« 車山の山頂に登る | トップページ | 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 »

2014.10.20

ホットヨガ(四〇八回目)

車山の山頂に登るの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。ゆうべ遅くに無事に帰宅しました。帰りは高速道路がひどく混雑していました。天候に恵まれた週末だったので、お出掛けされた方が多かったのかもしれませんね。また新しい週が始まりました。メリハリをつけて、仕事に勉強に励みましょう。(笑)

 十連休の夏休み初日の八月八日金曜日、ホットヨガの京都店のスタジオで、七十五分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 京都まで出掛けて行くというのに、家を出るのが遅くなってしまい、予定していたレッスンに間に合わなかった。そのため、次のレッスンまでマクドナルドで時間を潰す羽目になってしまった。注文したのは、先日の東京旅行のときに利用した飛行機のチケットの裏側に印字されていたマクドナルドのコーヒー無料券を利用したアイスコーヒーと、携帯クーポンを使った百円のマックシェイクである。

 十四時半からのレッスンだったので、十四時くらいにマクドナルドを出て、京都店のスタジオに向かった。

 靴を脱いで受付に行くと、何と何と、以前、南森町店でお目に掛かっていたスタッフが受付にいらしゃるではないか。南森町店のスタジオにプロフィールは掲載されているものの、ずっとお目に掛かっていなかったので、私が利用していない日にはいらっしゃるのだろうかなどと妄想を膨らませていた。そのスタッフも驚いてくださったが、事情をおうかがいすると、何と、京都店に転勤になったのだそうだ。なるほど、それでは南森町店でお目に掛からないはずである。

 レッスンの開始時間までまだ時間があったので、ゆっくりと準備を整えた。準備と言っても、すぐにレッスンを受けるつもりで、キャミソールを着て家を出て来たので、靴下を脱ぐくらいのものだった。

 オフィスカジュアルの服装になってからは、仕事帰りにレッスンを受けるときに、レッスンウェアを持参しなければならなくなってしまったので、今回はお試しで、自宅からガウチョパンツを穿いて来た。ガウチョパンツならば、オフィスカジュアルの服装としても許される範囲内だと思ったからだ。仕事を終えたあと、そのままの格好でレッスンを受けられるならば、荷物を減らすことができると思ったのだ。ちなみに、ガウチョパンツは、裾の広いパンツスカートのようなパンツである。

 準備を整えてスタジオに入ってみると、一番乗りだったので、出入口に一番近いヨガマットを陣取ることができた。

 インストラクターが入って来られてレッスンが始まったとき、レッスンの参加者は五名程度だった。しかし、レッスンが始まってしばらくすると、四名ほど遅れてスタジオに入って来られたので、レッスンの参加者は全部で九名になった。私は、平日の昼間のレッスンにはほとんど参加したことがなかったのだが、平日でこれだけの人たちがレッスンに参加しているのはすごいと思う。しかも、遅れて来られる方が多いのも不思議である。

 前日に受けた梅田店でのライトコースのレッスンが物足りなかったので、夏休みを利用して、わざわざ京都店までやって来たのである。というのも、これまで京都店を利用させていただいた感触では、とても魅力的なインストラクターばかりだったからだ。

 レッスンが始まると、私はたちまちインストラクターのレッスンに引き込まれた。わざわざ京都まで足を運んで本当に良かったと思った。

 七十五分のベーシックコースは、手術前は何度か受けていたが、手術後は初めて受けるレッスンである。水が足りるかどうか心配だったが、いつも六十分のレッスンで一リットルの水を持ち込んで、少し余らせているので、おそらく大丈夫だろうと思っていた。

 引き込まれるインストラクターとそうでないインストラクターの違いは何なのだろうと考えていたところ、言葉が真実であるかどうかの違いだとわかった。引き込まれるインストラクターが放つ言葉は常に真実だが、そうでないインストラクターは、レッスンそのものをまだ信頼していないように思えた。

 ベーシックコースのレッスンは、特に難しいポーズはなく、ビギナーコースレベルのポーズをじっくり七十五分間行うレッスンである。ベーシックコースには、九十分のレッスンもあるのだが、長いレッスンなので、さすがに最近は参加していない。

 インストラクターがときどき入口の扉を開閉けてくださったので、その度に冷たい空気がスタジオに入り込んで来て、とても幸せだった。しかし、途中で暑くなってしまったので、スタジオの外に出て休んだ。

 六十分のコースならば、途中の折り返し地点は三十分なのだが、七十五分のレッスンの折り返し地点は三十分よりもちょっと長い。私は、水の量に注意しながらレッスンを受けた。

 その後もトイレに行きたくなったので、トイレを済ませたりしながら、マイペースでレッスンを受けた。

 レッスンを受けて感じたのは、私自身の身体が、子宮全摘手術後に腹圧を使わないようにしていたため、その癖がついてしまっているということだった。腹圧を使うようなポーズになると、腹圧を使わないように、身体がかばおうとするのである。

 一方、ガウチョパンツはなかなか良い感じで、無理なくレッスンを受けることができた。これで、レッスンを受ける日の私のファッションは決まりである。

 レッスンを終えて、シャワーを浴びる前に、私を含めた四人ほどの人たちが、しばらくソファに座って休んでいた。すぐにシャワーを浴びないところが不思議だった。

 シャワーを浴びて受付にロッカーの鍵を返しに行くと、先程のレッスンを担当してくださったインストラクターと、かつて南森町店にいらっしゃったスタッフが受付にいらっしゃった。先程のレッスンを担当してくださったインストラクターは、
「後半はお疲れのようでしたが、大丈夫でしたか?」
と気遣ってくださった。私は、
「いえ、暑かったんです。更年期で暑がりなものですから」
と答えた。そして、
「でも、レッスンは良かったですよ」
と正直な気持ちを添えておいた。

 インストラクターは、
「あまりお見掛けしないと思ったら、他店の会員さんだったんですね」
とおっしゃった。そして、京都店で行われるイベントレッスンの案内と、水素水のキャンペーンの案内をしてくださった。

 インストラクターと、元南森町店のスタッフにお礼を言って、京都店をあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 最初に予定していたレッスンは、リラックスコースのレッスンでした。予定とは違うレッスンを受けることになってしまいましたが、素晴らしいレッスンを受けることができて良かったと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 車山の山頂に登る | トップページ | 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60117078

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四〇八回目):

« 車山の山頂に登る | トップページ | 映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 »