« 映画『東京原発』 | トップページ | 「結婚できない人をゼロに」という広告について »

2014.08.20

ホットヨガ(三九七回目)

映画『東京原発』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。お盆の頃、少し涼しかったので油断していましたが、夏はまだ終わっていなかったのですね。(苦笑)やはり暑いですね。しかも、あちらこちらで大雨が降ったりして、深刻な被害も出ていますね。被害に遭われた方たちにお見舞い申し上げます。どうか皆さんもお気をつけくださいね。

 六月十八日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの南森町店のスタジオで、六十分のスクイーズコースのレッスンを受けた。スクイーズコースのレッスンを受けるのは、ずいぶん久し振りのことである。

 レッスンの参加者は八名で、レッスンを担当してくださったのは、初めてお目に掛かるインストラクターだった。南森町店のスタジオは、美人のインストラクターが多いように思う。

 今回のレッスンの開始時間は、六時十五分からだった。まちのオフィスに移転してからの水曜日は、六時四十分からのスタンダードコースのレッスンを受けて来たのだが、もう少し早い時間のレッスンを受けたいと思い、思い切ってスクイーズコースのレッスンを受けることにしたのだ。

 どういうわけか、南森町店でレッスンを受けるときは、後列の一番右側のヨガマットを選ぶことになる。本当は、その左隣のヨガマットのほうが入口に一番近いのだが、いつもそのヨガマットが埋まってしまっているのだ。

 さて、久し振りのスクイーズコースだったが、やはり私にはちょっと合わないと感じてしまった。もともとスクイーズコースとは、その名の通り、身体を絞る意味合いを持つレッスンである。私の記憶が正しければ、夏限定のレッスンだったように思う。要するに、薄着になる夏に、身体を絞ってシェイプアップしましょうというコンセプトのもとに出来上がったレッスンだったと思う。

 ただ、腹圧を使うポーズも多く、私はかなりのポーズをお休みさせていただくことになった。術後の経過もずっと良好なのに、腹圧を使うことに対し、まだ身構えてしまうのである。

 十八時十五分からのレッスンだったので、晩ご飯を食べずにレッスンに臨んだのだが、そのためか、レッスン中の水分補給がそれほど頻繁ではなかった。ということは、ご飯を食べると味の付いたものが身体に取り込まれるために、水分補給をして味を薄めたくなるのだろうか。

 最後までレッスンに参加させていただいたものの、後半は腹圧を使うポーズが多かったので、ほとんどのポーズをお休みさせていただいた。

 残念ながら、今回のレッスンでは、空気の入れ換えがあまり行われなかった。とは言え、スタジオが暑いわけではなかったのが救いだった。

 シャワーを浴びて服を着ようと思い、ごそごそしていると、次のレッスンを終えた方たちがシャワールームに入って来られた。なるほど、時間的に、私がもともと受けようと思っていたスタンダードコースのレッスンを受けた方たちだろうと思った。次のレッスンまであまり時間が空いていなかったため、このようなことが起こるのだろうと思った。私は、こんなにも慌ただしくシャワールームを解放しなければならないのかと思いながら、半ば追いやられるようにシャワールームを離れた。私としては、いつものんびりとシャワーを浴びて、ある程度の着替えを済ませてからシャワールームを離れているので、何となく調子が狂ってしまった。

 着替えをしている間、メイク台の前で話をしている人たちのことが気になった。確か、レッスンが始まる前にスタジオでお話をされていた二人組で、インストラクターがおしゃべりを控えるようにとおっしゃった方たちだと思う。ロッカールームはそれほど広くないので、声が良く響くのだ。

 着替えを済ませて受付に行くと、私の回数券に何かメモ書きが残されているようだった。受付のスタッフはそのメモ書きを見ながら、
「スクイーズコースのレッスン、初めてでしたか?」
とおっしゃった。はて、何故、そんなことを聞かれるのだろうと思った。私は、スクイーズコースが誕生する前からレッスンを受けているはずなのに。

 スクイーズコースのレッスンは、まだ神戸店のスタジオがあった頃に良く受けていたが、最近は、ほとんど受けていなかった。おそらく、私の過去のレッスンの受講履歴をほんの少し遡り、スクイーズコースのレッスンの受講履歴が見当たらなかったために、そのようなメモ書きが残されていたのではないだろうか。

 その後、私は晩ご飯を食べて帰ることにした。晩ご飯を食べるために利用した飲食店で、携帯電話を忘れている人がいたので、お店の人に報告した。ちょうど、携帯電話に付属のテレビが見えるように、台の上に横置きされたガラケーだった。私が晩ご飯を食べている間に、その携帯電話の持ち主が現れ、めでたく携帯電話を捕獲して行った。

 扇風機の風に当たることなく南森町店のスタジオを出たというのに、帰りは涼しかった。漢方薬が効いているのか、顔からだらだらと汗が吹き出て来るようなほてりは、最近、落ち着いて来ている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m スクイーズコースのレッスンは、しばらく遠慮します。(苦笑)自分の身体と相性のいいレッスンと、そうでないレッスンがありますね。私と相性がいいのは、やはりリラックスコースとライトコースです。今は、自分がスタジオに通える時間帯に行われているレッスンに参加していますが、スタジオに通える時間帯に関係なく、自分が受けたいレッスンを受けられると面白いでしょうね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『東京原発』 | トップページ | 「結婚できない人をゼロに」という広告について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59837715

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三九七回目):

« 映画『東京原発』 | トップページ | 「結婚できない人をゼロに」という広告について »