« 愛について(6) | トップページ | 映画『シティ・オブ・ゴッド』 »

2015.05.08

ホットヨガ(四三八回目)

愛について(6)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日から、ゴールデンウィーク明けの仕事が始まりました。五月になったからか、オフィスに冷房が入っていてうれしかったです。しかし、これからの季節は、冷房で足首を冷やさないように気を付けなければなりませんね。それでは、ホットヨガ(四三七回目)の続きを書かせていただきます。

 リラックスコースのレッスンが行われるスタジオの扉を開けてみると、既にウォーミングアップのストレッチが行われていた。スタジオに遅れて入った私は、どこのヨガマットに腰を下ろせばいいかすぐには定められずに、しばらく迷っていた。その結果、インストラクターに近いヨガマットに腰を下ろすことにした。レッスンに遅刻してしまったので、「ボディチューニングのレッスンがずれ込んで・・・・・・」などと言い訳したい気分だった。

 レッスンの参加者は女性ばかりの十二名で、トライアルレッスンの方が二名いらっしゃった。

 レッスンを担当してくださったのは、梅田店では古株となったインストラクターである。

 実は、三宮店のスタジオで一番良くお話をさせていただいていたインストラクターが週末には梅田店に来られると聞いていたので、ひょっとするとリラックスコースのレッスンを担当してくださるのではないかと期待していたのだが、どうやらそうではなかったようだ。

 インストラクターは、とてもわかりやすいレッスンを展開してくださった。日本語の発音も良く、聞き取りやすい。実に堅実なレッスンだった。

 思えば、まちのオフィスに勤務するようになってからは、リラックスコースのレッスンからはすっかり遠ざかってしまった。というのも、定時退社日の水曜日にしばしば足を運んでいる南森町店のスタジオでは、水曜日にリラックスコースのレッスンが行われていないからである。

 遅れてスタジオに入った私は、場の雰囲気に馴染むように、遠慮がちに身体を動かした。インストラクターは、とても丁寧にストレッチを行っていた。特に足をほぐすためのストレッチやマッサージが念入りだった。

 丁寧なウォーミングアップのストレッチが終わる頃、私は一人で汗だくになっていた。ほとんど休みなくレッスンを受けているのと、水素水の効果で、いつもよりもたくさん汗が出ていたのである。

 レッスン中に感じたことは、私の身体が柔らかくなっているということだった。本当に身体が柔らかくなっていたわけではなく、既に一時間、室温が三十八度のスタジオでレッスンを受けて身体がほぐれていたためだと思われる。私は、身体を動かすことで身体が柔らかくなることを実感していた。ということは、普段、身体が硬いのは、それほど身体を動かしていないということなのだろうと思った。

 直前にボディチューニングのレッスンを受けていたおかげで、その後のポーズでも、私は身体を楽に動かすことができた。

 リラックスコースのレッスンでは、いつもそれほど汗を掻くことはなかったはずだが、今回のレッスンでは、とにかく汗がたくさん出て来た。これからは、毎回、二レッスン続けて受けようかと思ったくらいだ。

 レッスンを終えたあと、シャワーを浴びた。梅田店のスタジオは、一人一枚の足拭きマットを使用できるわけではないが、スタッフがときどき取り替えてくださっていたのだとわかった。

 それを思えば、梅田店のスタジオはロッカールームも広く、シャワールームの数も多い。それに、ほてった身体を冷やすための扇風機もある。ただ、ロッカーがハンドバッグと上着くらいしか入らない細長いロッカーなので、私が持ち歩いているような大きな荷物を入れることはできない。

 ホットヨガのスタジオにはいろいろな支店があるが、どの支店もその支店なりの特徴がある。今回、初めて利用させていただいた水素水を飲むための空ボトル貸し出しのようなサービスは、とても便利だと思う。スタジオに設置された水素水を利用するという前提で、空ボトルをレンタルすることができれば、自宅からわざわざ空のペットボトルを持参する必要がないからだ。

 シャワーを浴びて着替えを済ませて受付に行くと、梅田店で最も古株のインストラクターが受付にいらっしゃった。ちょうど元三宮店のインストラクターもいらっしゃったので、
「(梅田店でのお仕事)もう慣れましたか?」
と尋ねてみた。すると、もう慣れたそうで、受付にいらっしゃる古株インストラクターが優しくしてくださるので楽しくやっている、というようなことをおっしゃったので、そこで笑いが出た。受付にいらっしゃったのは、とても仕事熱心なインストラクターなので、時にはシビアな面もあると感じ取っていた私は、何を思ったか、
「裏表はありますか?」
などと失礼なことを言ってしまった。シビアな面もあるインストラクターは、私がそんなことを言うので驚かれていたようだった。そんなことを言ってしまったことを、今は後悔している。ああ、きっと更年期のせいだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 既にレッスンが始まってしまっているスタジオに滑り込むのは、何ともバツが悪いものですね。それでも、時間通りにボディチューニングのレッスンが終わっていれば、そのあとのリラックスコースのレッスンとの組み合わせは抜群の相性だったと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 愛について(6) | トップページ | 映画『シティ・オブ・ゴッド』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61244492

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四三八回目):

« 愛について(6) | トップページ | 映画『シティ・オブ・ゴッド』 »