« 映画『イップ・マン 序章』 | トップページ | 本格的な漢方医の診察を受ける »

2014.07.10

ホットヨガ(三八八回目)

映画『イップ・マン 序章』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。台風の勢力は弱まったものの、日本列島を縦断する形で次々に上陸しようとしているみたいですね。既に被害の出ている地域もあるようですが、台風の被害に遭われた方たちに、お見舞い申し上げます。皆さんも、大雨や歩行中の転倒などには充分注意してくださいね。

 五月十日土曜日、健康診断を受けたあと、健康診断を受けたクリニック近くのマクドナルドで朝マックを食べた。その後、ホットヨガの梅田店のスタジオで、十一時からのフリースタイルのレッスンを受けた。

 フリースタイルのレッスンは、外部のインストラクターによるレッスンで、三宮店のスタジオでは行われていない。携帯電話でレッスンを予約したところ、梅田店のレッスンスケジュールを見ても、具体的にどのようなレッスンなのか、書かれていなかった。PC版のサイトで確認すれば良かったのかもしれないが、私は、「開けてびっくり玉手箱」の気持ちで、レッスンに臨むことにしたのだ。

 さて、久し振りに梅田店のスタジオを訪れてみると、受付に三人もスタッフがいらっしゃったというのに、初めてお目に掛かるスタッフばかりだった。梅田店でも、スタッフがたくさん入れ替わってしまったのだろうか。

 久し振りに梅田店のスタジオに足を運んで、ロッカーの狭さにうなった。そう、梅田店のロッカーは、まだ細長いタイプのロッカーなのだ。高さはあるものの、横幅がないので、荷物を入れるのに、毎回、苦労する。私の場合、財布などを入れて持ち歩いているセカンドバッグでさえなかなか入らない状態だった。リュックの中身も、取り出せるものは出してしまい、着替えやお風呂道具は布バッグに入れて、ロッカーの上に置いておいた。ちなみに、三宮店のスタジオも、昔は梅田店と同じ細長いタイプのロッカーだったのだが、移転したときに南森町店や京都店と同じタイプの幅広で上下段タイプのロッカーに変わったのだ。

 スタジオに入る前に、水素水を購入したのだが、出て来た水素水がぬるくて驚いた。三宮店では、冷たい水素水が出て来るのに・・・・・・。(これは、後日、わかったことだが、水素水のサーバが常温の水素水と冷水に分けられていた。このとき、私が選んだのは常温の水素水だったのだ)

 着替えを済ませてスタジオに入ってみると、何と、レッスンの参加者は私を入れて四名しかいなかった。インストラクターが着ていたのは、いつもインストラクターが着ているヨガウェアではなく、自前のヨガウェアだった。フリースタイルのレッスンを行ってくださるのは外部のインストラクターなので、おそらく区別されているのだろう。

 さて、私が参加したレッスンは、ボディーチューニングというレッスンだった。インストラクターは手帳にメモした内容を確認しながらレッスンを進めていた。私は、レッスン内容を確認せずにレッスンに臨んだので、これからどのようなレッスンが始まるのか、わくわくしていた。

 まずは念入りに深呼吸とウォーミングアップのストレッチを行った。いつもよりも深いストレッチだった。毎回、同じことを繰り返していたせいか、私はいつの間にか、細かいところに意識を向けることなく、ウォーミングアップのストレッチを行っていたことに気が付いた。しかし、こんなふうに意識が詳細にまで行き渡るウォーミングアップのストレッチもあるのだと驚いた。

 ウォーミングアップのストレッチのあとは、レッスンの本編に入ったのだが、何とも変わったレッスンだった。背骨の上にブロックを二つ重ねて置き、身体を左右にゆらゆらと揺らしたかと思うと、片足ずつ自転車をこぐようなポーズを取って骨盤を調整したのだ。

 その後、半月のポーズを行い、うつ伏せになって片足ずつ上げて、下げて、スフィンクスのポーズのようなものを取った。

 顔から流れる汗を塞き止めるバンダナをしていなかったせいか、顔から汗がダラダラ出て来た。こんなに静かなポーズなのに、汗が吹き出て来るのだ。「このレッスンはいいかも」と、私は思った。

 ところが、四人しかいなかったレッスンの参加者のうち、一人が途中退出されてしまった。かつて、梅田店のスタジオでは、レッスン後もヨガマットの上に敷いたバスタオルをそのまま残して退出していたものだったが、三宮店のスタジオと同じように、自分の使ったバスタオルとフェイスタオルを持参して退出する方式に変わっていた。

 驚いたことに、六十分のレッスンを受けたというのに、私は一度もスタジオの外に出て休むことなく最後までレッスンを受けた。汗をたくさん出すことで、身体を冷やすことができたのかもしれない。

 ちなみに、梅田店にはスタジオが四つもあり、私がレッスンを受けていたとき、別のスタジオでは骨盤コースのレッスンも開催されていた。

 レッスンのあと、シャワーを浴びた。梅田店のスタジオでは、足拭きマットが使い回しされているので、洗い立ての足拭きマットが欲しいと思った。三宮店や南森町店では、洗い立ての足拭きマットを一人一枚ずつ使えるようになっているからだ。

 レッスンスケジュールを見ると、梅田店には魅力的なレッスンがたくさんあった。しかも、夜、遅くまでレッスンを受けられるようだ。また、外人さんのインストラクターの名前もあった。日本語でレッスンをしてくださるのだろうか。英語でレッスンをしてくださるのなら、ホットヨガのレッスンと英語のレッスンが同時に受けられて、ずいぶんお得なのではないだろうか。

 五月の下旬から、オフィスが大阪に移転したので、移転後は、南森町店か梅田店のスタジオに通うことになる。そのときが楽しみだった。

 梅田店のスタジオを出て歩き始めると、母がまだ闘病中だった頃、毎日、電話を掛けていたことを思い出した。梅田店のスタジオの周辺からも電話を掛けていたことを思い出して、胸の奥からこみ上げて来る感情を味わった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m フリースタイルのレッスンが行われているのは、関西地方では梅田店と京都店だけだと思います。ゲストのインストラクターを招いてレッスンを行っているようです。いつもと違うレッスンを受けられるので、とても新鮮です。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『イップ・マン 序章』 | トップページ | 本格的な漢方医の診察を受ける »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59617323

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三八八回目):

« 映画『イップ・マン 序章』 | トップページ | 本格的な漢方医の診察を受ける »