« 映画『パレードへようこそ』 | トップページ | ホットヨガ(四四〇回目) »

2015.05.18

カングージャンボリー2014(3)

映画『パレードへようこそ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。箱根の状況に触れる度に、去年の御嶽山の噴火のことを思い出してしまいます。あのとき、もっと早めに警戒モードに入っていたら、命が助かった人たちもいたのではないかと、多くの人たちが悔やんだはずです。しかし、今、その苦い経験を活かそうとしているのに、なかなか一つの方向には向かないようですね。それぞれの立場で、何を大切にしたいのかが異なっているのかもしれません。それでは、カングージャンボリー2014(2)の続きを書かせていただきます。

 カングー渋滞の中、ようやく会場に到着した私たちは、係員の案内に従って入場した。入場時にアンケート用紙が配布されていたので受け取った。そのアンケート用紙に記入して所定の場所に提出すると、カングージャンボリーのオリジナルステッカーがもらえるという。

 会場に入り、駐車場に着くまでの間、山中湖と富士山が見えていた。この会場は、カングーのお祭りを楽しむだけでなく、山中湖や富士山の景色も楽しめるというわけだ。

 カングージャンボリーの駐車場は、見渡す限りカングーだらけだった。そこに、私たちのカングーも仲間に加わった。ガンモはオリジナルステッカーをもらうために、先ほど配布されたアンケートにすぐさま回答していた。

 私たちはカングーを降りて、ステージへと向かった。広い会場には、フリーマーケットのお店や業者さんのお店がいくつか並んでいた。ステージの向こう側には富士山が見えていたのだが、やはり富士山のてっぺんには雲が掛かっていた。

 ステージの回りには、白塗りの顔で背の高い足長の男性や、鳥人間、背の高い足長の羊がいた。どうやら、カングージャンボリーの来場者を楽しませてくれるために、竹馬のようなものを足の下に履いて歩いているようである。背の高い足長の羊は、「めえええ」と鳴いていた。なかなか芸が細かい。

 ルノーグッズを扱うお店もあり、大盛況だった。ここに集まっている人たちはみんなカングーオーナーなのだから、当然のことだろう。

 また、ルノーのマークを焼き込んだお菓子をもらえるというので、長い列に並んだ。ドネーションをお願いされたので、いくらか募金箱に入れた。

 フリーマーケットのブースでは、カリンバを五百円で購入した。カリンバは持っているはずだが、五百円というのは安いと思ったのだ。ところが、良く見てみると、ネジ止めされているので、近代的なカリンバのようだった。

 カングージャンボリーの特徴は、犬と一緒に参加されている方たちが多いということである。しかも、ヨーロッパ出身のおしゃれな小型犬が多い。写真に納めたのは、カングーの服を着た(着せられた?)犬である。

 犬と一緒に参加される方が多いからか、飼い主と犬が一緒にコースを走り、タイムを競うレースまで行われていた。飼い主は、犬を少しでも速く走らせようと四苦八苦していた。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、カングージャンボリー2014(3)をご覧ください。

※スマートフォンやタブレットからアクセスしてくださっている方たちには、スライドショーが表示されないそうで、申し訳ありません。m(__)m

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この日はとてもいいお天気に恵まれて、山中湖と富士山とカングージャンボリーを満喫しました。お天気が良かったので、背の高い男の人や背の高い羊に入っている人たちは、暑かったのではないかと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『パレードへようこそ』 | トップページ | ホットヨガ(四四〇回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59665191

この記事へのトラックバック一覧です: カングージャンボリー2014(3):

« 映画『パレードへようこそ』 | トップページ | ホットヨガ(四四〇回目) »