« 青森~北海道旅行(14) | トップページ | JALの対応を評価する »

2014.09.30

ホットヨガ(四〇五回目)

青森~北海道旅行(14)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 御嶽山(おんたけさん)の噴火で更なる犠牲者が出てしまいましたね。それに加え、火山性微動が続いているため、救助活動がいったん中止されてしまったとニュース記事で読みました。助けを必要としている方たちのご家族やご友人たちにとっては、やり切れない気持ちでいっぱいだろうと思います。今の状況が変わり、救助活動が安全な状態で再開され、救われる命があるよう、お祈りしています。

 七月二十六日土曜日、念願の銀座店のスタジオで、六十分のライトコースのレッスンを受けた。初めて利用するスタジオだったので、まずは公式サイトで場所を確認してから向かった。地下鉄の駅のほうが近かったが、私はかつて東京に住んでいたので、JR有楽町駅から歩くことにした。

 早めにJR有楽町駅から歩き始めたものの、案の定、場所がわからず、うろうろしてしまった。そして、ようやく見付けたのだが、何と、これまで何度も足を運んだことのある松屋銀座の斜め前にスタジオがあったのだ。

 旅行中の身としては、できれば、洗濯物を増やしたくない気持ちがある。しかし、ホットヨガのレッスンを受ければ、おのずと洗濯物が増えてしまう。それでも、銀座店のスタジオでホットヨガのレッスンを受けることは、私の長年の夢だったのだから、細かいことはあまり気にしないことにしよう。

 スタジオの扉を開けると、受付にいた愛想のいいスタッフが応対してくださった。
「銀座店、初めてですね?」
とすぐに見破られてしまったので、
「はい」
と正直に答えたものの、「何故、ばれてしまったのだろう」と、心の中では思っていた。おそらくだが、私がスタジオの様子をきょろきょろしながらうかがっていたからだろう。もちろん、差し出した回数券に三宮店の印が入っていたことも見破られてしまった要因の一つだろうと思う。スタッフは私に、ロッカールームの場所やスタジオの場所などの銀座店についての簡単な説明をしてくださった。

 「関東のスタジオは初めてですか?」
とスタッフに尋ねられたので、
「いいえ。何度かレッスンを受けています」
と答えた。過去に、溝の口店と川崎店でレッスンを受けたことがあるからだ。

 ちなみに、応対してくださったスタッフは、今回のライトコースのレッスンを担当してくださるのだそうだ。

 私は、回数券を購入したいと申し出た。回数券の種類を尋ねられたので、五十回回数券だと答えた。

 クレジットカードで購入すれば、航空会社のマイルがたくさん貯まるのにと思ったが、ここ数年、ホットヨガのスタジオではクレジットカードが使用できなくなってしまったままだ。

 七月は、私の誕生月なので十パーセント割引になり、五十回回数券を九万円ちょっとで購入することができた。レッスン一回当たりに換算すると、千八百四十四円になる。

五十回回数券の領収書

 スタッフは、
「回数券は、レッスンが終わる頃にご用意しておきます」
と言ってくださった。

 ロッカールームに入ると、梅田店と同じ縦長のロッカーがあった。それだけでも、銀座店のスタジオに古い歴史を感じた。大きな荷物はコインロッカーに預けていたので、荷物が少ないのが幸いだった。私は、早めに着替えを済ませておいた。

 ロッカールームの奥にあるメイク台では、レッスンを終えた二~三人の方たちがメイクをされていた。メイク台の前には広めのソファがあり、ゆったりと腰をかけてくつろぐことができた。

 ロッカールームで、スタッフと会員さんが話をされているのが聞こえて来た。何でも、会員さんをインストラクターに引き入れたとか。神楽坂店や池袋店の話も出て来た。どちらもまだ足を運んだことのないスタジオである。銀座店は、スタッフがとてもフランクなスタジオだと感じた。

 レッスン開始まではまだ時間があったので、着替えを済ませたあとは、スタジオの前でしばらく待機した。ロビーは思ったよりも広く、椅子もたくさんあった。広さや椅子の数で言うと、三宮店よりも少し広いくらいに感じられた。しかし、スタジオは一つしかなかった。そして、水素水のサーバがなかった。レッスン中に飲む水が足りなくなった場合は、自動販売機か受付で購入することになるようだ。

