« ホットヨガ(四二六回目) | トップページ | ホットヨガ(四二七回目) »

2015.02.21

ハニーポットの助けを借りてみた

ホットヨガ(四二六回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。昨日、飛行機に乗って宮崎までやって来ました。レンタカーを借りて、昨日は熊本まで足を伸ばし、熊本県内の宿に宿泊したあと、今日は再び宮崎県内に戻って来ました。はっきり言って、九州は暖かいです。ガンモの使っているスマホアプリによると、今朝の気温は、私たちが住んでいる地域と宮崎県では、六度も違っていました。街を歩いている若者たちは、もはやコートも着ていなければ、マフラーも首に巻いていません。やはり、暖かいのでしょうね。今回の旅行記は、また後日、ゆっくりお届けします。と言っても、過去の旅行記がかなり貯まってしまっていますので、気長にお待ちくだされば幸いです。

 年末年始の休暇中に天然ヘナで白髪染めをしたはずなのだが、年齢のせいなのか、既に一月の半ば過ぎには頭に白いものが混じり始めていた。同じ職場の女性と白髪染めの話をしたところ、その方は美容師さんに、三週間に一度のペースで白髪染めをしたほうがいいとアドバイスされたそうだ。それを聞いた私は考えた。まちのオフィスに移転してからというもの、隣の席の人との距離が近くなってしまった上に、満員電車や満員のエレベータを利用することも多くなったため、三連休以上の休みでなければ、天然ヘナを使いにくい。天然ヘナの放つ牧草の匂いは、週末だけでは取れそうにないからだ。

 とは言え、三週間に一度の割合で三連休を取るのは難しい。そのため、年末年始の休暇のあと、頭が白くなり始めてからは、まだ天然ヘナを使用する機会に恵まれなかった。しかし、このままでは有給休暇でも取らない限り、三連休を取ることは難しい。そこで、今回、有給休暇を取得して、ガンモと九州に出掛ける前日に、思い切って天然ヘナをすることにしたのだ。

 私は、少しばかり変わったことを思い付いた。何年か前までは、溶いた天然ヘナを、先に穴の空いたボトルに入れて、頭のてっぺんからふり掛けるように使っていたことがあった。そのことを思い出し、仕事帰りに百円ショップに寄り、同じようなボトルを探してみたのだ。そして、写真のようなハニーポット(要するに、ハチミツ入れ)を見付けて購入した。

百円ショップで見付けたハニーポット

 以前は、このハニーポットが見付からなかったので、ハニーポットよりも先端の細いドレッシングボトルを購入し、その先端を太く切ってから使用していた。しかし、キャップの先端の太さと天然ヘナの粘度が合わなかったからか、あるとき天然ヘナがキャップの先端で詰まってしまい、力を入れて押し出そうとすると、小さな爆発を起こして天然ヘナが飛び散ってしまった。それ以来、そのドレッシングボトルは使わなくなってしまったのだ。しかし、白くなるのはいつも頭のてっぺんなので、できればその方法をもっと確実なものにしたいとも思っていた。とは言え、かつてと同じようなドレッシングボトルを求めるのは気が引けたので、最初からキャップの先端が太いタイプのボトルを探していたところ、運よく見付かったというわけだ。

 帰宅してすぐに天然ヘナを溶き、少しの間放置したあと、百円ショップで購入したハニーポットに天然ヘナを流し込んだ。前回の白髪染めのときにナチュラルオレンジを使い切ってしまったので、今回は新しい天然ヘナのパッケージを開けることになった。たまたまナチュラルブラウンのパッケージを手に取ったので、ずいぶん久し振りにナチュラルブラウンのパッケージを選んだ。

 そして、シャンプーをしたあと、タオルで軽く水分を拭き取った髪に、ハニーポットに入れた天然ヘナを頭のてっぺんからドクドクと垂らし込んだ。それらをビニール手袋を着けた手ですくって、素早く塗り込んで行った。最も白くなっているのが頭のてっぺんなので、この方法はとても有効的である。しかし、勢い余った天然ヘナが時々垂れて来るので、垂れた天然ヘナをティッシュでふき取ったりしながら作業を進めた。

 そうして、溶いたすべての天然ヘナを塗り込むと、いつものように日本手ぬぐいとターバンでくるみ、その上からシャワーキャップで丁寧に包み込んだ。そのあと、お風呂に入ったのだが、そのときは天然ヘナを洗い流さずに、お風呂から上がって寝ヘナをして、朝になってからシャワーできれいに洗い流した。鏡で見てみると、頭のてっぺんを中心に塗り込んだので、頭のてっぺんの部分はきれいに染まっていた。しかし、前回と同様、鬢(びん)のあたりにところどころ白いものが残っていた。ガンモもそのことに気付いたようで、染め上がった髪を見せると、
「てっぺんは染まってるけど、鬢(びん)のあたりが染まってないよ」
と指摘されてしまった。それでも、まったく染めないよりはずっとマシなのである。

 天然ヘナを洗い流してから、飛行機に乗る準備を整えて家を出たのだが、ガンモは、
「飛行機の中でヘナくちゃいんじゃない?」
と言った。しかし、どういうわけか、今回はそれほど匂いがきつくないのだ。もしかすると、ナチュラルオレンジよりもナチュラルブラウンのほうが匂いがきつくないのかもしれない。

 ちなみに、ナチュラルブラウンを使って染まった色は、ナチュラルオレンジよりも落ち着いた色だが、他の毛染め液に比べるとまだまだ明るいのではないだろうか。それとも、私がここのところナチュラルオレンジばかり使っていたために、明るい色がすっかり定着してしまっているのかもしれない。明るい色が好きな私としては、ナチュラルブラウンの色でも充分明るく感じられ、満足である。

 ナチュラルブラウンの匂いは、ナチュラルオレンジよりもきつくないと書いたが、一日経った今てもまだ少し匂いは残っている。あと一日、こちらで過ごすので、天然ヘナの匂いを九州に残して帰るつもりだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m またまた鬢(びん)のあたりを染め残してしまいましたが、私としては満足です。ナチュラルブラウンでも充分明るい色が出ますね。ダイソーの天然ヘナは、価格が安いだけに、いろいろなバリエーションで楽しむのがやみつきになります。おそらくこの次は、ナチュラルオレンジとナチュラルブラウンを混ぜようとするでしょう。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(四二六回目) | トップページ | ホットヨガ(四二七回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/61165617

この記事へのトラックバック一覧です: ハニーポットの助けを借りてみた:

« ホットヨガ(四二六回目) | トップページ | ホットヨガ(四二七回目) »