« 映画『バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>』 | トップページ | 嵐電(らんでん)に乗って初天神(後編) »

2015.02.14

ホットヨガ(四二五回目)

映画『バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はバレンタインデーですね。バレンタインデーということは、私たち夫婦が付き合い始めて丸十九年であり、また、「ガンまる日記」を書き始めてから丸十一年であります。こうして書き続けていられるのも、度々訪問してくださっている皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。この喜びを噛み締めながら、今日一日を過ごしたいと思います。

 十二月二十二日月曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分のビギナーコースのレッスンを受けた。

 思えば、ここのところ、南森町店のスタジオでビギナーコースのレッスンを受けることが多い。というのも、仕事を終えたあとに晩御飯を食べてからレッスンを受けるのにちょうどいい時間帯に、ビギナーコースのレッスンが開催されていることが多いからだ。

 翌日に祝日を控えていたため、今回はレッスンを二本受けるつもりで南森町店のスタジオに足を運んだ。実を言うと、ビギナーコースのレッスンよりも、そのあとのフリースタイルのレッスンのほうが狙いだった。

 受付には、先日、梅田店のスタジオで久し振りにお目に掛かったインストラクターがいらっしゃった。
「今日はこちらなんですね」
という話をさせていただいた。

 レッスン開始までまだ三十分もあるというのに早々とスタジオ入りしたのは、ちょうど晩御飯を食べたばかりだったので、ステンレスボトルに入れた勤務先で作ったコーヒーを、ロッカールームでのんびり飲んでからレッスンに参加しようと思っていたからだ。まだ早かったのか、ロッカールームにはほとんど人がいなかったので、私は通勤用リュックの中からステンレスボトルを取り出してゆっくりと食後のコーヒーを味わった。

 そうこうしているうちに、水の用意がまだだったことに気付き、レッスン開始前に受付に出向き、VIP会員の更新特典の水を受け取った。これで無料でもらえる水のカードは使い切ってしまったことになる。たまたま水素水キャンペーンが開催されていたため、受付にいらっしゃったインストラクターに無料の水を受け取りたいことを申し出ると、水素水の試飲のことだと勘違いされてしまった。ペットボトルの水を受け取ったあと、コップ一杯分の水素水の試飲を勧められたので、コップに注がれた水素水を受け取ってそのままスタジオに入った。

 さて、 ビギナーコースのレッスンの参加者は五名で、レッスンを担当してくださったのは、水を受けとるときに受付にいらっしゃった女優さんのようなインストラクターである。曜日が違っていても、ビギナーコースのレッスンを担当されることが多いようである。

 レッスン中に水素水を飲むと、確かに汗を掻いた。これまで、ビギナーコースのレッスンではあまり汗を掻くことがなかったので、やはり水素水が大きく影響しているのだろう。有り難いことに、受付で受け取ったコップに入った水素水を飲み干すと、休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ)の間にインストラクターが水素水のお代わりを補給してくださっていた。

 今回のレッスンでも、ベビーコブラのポーズ、コブラのポーズを経たあと、お腹を下にして両手で足を持ち、身体を反らせる弓のポーズを取った。お腹に大きな子宮筋腫がない喜びを改めてかみしめた一瞬だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 月曜日の仕事帰りにレッスンを受けることは珍しいのですが、この日は翌日が祝日だったので足を運ぶことができました。ほんの少し水素水を飲んだだけで、いつもはあまり汗を掻かないビギナーコースのレッスンで汗を掻いたのは驚きでした。水素水はやはり、汗をたくさん出すための効果が高いようですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>』 | トップページ | 嵐電(らんでん)に乗って初天神(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60851142

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四二五回目):

« 映画『バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>』 | トップページ | 嵐電(らんでん)に乗って初天神(後編) »