 スタジオの用意ができたので、スタジオの中に入った。中に入ったとたん、私は以前、溝の口店のスタジオや川崎店のスタジオでレッスンを受けたときのことを思い出した。そう、思い出したのは、ヨガマットの並べ方である。

 関西地方のスタジオと関東地方のスタジオでは、ヨガマットの並べ方が違っているのだ。ヨガマットを■で表現すると、関西地方は、多少の前後のずれはあるものの、以下のように前後に一列ずつ横並びにヨガマットを並べている。

■ ■ ■

■ ■ ■

 しかし、関東地方では、以下のようにギザギザに並べているのである。

■   ■   ■
  ■   ■
■   ■   ■

 しかも、左右の間隔が広く、ゆったりとレッスンを受けることができるのだ。私は、三宮店のスタジオがいかに混雑しているかを実感した。逆に、三宮店のほうが売り上げとしては多いのかもしれないとも思った。

 銀座店のスタジオは、中に大きな柱があったりして、レイアウトもちょっと変わっていた。

 レッスンの参加者は十名で、レッスンを担当してくださったのは、先ほど受付で対応してくださったインストラクターである。

 ライトコースのレッスンは、いつも呼吸法から入るのだが、関西地方のライトコースのレッスンが座ったまま胸式呼吸と腹式呼吸を行うのに対し。銀座店のレッスンでは、寝転がって胸式呼吸と腹式呼吸を行ったのだった。

 ほとんどのポーズは関西で受けているレッスンと変わりがなかった。しかし、海草のポーズは、足を上下にパタンパタンと上げ下げしていた。関西では、足を左右にパタンパタンと倒すのだ。

 また、最後のほうに行う寝ポーズのレッスンで、私だけが頭を後ろ側に向けて寝てしまっていることに気が付いた。他の方たちはみんな、頭を前側の鏡に向けて寝ていたのだ。とは言え、そのポーズは高血圧の私には向かないポーズだったので、お休みさせていただいたということで、よしとしよう。

 インストラクターの導き方が良かったので、最後まで本当に気持ちのいいレッスンを受けることができた。

 シャワールームは、全部で十二室あった。シャワーを浴び終えた方たちは、バスタオルを身体に巻き付けて、パウダールームへと移動していた。

 着替えを済ませて受付に行くと、新しい回数券が用意されていた。先ほどのレッスンを担当してくださったインストラクターが、
「また銀座店にもお越しください」
と言ってくださったので、
「また是非、来たいです」
と宣言した。

 そして、銀座店の店長さんを紹介してくださった。カリスマインストラクターとして名の上がっている方である。
「もう関西にお帰りですか?」
と尋ねられたので、
「昨日来たばかりなんですけど、ヨガのレッスンを受ける時間はもうありません」
と苦笑しながら答えた。せっかくカリスマインストラクターにお目に掛かれたというのに残念である。

 カリスマインストラクターと言えば、確か三宮店がリニューアルオープンしたときに、関東地方から何人かのカリスマインストラクターが三宮店のスタジオにいらっしゃったことがある。そのことを思い出しながら、カリスマインストラクターに、
「関西にはいらっしゃらないんですか?」
と尋ねてみたところ、
「前に三宮店がリニューアルオープンしたときに行きました」
とおっしゃったので、
「ああ、なるほど」
と答えた。

 カリスマインストラクターは、
「またお越しください」
と言ってくださり、私を送り出してくださったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 銀座店のスタジオは、セレブな感じがしていて、とても近寄れないのではないかと思っていたのですが、ちっともそんなことはありませんでした。他のスタジオと変わらないくらいフランクなスタジオでした。また是非とも足を運びたいスタジオですが、その前に、東京都にある他のスタジオにも足を運んでみたいですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 青森~北海道旅行(14) | トップページ | JALの対応を評価する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60046258

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四〇五回目):

« 青森~北海道旅行(14) | トップページ | JALの対応を評価する »