« 愛について(5) | トップページ | 造幣局の桜の通り抜け(夜編) »

2015.04.11

いろいろな制約から解放された再会

愛について(5)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この春は、本当に雨が多いですね。今日の関西地方は、雨こそ降ってはいませんが、どんよりとした曇り空です。たまにはからっとした青空を見せて欲しいものです。

 雨が降っていたが、仕事帰りに、かつての派遣仲間と待ち合わせをして、大阪造幣局の桜の通り抜けを初体験して来た。造幣局の桜については、後日、写真を添えながら書かせていただくことにして、今回は、彼女との交流の中で新たな気付きがあったので書いておきたい。

 桜の通り抜けを体験したあと、インドカレーのお店で食事をしながら、彼女といろいろな話をした。

インドカレー

食後のチャイ

 彼女と顔を合わせるのは、およそ一年振りだろうか。彼女は、同じ職場で知り合った派遣仲間なのだが、今はその職場を離れてしまっている。これまでは、同じ職場でお昼休みに一緒にご飯を食べたり、仕事の合間に少し立ち話をする程度だったのだが、職場を離れて交流してみると、いろいろな制限から解き放たれていることがわかった。昼休みでもないので、昼休みの終わりを告げるチャイムを気にする必要もなく、職場のトイレではないので、周りの気配を気にする必要もなかった。また、少しお酒も入り、自分自身を解放することができた。

 話の内容は書けないが、彼女のベースにスピリチュアルな感覚が根付いていることもわかった。なかなかうまく行かないことがあったとしても、自分に起きていることの意味を他の事象と関連付けながら、人生の大きな流れに身を任せて生きている。それは、自分自身の運命を受け入れることでもある。彼女曰く、若い頃にはそういう生き方はできなかったそうだ。

 職場というところは、もともといろいろな制約のある場所であり、誰もが自分自身を解き放ってはいない。ゆえに、そこで垣間見る人間関係は、その本質と必ずしもイコールではない。また、多対多で社会的な関係を結ぶ場所でもあり、一対一とは異なる関係が出来上がる。とは言え、職場である程度、会話がはずむことをまず実感していないと、プライベートな時間までは共有できないのもまた事実なのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 彼女と、バランスの取れた男女の愛の話もしました。私はやはり、バランスの取れた男女の愛の話が大好きだと実感しました。バランスの取れた男女の愛の話を始めると、エネルギーの話に発展しますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 愛について(5) | トップページ | 造幣局の桜の通り抜け(夜編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61421244

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな制約から解放された再会:

« 愛について(5) | トップページ | 造幣局の桜の通り抜け(夜編) »