« 「ぼたん鍋」をつつく | トップページ | 映画『鬼畜』 »

2015.01.06

ホットヨガ(四一九回目)

「ぼたん鍋」をつつくの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 前記事の中で、ドリップコーヒーに関する記述に間違いがあり、慌てて修正しました。ドリップコーヒーに詳しい方が読まれたら、「おや?」と思われたかもしれません。(苦笑)さて、今年も仕事が始まりました。まちのオフィスに移転してから初めて迎える仕事始めです。驚いたことに、朝、出勤すると、入社二年目の女性が丁寧に新年のあいさつをしてくれました。場所は違えど同じ職場に勤務しているというのに、このようなかしこまった光景は、今まで体験したことがなかったので驚きました。(笑)

 十一月十三日木曜日の仕事帰り、ホットヨガの梅田店のスタジオで、六十分のライトコースのレッスンを受けた。

 今回も、UMEGLEでスタジオの近くまで行き、コンビニでおにぎりを買ってベンチに座って食べたあと、梅田店のスタジオへと向かった。

 スタジオの手前にある横断歩道のあたりで、後ろから、
「こんにちは」
と女性に声をかけられた。一体何の勧誘だろうと思い、振り返ってみると、何と、カリスマインストラクターだった。良くもまあ、私の後ろ姿だけでわかってくださったものである。

 カリスマインストラクターは、三宮店でお仕事をされたあと、これから私が受けるライトコースのレッスンを担当されるために梅田店に戻って来られたようだ。レッスン開始まであと十三分ほどしかないというのに・・・・・・。

 信号を待っている間、カリスマインストラクターは、
「ライトコースのあと、骨盤も担当するのでいかがですか?」
とお誘いくださったのだが、翌日も仕事だったので、私はいつものように逃げた。

 カリスマインストラクターはレッスンを控えてお急ぎだと思い、信号が変わるとすぐに、スタジオまで急いでもらった。一方、私はというと、ゆっくり歩いて信号を渡った。

 ところが、梅田店のスタジオのあるビルのらせん階段を昇るときに、カリスマインストラクターは、別の会員さんの姿を見付けられたらしく、
「ライトコースですか?」
などと声を掛けていらっしゃった。その会員さんは、わけがわからないご様子だったが、後ろを歩いていた私はそれを見て爆笑していた。更に、梅田店のスタジオに着いても、まだ誰かに何かを話し掛けていらっしゃる様子だったので、
「早く着替えてください」
と促した。果たしてカリスマインストラクターは、レッスンに間に合うのだろうか。

 私も素早く着替えをして、スタジオに入る前に水素水を補給しておいた。今回は、水素水を二本用意しようと思い、いったんスタジオに入り、予備のペットボトルを持って水素水を補給したあと、スタジオに戻ろうとすると、先程のカリスマインストラクターが何食わぬ顔でスタジオに入ろうとされていたのでそこでまた大笑いした。私もスタジオに戻るところだったが、あまりにもおかしかったので、
「ちょっと、笑いを沈めてからスタジオに入ります」
と言った。さすがのカリスマインストラクターは、まるで何事もなかったかのように、きりりと整えてスタジオに入って行かれた。

 ここのところ毎週のように受けているライトコースのレッスンだが、今回の参加者は六名で、うち男性会員は一名だった。広いスタジオにちょっぴり贅沢な感じだった。

 今回も、私は足のむくみが少し気になった。オフィスカジュアルになってから、羽毛のレッグウォーマーをパンツの外側から履くことができなくなってしまったので、今はパンツの内側から足首にサウナベルトを巻いている。サウナベルトはそれなりに暖かいのだが、もしかすると締め付けてしまっているのかもしれないと思った。

 ホットヨガのレッスンは、左右片方ずつのポーズを取るのだが、右と左で動きが異なることもある。私は、寝転がって両手を広げ、片足を反対側の床に着けるポーズがどうも苦手である。今回、気付いたのだが、右足を左側に着けるのは難しいが、左足を右側に着けるのは容易だった。私の骨盤に何か癖があるのかもしれない。

 それでも、ライトコースのレッスンは、私には取れないポーズがほとんどないのが有り難い。取れないのは、後半のラクダのポーズから始まる一連のポーズくらいだ。高血圧なので、頭に血が上るポーズは取らないように自粛しているのである。

 むくみと関係があるのかどうかわからないが、今回のレッスンでは、あまり汗を掻くことができなかった。汗を掻くのが目的ではないので良いのだが・・・・・・。とは言え、今回も、レッスン中、一度もスタジオの外に出ることなくレッスンを受けることができた。

 シャワーを浴びたあと、受付でVIP会員の更新をすると、ペットボトルの水のプレゼント券をくださった。スタンプカード形式になっていて、受付でペットボトルの水を受け取る度にスタンプが押され、減算される仕組みだ。スタンプカードの有効期限は三ヶ月で、合計六本までペットボトルの水を受け取れるようだ。そう言えば、去年、受け取った同じスタンプカードがまだ残っているはずなのでスタッフに確認していただいたところ、確かに残っていた。しかし、有効期限が書かれていなかったのでまだ使えるそうだ。しばらくは、水に不自由せずにいられそうだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ライトコースのレッスンは、とても気持ちが良くて、私の中では一番気に入っています。ただし、木曜日の夜のレッスンなので、仕事を定時で上がることができない日はレッスンに参加できないのが難点です。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 「ぼたん鍋」をつつく | トップページ | 映画『鬼畜』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60646756

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四一九回目):

« 「ぼたん鍋」をつつく | トップページ | 映画『鬼畜』 »