« 「選ばれた人」らしい | トップページ | 「ぼたん鍋」をつつく »

2015.01.02

猫と戯れるお正月

「選ばれた人」らしいの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。新年、あけましておめでとうございます。昨日、高速バスに乗って帰省しました。ガンモは昨日と今日、仕事が入っていますが、明日、こちらで合流することになっています。お天気が荒れていますね。こちらも時々強い風が吹いています。高速バスに乗っているときも、雪が舞っている地域がありました。お正月休みに帰省されている方も多いかと思いますが、どうか移動にはくれぐれもお気を付けくださいね。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

 私はもともと断然犬派で通って来たのだが、最近は、猫も可愛がるようになった。ずっと犬好きだったのに、猫を可愛がるようになるなんて、まったく私らしくもないと、しばらくは思っていたほどだ。

 猫をかわいがるようになったきっかけは、以前にも書いたと思うが、亡き母が大事にしていた猫を私自身も大好きになったことがきっかけだった。それまでにも、実家では猫を飼っていたことが何度かあったのだが、どの猫に対しても、私はほとんど無関心だった。しかし、母が大事にしていた猫だけは不思議な存在感があり、私も彼の魅力に惹き付けられたのだ。

 それで、あるとき時間を掛けて彼に愛の告白をして、自分の気持ちを伝えた。そのとき、彼と長いこと抱き合っていた。その結果、彼に想いが通じて、彼と精神的な繋がりを持てたと思う。それからは、実際に彼と仲良くなった。彼とは、帰省したときにしか会えないが、何ヶ月かに一度の逢瀬でも、彼はちゃんと私のことを覚えてくれていて、私に対する親しみを示してくれた。

 去年、実家に猫の仲間たちが増えた。いろいろあって、その中で一匹だけが残り、今は最初の彼も含めてもう一匹の彼がいる。私からの愛の告白が成功して、最初の彼とはすっかり仲良くなれたのだが、もう一匹の彼はなかなか私には懐いてくれなかった。そのことを真の猫好きの方に話したところ、猫と仲良くなる特別な方法を教えてくださった。今回、その特別な方法を実践すべく、私はあるものを購入して帰省し、もう一匹の彼に近付いた。

 まずは、何も使わずに素手でもう一匹の彼と向き合おうと思った。それで打ちのめされたならば、用意したものを使おうと思ったのだ。ところが、驚いたことに、もう一匹の彼は、鳴きながら私に身体を摺り寄せて来た。
「あれえ?」
これまでのように、敬遠されるか、すぐに逃げられるだろうと思っていたので、もう一匹の彼の態度に驚いた。どうやら寒いので、人肌恋しいらしい。あるいは、私が受身になったので、向こうから近付いて来たのかもしれない。

 もう一匹の彼は、座っている私の足の上に乗って来たかと思うと、親愛の印として、私の手をペロペロ舐め始めた。そこまで舐めなくてもいいのにと思うほど、念入りに何度も何度も舐める。時には私の指を噛もうとするのだが、ほんの少し口にくわえるだけで、本格的には噛もうとしない。私は親愛の印のお返しに、もう一匹の彼の頭を愛撫したりした。もう一匹の彼は、私の手を舐めるだけでなく、私の鼻を舐め、ついには唇まで奪って行った。これまで逃げられていたのに、一気に距離が近付いた感じだ。実に不思議なものである。

 受身になることは、相手に主導権を譲ることなのかもしれない。これまでの私は、もう一匹の彼の意志など関係なく、自ら近寄って抱き上げようとしていた。まだ信頼関係が出来上がってもいなかったというのに、いきなりそんなことをされて、もう一匹の彼は、私に対する警戒心を強めたのではないだろうか。受身になると、いろいろなことが見えて来るというのが、もう一匹の彼との逢瀬を通じて得た教訓である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 猫に対して好きな気持ちを真剣に伝えると、猫にはちゃんと通じて応えてくれることがわかりました。受身になるには忍耐力が必要ですが、受身になってこそ起こり得る展開があるのですね。新年の教訓になりそうです。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 「選ばれた人」らしい | トップページ | 「ぼたん鍋」をつつく »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60912167

この記事へのトラックバック一覧です: 猫と戯れるお正月:

« 「選ばれた人」らしい | トップページ | 「ぼたん鍋」をつつく »