« 振り返り(40) | トップページ | 「ホ・オポノポノ」を唱えてみる »

2015.01.28

ホットヨガ(四二二回目)

振り返り(40)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。人質となっている後藤さんが解放される兆しですね。条件が条件だけに、両手放しに喜べる状態ではありませんが、どの解釈も、ある面からだけの解釈に過ぎないので、不完全であるのは仕方がないですね。考え方によっては、ヨルダン人のパイロットに救われたと言うべきかもしれません。

 一本目のビギナーコースのレッスンを受けたあと、私はトイレを済ませ、受付で受け取ったバスタオルとフェイスタオル、それから水を手に持ち、骨盤コースのレッスンが行われるスタジオへと入って行った。入口に近いヨガマットが空いていたのだが、入口付近の人口密度が高かったので、より空いている前列のヨガマットに腰をおろした。

 骨盤コースのレッスンを担当してくださったのは、これまで南森町店のスタジオで最も多くレッスンを担当してくださっているインストラクターである。何と、レッスンの参加者は十四名と、平日の夜の南森町店のスタジオでのレッスンとしては、かなり多いほうだった。

 ビギナーコースのレッスンを受けたばかりだというのに、まったくと言っていいほど疲れは出ていなかった。ただ、ビギナーコースのレッスンではほとんど汗を掻かなかったのだが、骨盤コースのレッスンでは、汗がたらたら出て来た。とは言え、私の場合はやはり、汗が顔からたらたらと出て来るのである。

 今回のレッスンでは、特に調子が良かったようで、苦手な賢者のポーズもフェイスタオルを使ってしっかり深めることができた。

 インストラクターもおっしゃっていたが、骨盤コースのレッスンは、ビギナーコースのレッスンで取るポーズの組み合わせと良く似ている。ただ、ビギナーコースのレッスンと異なっているのは、骨盤コースのレッスンでは、ビギナーコースのレッスンで取るポーズに捻(ねじ)りが加わっていたりすることだろうか。

 私は難なくレッスンをこなした。レッスンの参加者が十四名もいるとなれば、七つしかないシャワールームがすぐにいっぱいになるだろうと思い、最後までレッスンを受けたあと、ロッカールームで携帯電話をいじりながらシャワールームが空くのを待った。シャワールームの回転率はすこぶる高く、シャワールームはすぐに空きが出て、それほど待つこともなくシャワーを浴びることができた。

 着替えを済ませて受付に行くと、ビギナーコースのレッスンを担当してくださったインストラクターが応対してくださった。年末恒例の宝くじが配布されており、二レッスン受けたので、二回分の宝くじを受け取った。宝くじは、ホットヨガのスタジオだけで配布されているオリジナルのもので、毎年、この時期になると、一レッスンにつき五枚ずつ配布されるのである。宝くじにはずれても、空くじ三十枚で五百円の金券になるのは有り難い。

 私は、ビギナーコースのレッスンの途中でスタジオを出てしまったことが気になっていたので、インストラクターに謝った。インストラクターは、
「大丈夫ですよ。時間が詰まっていましたからね」
と言ってくださった。

 さすがに二レッスン受けると、身体のほてりが強くなっているような気がしたが、南森町店のスタジオには扇風機がないので、クールダウンさせることができなかった。そのため、私はコートを着ずに、寒空に身体をさらしながら駅まで移動した。南森町店のスタジオから駅までは近いので、外が寒くても何の問題もなかった。コートを着たのは、自宅の最寄り駅に着いてからだった。

 帰り際に、ビギナーコースのレッスンを担当してくださったインストラクターが、
「二レッスン受けるとすっきりしますよね」
と言ってくださったのだが、実際にその通りで、私はすがすがしい気持ちのまま帰宅したのだった。

 とは言え、一日二レッスンの疲れは翌日に出るようで、翌日になると疲労感が出てしまったのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 南森町店のスタジオは、駅から近いこともあって通い易いので、平日の仕事帰りでも、一日のうちに二レッスン受けることは可能ですね。これからもしばしば一日二レッスンに挑戦してみたいと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 振り返り(40) | トップページ | 「ホ・オポノポノ」を唱えてみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60790957

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四二二回目):

« 振り返り(40) | トップページ | 「ホ・オポノポノ」を唱えてみる »