« 稲わらアートのイノシシ | トップページ | 映画『マーサの幸せレシピ』 »

2014.11.05

ホットヨガ(四一〇回目)

稲わらアートのイノシシの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日、早くも喪中ハガキが届いていました。ガンモの仕事仲間の男性からのものでしたが、その方がどのような想いでいらっしゃるのか想像すると、去年の自分の想いと重なり、涙が出て来ました。そう思うと、自分が体験する辛さは、他者の辛さを理解するためにあるのかもしれないと思います。

 九月三日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分のビギナーコースのレッスンを受けた。ビギナーコースのレッスンを選んだのは、ひとえにビンゴカードを意識していたからである。

ビンゴカード

 前回の記事で書き漏れていたが、前回のレッスンのときに、このビンゴカードを受け取っていたのだ。ビンゴカードに書かれているのは様々なレッスンのマークで、以下の通りとなっている。

○ ビギナーコース      60分
◎ 脂肪燃焼コース      60分
◇ ライトコース       60分
● アクティブコース     60分
▲ アクティブコース     75分
□ パワーアクティブコース  75分
△ ベーシックコース     75分
☆ ベーシックコース     90分
Θ スタンダードコース    60分
▽ リラックスコース     60分
■ 骨盤コース        60分
▼ フロウコース       75分
β ホットバレエストレッチ  75分
◆ スクィーズクラス     60分

 私は前回のレッスンでΘ印のスタンダードコースのレッスンを受けたので、○印のビギナーコース、そして△印か☆印のベーシックコースのレッスンを受講すればひとまずビンゴとなる。

 受付には、先日、たくさんお話をさせていただいたインストラクターがいらっしゃった。回数券とともにビンゴカードを差し出すと、
「今回のビギナーコースのあと、もし元気があれば、そのあとの七十五分のベーシックコースも受けられたらいかがですか? ビンゴが完成しますので」
とお誘いいただいた。
「ええっ?」
と私はうろたえた。というのも、ビンゴをどのようにして完成させるかの作戦は、ほとんど立てていなかったからだ。しかも、その日のうちに二本のレッスンを受けてしまえば、めでたくビンゴが完成することになろうとは・・・・・・。

 私は少し考えたが、
「いや、今日は無理です」
とお断りさせていただいた。というのも、この日は定時退社日だったので残業はしなかったが、定時退社日以外の日はいつも、二十一時半まで残業をして、帰宅するのは二十二時半過ぎだったからだ。ビギナーコースのレッスンを受けたあと、続いて七十五分のベーシックコースのレッスンを受けて帰宅すれば、普段の残業の日々とそれほど変わらない帰宅時間になってしまう。それではさすがの私も寝不足になってしまうことだろう。せっかくの定時退社日なのに、意味がないではないか。

 その後、着替えを済ませてスタジオに入った。お水は、先日、ポイントを購入したばかりだったので、購入したポイントを冷たい水素水に換えた。

 水素水を購入するために、いつものレッスンバッグの中に、やや広口の五百ミリリットル入りペットボトルを用意している。水素水を購入するときは、ロッカールームの洗面所でペットボトルを洗っている。しかし、洗面所の蛇口が自動開栓式なので、ペットボトルを洗うのに、毎回ひと苦労している。ペットボトルを水で洗い流すには、センサーに認識され続けなければならないからだ。ペットボトルを洗うのは、手を洗うのと訳が違って、センサーになかなか認識されないのである。私は、なかなか認識してくれないセンサーにイライラしながらも、何とかペットボトルを洗い、水素水を購入してスタジオに入り、レッスンが始まるのを静かに待っていた。

 レッスンの参加者は十一名で、レッスンを担当してくださったのは、初めてお目に掛かるインストラクターだった。

 レッスンが始まってすぐに、私は足がひどくむくんでいることに気が付いた。そう言えば、ここ二~三日、朝起きたときの尿量が激減していた。身体が水分を貯め込もうとしている時期だったのだろうか。特に、踊り子のポーズのときに、足のむくみのひどさを実感してしまった。何とかして身体から余分な水分を抜かなければいけないと思った。

 ビギナーコースのレッスンといえども、やはりビンゴ目当てで参加されている方たちが多いのか、皆さん、ベテラン揃いだった。とは言え、お友達と二人でトライアルレッスンを受けていらっしゃる方たちもいた。

 私は、ビギナーコースのレッスンのほとんどのポーズを取ることができたのだが、やはり昔の名残で、最後のうつ伏せのポーズは遠慮させていただいた。まだ子宮筋腫が巨大だった頃、お腹を下にして取るポーズを取るのは気が引けたものだった。子宮全摘手術を受けて、巨大筋腫が取り除かれた今でも、その名残があり、お腹を下にして身体を反らせる弓のポーズは最も気が引けるのである。私のすぐ隣のヨガマットの方は、さも気持ち良さそうに身体を反らせていた。きっと、その方にとってはそれが普通なのだろう。

 レッスンを終えたあと、シャワーを浴びたのだが、シャワールームを出るのはやはり一番最後になってしまった。

 着替えを済ませて受付に行くと、先ほどのレッスンを担当してくださったインストラクターが私のビンゴカードをご覧になり、
「あと一つなので、頑張って達成してください」
と励ましてくださった。私は、
「そうですね。梅田店のスケジュールも見てみます」
と答えた。土曜日にレッスンを受ける場合、南森町店には、私の持っているビンゴカードが完成するようなレッスンがないことがわかっていたからだ。インストラクターは、私がいつも仕事帰りにレッスンを受けているのを受講履歴から調べてくださったようで、そのようにおっしゃったのだと思う。というのも、そのビンゴカードは次の土曜日までに完成させなければならないからだ。果たして、私のビンゴは完成するのだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ビンゴカードとは、なかなか面白い企画でしたね。ビンゴカードは、すべて同じではなく、いろいろなパターンがあったようです。中には、ビンゴを完成させるために、京都店の会員さんが南森町店でレッスンを受けたりと、いろいろ動きがあったようです。またこういう面白い企画で楽しませて欲しいものです。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 稲わらアートのイノシシ | トップページ | 映画『マーサの幸せレシピ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60255362

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四一〇回目):

« 稲わらアートのイノシシ | トップページ | 映画『マーサの幸せレシピ』 »