« 青森~北海道旅行(9) | トップページ | ホットヨガ(三九四回目) »

2014.08.05

パワーストーンのメンテナンス

青森~北海道旅行(9)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。最近、蝉の鳴き声を良く耳にしています。東京ではミーンミーンミンミンと聞こえていましたが、関西ではジージージージーですね。きっと、蝉の種類が違うのでしょうね。

 パワーストーンを手首に着けて長く使い続けていると、パワーストーンを繋ぎ合わせているゴムが切れてしまうことがある。完全に切れてしまったわけではないものの、かろうじて繋がっている状態で使い続けるのは、大切なパワーストーンを失ってしまうことにもなりかねない。そこで、完全に切れてしまう前にひとまず手首から外し、どこかに取っておいて、代わりに別のパワーストーンを着けたりしていた。女子力の高い人ならば、すぐにでも自分でメンテナンスをしようとするのだろうが、どうも私はこういうことに対し、ひどく腰が重い。私の手元には、そんなふうにゴムの切れかけたパワーストーンがいくつも溜まっていた。

 とは言え、ゴムの切れかかったパワーストーンは、長く愛用した結果、そうなったもので、言い換えると、お気に入りのパワーストーンであるとも言える。そこで、数年前に、大阪駅前にあるヨドバシカメラの中に店舗を構える「貴和製作所」に足を運び、ビーズを繋ぎ合わせるゴムとビーズを通す針を購入したのだ。

 ところが、面倒臭がりの私は、購入したゴムと針をどこかにやってしまった。もともと、こういうことに対してひどく腰が重いので、購入したものに対して無頓着になり、せっかく購入したものがどこかに埋もれてしまったのだろう。その後も、楽天市場で買い物したときに、ゴムが安かったので、他のものと一緒に購入したものの、結局、腰が重いままになってしまい、使わず終いだった。

 このままではいけないと思ったのは、最もお気に入りのパワーストーンのゴムが切れかかってしまったからである。いつものように、手首から外してみたものの、外したままでいるのはとても寂しいと感じてしまった。そこで、とうとう重い腰を上げることにしたのだ。

ゴムが切れかかってしまった最もお気に入りのパワーストーン

 私は、この最もお気に入りのパワーストーンをメンテナンスしようと決意した。そして、家の中に埋もれてしまったゴムと針を探すよりも、もう一度、ヨドバシカメラの中に店舗を構える「貴和製作所」に足を運んだのである。

 改めて思ったのだが、「貴和製作所」はすごい。手作りに目覚めた女性たちが、真剣な顔つきで商品を選んでいる。女性たちのお連れの男性たちもいるが、九十八パーセントは女性客ばかりである。おそらく彼女たちは、男性たちや私の知らないことをたくさん知っているのだろう。ひょっとすると、秋葉原の電子パーツショップに匹敵するくらいのマニア度かもしれない。

 私は、以前と同じように、ビーズを繋ぎ合わせるゴムとビーズを通す針をを購入したいと思っていた。しかし、店内には商品が多過ぎて、それらの商品が一体どこにあるのかわからなかった。それでも、数年前にも確かにここでゴムと針を購入したのだから、今でもここで売られているはずだと思い、他の商品を見ながら探すことにした。

 私は、しばらくの間、店内をさまよった。店員さんに尋ねてみようかとも思ったが、あまりにも初歩的なことなので、恥ずかしくて聞けなかった。それに、私が購入しようとしている商品の名前さえもわからなかった。
「パワーストーンを繋ぎ合わせるゴムと針を探しているのですが、どこにありますか?」
と聞けば良かったのだろうか? あまりにも初心者丸出しで恥ずかしいではないか。

 そんな妙なプライドから、結局、私は自力で広い店内を探し回った。大阪・梅田の一等地に、これほど広い店舗を構えているのだから、よほどの売り上げがあるのだろう。普段、手作りからはほど遠い生活を送っている私には、見てもわからないものがいくつかあった。

 例えば、中にくりぬかれた横線の入った太い指輪である。形からして、指ぬきではなさそうだった。何かに引っ掻けて使うような説明もあった。私はその指輪を見ながら、テレビドラマの『101回目のプロポーズ』を思い出していた。普段の生活に馴染みのない、パーツや道具の一つ一つが驚きだった。そして、とうとう見付けたのである。

ビーズを繋ぎ合わせるゴムとビーズを通す針
 
 それらをめでたく購入した私は、その翌日、お菓子の箱を作業用に選んで、その中で切れかかったパワーストーンを解体した。ビーズを通す針は、写真ではわかりにくいが、裁縫に使う針よりも細いものの、ゴムを通すところはふくらみを感じるほど大きかった。

 私は、「貴和製作所」で購入したゴムを同じく「貴和製作所」で購入したビーズ通しの針に通して、まずはパワーストーンを解体したあと、パワーストーンの穴を一つ一つ繋げて行った。オリジナルの並びを写真に撮っておいたものの、確認せずに繋いだので、パワーストーンはもはやオリジナルのものではなくなってしまった。

パワーストーンをいったん解体して繋ぎ直した

 休日の私は、遠近両用コンタクトレンズを着用せずに眼鏡で過ごしているので、老眼が進んだ私の目には、老眼調整の入っていない眼鏡での作業はやりにくかったが、何とか完成した。

こうして、何とか化成した

 結び方も自己流だが、これで、最もお気に入りだったパワーストーンが見事によみがえったことになる。長いこと、重い腰が上がらなかったが、パワーストーンのゴムを繋ぎ換えることは、思っていたよりも簡単だった。これからは、同じような境遇のパワーストーンをいくつかメンテナンスして行こうと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 以前、パワーストーンを手作りしている派遣仲間に、「パワーストーンを繋ぎ直すのはどうすればいいの?」と尋ねてみたところ、ものすごく簡単だと言われました。しかし、女子力のない私は、こういうことに対して、ひどく疎いのです。しかし、女子力の高い女性たちは、「貴和製作所」や「ユザワヤ」に目的を持って通いつめ、いくつかの商品を購入されているのでしょうね。普段、こういう世界にあまり足を踏み入れないので、とても新鮮でした。この調子で、切れかかっているパワーストーンを次々にメンテナンスして行こうと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 青森~北海道旅行(9) | トップページ | ホットヨガ(三九四回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/60081983

この記事へのトラックバック一覧です: パワーストーンのメンテナンス:

« 青森~北海道旅行(9) | トップページ | ホットヨガ(三九四回目) »