ばかりの四名だった。フリースタイル ボディチューニングのレッスンでいつもお見掛けする男性会員さんがいらっしゃらなかったのは、平日の昼間だったからだろうか。

 ボディチューニングのレッスンは、他のどのレッスンとも違っていて、かなり独創的である。私はこのレッスンが好きだと思った。インストラクターの「空気を集める」という表現や、「お風呂に浸かったときに最初に漏らす『はぁ~』という呼吸です」という例えが好きだ。そう考えると、ホットヨガのインストラクターによるレッスンは、独創的というよりも模範的なのだろう。

 ボディチューニングのレッスンは、これまでに何回か受けているが、レッスンを受ける度に内容が違っているので、毎回、新鮮な気持ちでレッスンを受けることができる。おそらく、インストラクターがレッスンを振り返りながら、常に新しいところを目指そうとしているからなのだろう。おかげで、最初から最後までとても新鮮な気持ちのままレッスンを受けることができた。

 ところで、新しい水素水のサーバを利用するには、旧プリペイドカードからの移行を行わなければならないはずだが、今回、私は自宅から持参した水素水でレッスンを受けた。水素水のサーバのところには、水素水の無料サービスが終了したことを知らせる案内があった。

 シャワーを浴びたあと、扇風機の風に吹かれる幸せを噛み締めたかったが、次の映画の上映時間が早くも迫っていたので、私はロッカールームをいつもよりも早めに出て、受付へと急いだ。受付では、六月から切り替わる月会費制についての詳しい説明をするように本社から言われたとスタッフがおっしゃったので、受付横のスペースでスタッフから詳しい説明を聞いた。受付横のスペースには椅子もあったのだが、椅子の高さがあまりにも高かったので、椅子には座らずに立ったままで説明を受けた。

 説明してくださった内容は、ほとんどが既に知っているものだったが、中にはこれまで良くわかりにくかったことも含まれていたので、詳しい説明を受けて良かったと思う。月会費に移行する場合、月会費は毎月、銀行引き落としになるそうだ。要するに、これからは、月の始めに、今月は何回、レッスンを受けるかという計画を立てなければならないというわけだ。私はそういうことが面倒なので、おそらくだが、購入した回数券が切れてしまうと、レッスンを受けなくなるだろうと思う。

 説明を受けたあと、水素水のポイントについても移行しておきたかったが、詳しい説明を聞いているうちに次の映画の上映時間が迫って来たので、水素水のポイント移行は見送ったのだった。

 そして、詳しい説明を受けたあとは直ちに映画館に戻り、次の映画を鑑賞したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 改めて振り返ってみると、良くもまあ、こんなハードなスケジュールをこなしたものだと思いました。しかも、この日は健康診断でバリウムを飲んでいたため、下剤を飲んでいる状態だったのです。映画の鑑賞中やホットヨガのレッスン中に下剤が効いて来たら、どうするつもりだったのでしょう。(苦笑)有り難いことに、そのような危機には直面しなかったので、感謝の気持ちでいっぱいであります。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ヘルシンゲル駅からエスターポート駅まで移動する | トップページ | 映画『ザ・トライブ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61523581

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四四七回目):

« ヘルシンゲル駅からエスターポート駅まで移動する | トップページ | 映画『ザ・トライブ』 »