« OAP周辺を歩く | トップページ | 鯛めしを食べる »

2015.04.27

ホットヨガ(四三六回目)

OAP周辺を歩くの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。ネパールで発生した地震の被害が大きいですね。日本でお店を持っていらっしゃるネパール人の方が、ネパールに住むご家族と連絡が取れないために、不安な気持ちを隠したまま接客し続けているというニュースをラジオで聞きました。その不安な気持ちを想像すると胸が痛みます。一刻も早くご家族の無事を確認できればいいなと思います。多くの世界遺産が崩壊したという報道もありますが、世界遺産は何とか修復できても、人間の命は修復できません。一人でも多くの方たちが救出されますよう、お祈りしています。

 三月四日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分のスタンダードコースのレッスンを受けた。今回も、レッスンの前に晩御飯を食べずにレッスンに臨んだ。

 受付横では、トライアルレッスンを受ける方がスタッフから説明を受けていた。受付にいたスタッフも、別の会員さんに、回数券が十二パーセントオフになるというキャンペーンの説明を受けていた。十五パーセントオフで回数券を購入できる期間は過ぎてしまったものの、そのキャンペーンが好評だったため、今度は十二パーセントオフで販売されているらしい。しかし、さすがに二年も先まで回数券を購入しておくのは、リスクを抱えてしまいそうな気もしている。

 私が受付の前に立つと、受付横でトライアルレッスンを受けられる方に説明されていたスタッフが、説明を一時中断して受付に回り、私のロッカーの鍵を渡してくださった。

 着替えを済ませて水素水を購入し、レッスンが行われるスタジオに入った。今回のレッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、先ほどロッカーの鍵を渡してくださったインストラクターである。

 先ほど受付横で説明を受けていたトライアルレッスンの方も、このレッスンに参加されていた。おそらく、どこかでヨガのレッスンを受けたことがある方なのだろう。ヨガがまったくの初めてという感じではなさそうだった。

 今回は何だか身体がだるく、少し身体を動かすと、すぐに休みたくなってしまうモードだった。とにかく、身体を動かしたくないのである。倦怠感がひどく、思うように身体を動かすこともできなかった。おまけに何だか眠いのだ。最近、こうした症状にしばしば悩まされるので、私は更年期障害が進んだのだと思い込んでいた。しかし、あとでわかったことだが、こうした倦怠感と眠気は、慢性じんましんで服用している薬の影響だったことがわかった。いなかのオフィスに勤務していた頃は、職場近くの皮膚科で薬を処方していただいていたのだが、まちのオフィスに勤務するようになってからは、かかりつけの漢方医に薬を処方していただいている。そのためか、どうも薬が強過ぎてしまうようである。そのことがわかってからは、薬(錠剤)をハサミで半分にカットして服用している。それで症状が収まったので、やはり薬が強過ぎたのだろう。

 そんなわけで、レッスン中も倦怠感と眠気との戦いだったが、それでも、水素水のおかげで汗がたくさん出ていた。とは言え、後半の寝ポーズはほとんどお休みさせていただくことになった。眠気のためにときどき意識が遠くなり、はっと我に返ると、他の方たちは既に次のポーズを取っていたりした。

 そんな私の様子に気付いていたのか、レッスンを終えてスタジオを出るときに、
「今日は調子悪かったみたいですね」
とインストラクターが声を掛けてくださった。有り難いことである。私はインストラクターに対し、思うようにレッスンを受けることができなかったことを申し訳なく思った。

 シャワーを浴びようと思っていると、トライアルレッスンを受けていた方がシャワールーム付近で戸惑っていた。私はその方に、足拭きマットを一枚取るように促して、シャワールームが空いているのでお先にどうぞと言った。それを聞いたトライアルレッスンを受けた方が、
「(シャワールームが)空いていますか?」
と私に質問されたので、私は、
「あそこが空いていますのでどうぞ」
と指差した。

 すると、トライアルレッスンを受けられた方は、何と、トイレの前に足拭きマットを敷いて、トイレの扉を開けた。私は慌てて、
「そこはトイレです!」
と言った。ああ、確かに、私はすっかり慣れてしまっているが、初めてシャワールームを利用しようとしたときに、どこがトイレでどこがシャワールームかという冷静な判断はなかなかできないだろうと思った。私自身もあちらこちらのスタジオに足を運んでいるが、初めてのためにちょっとした失敗をやらかすことも多いので良くわかる。

 そう言えば、梅田店のスタジオにあるロッカールームでも、ときどき迷子になっている方がいらっしゃる。梅田店のロッカールームが少し入り組んでいるためである。また、トイレのスリッパを履いたままトイレから出て来られて、ロッカールームをうろうろ歩き回っている方も、梅田店のロッカールームで見掛けたことがある。そのスタジオに通うのが当たり前になっている人たちにしてみれば、じぶん珍しい光景になる。

 シャワーを浴びて受付に行くと、またしても回数券の購入を勧められたが、さすがに二枚、三枚も購入するとなると現金の用意がないとお断りさせていただいた。

 ふと、気になっていたことがあるので、受付のスタッフに尋ねてみた。気になっていることというのは、南森町店のスタジオの古株インストラクターの写真が南森町店のスタッフ一覧に掲載されていないことである。すると、受付のスタッフがその事情を教えてくださった。古株インストラクターは、今は京都店にいらっしゃるのだそうだ。その事情は、私にも良くわかる事情だった。私はその古株インストラクターの選択に愛を感じていた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 初めてレッスンを受けたときは、私も緊張していたのを覚えています。慣れている人がトイレの場所などを言葉で説明してくださったとしても、やはり自分の身体を使って体験しないと、すぐには覚えられないものなんですよね。それは、慣れている人のペースと、慣れていない人のペースが大きく異なっているからだと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« OAP周辺を歩く | トップページ | 鯛めしを食べる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61230271

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四三六回目):

« OAP周辺を歩く | トップページ | 鯛めしを食べる »